第10回春のクラスコンサート

3月21日(水・祝)
第10回春のクラスコンサートを開催いたしました。

今年は積雪、インフルエンザの大流行で
レッスンのスケジュールが思い通りにいかなかったり、
その上、当日も思いがけない「雪」という天気で
リハーサルにみんな来られるのか心配しましたが、
1人のお休みもなく
プログラム全部を時間通りに進めることができました。
プログラムに載せましたあいさつ文をここに載せます。

*☆*゚♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*☆*♪゚*☆*゚♪*☆*゚♪゚*☆*゚♪

本日はお忙しい中「Allemandeピアノ教室
第10回 春のクラスコンサート」にお越しいただき誠にありがとうございます。

2008年に山手町にてピアノの指導を始めてから10年、
2010年7月に第1回目のクラスコンサートを行ってから、
本日10回目の発表会を迎えることができました。
これも皆様のご理解とご協力のおかげです。

8年前、まだドレミも弾けなくて、
グーで黒鍵を弾いていた生徒さんたちが
今日は素敵な曲を演奏してくれます。
そして、今日、初めての発表会のステージに上がる
生徒さんもいます。
発表会は過去と未来が感じられるステージです。
10年前はあんなだったなぁと過去を思い、
10年後にこうなるかしらと未来を垣間見る一日となるでしょう。

私は、これからも子どもたちにピアノを通して
豊かで楽しい人生を歩んでほしいと、
丁寧な指導を心掛けていきたいと思ってお
ります。
そして私自身も研鑽を重ねていきたいと思います。

今年は低学年の生徒さんには
私との連弾で音楽の広がりを感じてもらい、

中学年の生徒さんにはお話にピアノ曲をつけることで
イメージを持って演奏することを学んでもらい、

高学年の生徒さんにはヴァイオリンとのアンサンブルを通して
音楽のコミュニケーションを理解してもらいたいと思い、
プログラムを考えました。

最後になりましたが、いつもレッスンにご理解ご協力をいただき、
子どもたちを暖かく見守り、支えてくださいましたご家族の皆様に、
心より感謝申し上げます。

そしていつも惜しみないご協力をくださる柳戸陽子さん、
今回快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、
ありがとうございました。

また、お手伝いを引き受けてくださった
浅賀ひろみ先生、林田玲奈先生、ありがとうございました。

皆様、どうぞ最後まで子どもたちの演奏をお楽しみください。
Allemandeピアノ教室 頓所 裕子