ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

トークコンサート&ミニ講座開催♪

今日は
Allemandeピアノ教室主催で
横山智一先生をお招きして
トークコンサート&ミニ講座
~~~音楽と友だちになろう~~~
を開催しました。

秋に当教室で行っている「お勉強会」
アドバイザーとして来ていただくことになった時、
保護者の方から
「男の先生がピアノを弾くところを見たことがない」という
お話があったので、それでは見ていただこうと
計画しました。

横山智一先生は多喜先生門下生としては大先輩。
今回、お話をしたところ
気持ちよく引き受けてくださいました。


トークを交えながらプロコフィエフの前奏曲や
エリーゼのためにを演奏してくださったり、
ミニ講座として、
ピアノの構造を子どもたちに説明したり

ショパンのノクターン、マズルカ、ワルツ
そして、
ミニ講座2ではブルグミュラーの「アラベスク」を
かっこよく弾くにはというお話。

最後に、リストのハンガリー狂詩曲を演奏してくださいました。


いつもと違い、
鍵盤が良く見えるように、
ピアノを囲むように半円に設置されたイスに座った参加者。
どの位置からも目でも耳でも音楽を楽しんだようです。

熱心に楽譜に何か書き込んでいる子どもたちもいました。

あっという間の90分でした。

子どもたちはもちろん、
保護者の方々が帰りに「楽しかった」と言ってくださいました。

絵本を淡々と読む?~朝読書一年生に行きました~

小学校の朝読書の読み聞かせに行ってきました。

今日は一年生。1人で担当なので2つ用意。

「くすのきだんちは10かいだて」
私のお気に入りの「くすのきだんちシリーズ」の一冊目の本です。
2007年発行で昨年までに7冊シリーズが出ています。

第一小学校は古い学校なので北校舎側に大きな木があり
オナガが木にとまっていたり
時々キツツキの音が聞こえますので、
子どもたちに読んでほしいなぁと思います。

そして語りはいつもの
「コカのカメ」

「もっとお話とあそぼう」という語りの本から。

みんなをカメの味方に付けて
楽しく語りました。
*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*

終わった後に記録をつけていて
図書ボラのメンバーから
「絵本は感情を入れずに淡々と読むように言われたけれど、
紙芝居は芝居なので、役者になり切って読んでいいのかしら?」と
聞かれました。

よく、絵本の読み聞かせは
「感情をこめず演技せずにに読む」と言われます。
それはお話本来の「力」を
演技で読み手に目を向けさせないためとのこと。

でも・・・と私は思います。
「音」は「感情」を伝えます。

以前どこかのブログで読んだのですが、
「気持ちがいいね」という言葉を口に出して言うとき
 「気持ちがいい身体」になっています。
 そして、「気持ちがいい身体」の人から出た
 「気持ちいいね」という言葉を聞くと、
 その言葉を聞いた人のからだも緩むのです。

 「声や音」には「身体」と「身体」を共鳴させる働きがあるのでしょう

 逆に、「怒っている身体」「緊張している身体」の人が
 「気持ちいいね」と言っても、
 その言葉を聞いた人の身体は緩みません。むしろ、緊張してしまいます。

 だからこそ、「語りかける声」で「文字」以上のリアルなメッセージが伝わるのです。

これは生の声だから伝わるのではないでしょうか。
ピアノの音も一緒。

弾き手が「気持ちよく」ないと「気持ちよい」音楽に聞こえない。
無理に演技しなくても(たまに振り付けして弾いている方もいますが)
素直に音楽に心を開いて演奏したいものだと思います。

で、絵本はどう読むかって?

私は素直に読めばいいと思います。
ボランティアの目的は
「子どもたちに本を読んでほしい。そのきっかけを作る」ことです。

例えば美味しいお料理を感情をこめずに「どうぞ」というのと
本当にこれ美味しいから食べて!と思って「どうぞ」と勧めるのでは違うように

この本、面白いからまた手に取ってくれたらいいなと
そういう思いで読み聞かせを続けています。

今日も何人の子どもたちがこの本を手にしてくれるでしょうか?

 

ツェルニーグループレッスン25回目で50番♪

2015年12月から月1回
松本裕美子先生、林田玲奈先生と3人で受けている
「多喜先生ツェルニー100番グループレッスン」

 

本日25回目で50番に到達しました!

指導者で多喜先生の門下生は
個人レッスンでもツェルニー100番を学ぶことが多く、
私も初めのうち、見てもらっていたのですが、
どうしても、先に進まない(一人だと後回しにしてしまう)

そこで多喜先生にお願いして、
ソロレッスンと別にツェルニーだけ見てほしい
1人だと続かないのでペアでとお願いしたところ
「3人でもいいですよ」とおおらかな多喜先生。

3人+先生の予定が合うときにレッスンを予約。
月1回のペースでやっと25回目。

3人で事前の勉強会は無し。
ラインで「今度何番からよね?」という宿題の確認のみ。

レッスンの時にお互いに弾いたのを聴いて
多喜先生から
「この練習曲のポイントは?」
「それをどう子どもに伝える?」
「どういう練習させる?」
と質問にお互いにディスカッションしたり
時々模擬レッスンをしたり、
先生が動画を撮って、みんなで見比べたり。
   

教える立場のレクチャーも
または自分のテクニック向上のレクチャーもあり
盛りだくさんの1時間。

「100番なんて楽勝だわ。 3年で終わるよね~」なんて
言っていたけれど、始めて見たら奥が深い深い。

今日の50番は3人に違う雰囲気で伴奏をつけてくれた多喜先生。
2台ピアノで弾くツェルニーは豪華でまったく違う3つの
コンチェルトのようになりました。

楽しかった♪

50番到達記念写真。

あと50曲、何年かかるかしら(笑)

第4回飯能ステップ開催しました

このところ、お天気に恵まれない私。

昨年の秋の「お勉強会」は10月に珍しい台風
今年3月の「発表会」は3月なのに雪

そして6月10日の飯能ステップ。

生徒さんのお母さま方と
「先生、今度は台風なんてことないですよね?」なんて
笑っていたら
本当に台風5号が関東地方に向かってきました(@@;

でも予想より雨が強くなく、
風もまだ吹いていなかったので予定通り開催。

朝、9時30分開演、20時終了。
118組中2名お休み。
その2名ともうちの生徒さんでした。
二人とも手の怪我。
1人は左手骨折。1人は両手の小指突き指で固定。
生徒さんと話し合って残念だってけれど、
ちゃんと直してきちんと演奏しようということになりました。

飯能ステップのレポ―トはPTNAのWEB ページに→こちらをごらんください。

ステップ後のレッスンは今日から通常モードになります。

さて、また次の港(10月のお勉強会)まで船をこぎます。
みんなちゃんと乗ってきてね。

宿題ノートに♥

小1の生徒ちゃん

宿題ノートを見たらかわいい絵が♥

ゆうこせんせい って書いてある(ㆁωㆁ*)

先生を可愛く書いてくれて

ありがとう🎵