ゆうこ先生の夏休み

みなさん、夏休みはいかがでしたか?

Allemandeピアノ教室は
先週から水曜日から通常レッスンをしています。

生徒さんたち、日焼けして、2週間見ないうちに背が伸びて
なんだかひと回り大きくなっているような気がします。

私の夏休みはというと…

2日間は表参道カワイで行われていた
「ロシアンピアノスクール」のレッスン聴講。
1日6名6時間。2日間で12時間、
モスクワ音楽院の教授のレッスンを聴き、
最後の日はアンドレイ・ピサレフ教授のコンサート。
すばらしい音と音楽を聴いて感動しておりました。
DSC_0092

1日は浜離宮朝日ホールへコンクールのお付き添い、
幼稚園の生徒さん、初チャレンジで優秀賞いただけて良かったです。
DSC_0109

そして、ヤマハホールへPTNAピアノコンペティション全国大会のE級の見学。
中学生や高校生の真剣な演奏を聴いて、思春期に、
こんなに一生懸命になれるものがあるのは素敵だなと思いました。

1日は上智大学で行われた「音楽家の脳×科学者の脳」の講義とシンポジウム。_20160828_212933
午前中は上智大学音楽医科学研究センター主催の特別シンポジウム
「音楽を感じる脳」(藤井信也先生)
「音楽が傷つける脳」(坂本崇先生)のお話を聞き、
午後は
「音楽が脳を育む」(古谷晋一先生)
「ベートーベン解析講座」(土田英介先生)と一日たっぷり勉強しました。

残りの日は母の病院付き添い。
そして、お盆の支度、壊れて買い替えた新しいスマホの設定で夏休みは終わりました。

この夏に仕入れてきたこと、
生徒さんたちに上手に伝えていかなくては

さあ、レッスンしましょう♪

夏休みの宿題

残暑お見舞い申し上げます。

ピアノ教室は8月11日(木)〜8月19日までレッスンがお休みとなります。

今年の夏休みも宿題は…

1) 夏休み明けに先生に1曲か2曲暗譜で演奏する
  「夏の終わりの1人コンサート」

2)バッハのクラフトを作って持ってくる。または、写メで送る。

DSC_0072

 「バッハを作ろう!バッハってどんな人?」
このクラフト、ムジカノーヴァ5月号についていました。
いろいろとバッハにゆかりのものを持たせられるようになっています。
そこからヒントをもらって調べ学習に発展できたらいいなと
小学生には3番目の宿題を↓

3)バッハやバロック時代について調べて気が付いたことを私に伝える。

「バッハやバロック時代の豆知識を探してこよう」

習い始めて間もない生徒さんや小さい生徒さんは1と2のみ

その他の生徒さんたちは1,2,3が宿題です。

バッハのクラフトは先週からお渡ししていますので、
すでに作り上げて写メを送ってくださった生徒さんたちもいます。

お母様から写真に添えてメッセージもいただきました。
「早速、楽しく制作し、いろいろ持たせて遊んでいました。
 これを機に、今度図書館でバッハの本を借りてみようと思います。」
  幼稚園生、小学生の姉弟さんの生徒さん。

「レッスンの後、バッハを作るといって、色を付けハサミで切ってノリで貼りました。
 上手にできたから先生に写真送ってと言ってましたので送ります。」
  幼稚園年少さんの生徒さん。

~~~~~~~~~~~~~~~~

夏休みです。
でも、ピアノは練習は忘れずにしてくださいね。
お出かけしたときにはフラッシュカードやリズムやセオリーの勉強の時間を取りましょう。

そして、夏を楽しみましょう。
暑さ、夏の風、海の波の音、空の色、鳥や魚などの生き物たち。

しっかり味わって心に留めてください。
今後のピアノ演奏にとって、とても大事なことですから。