クラスコンサート〜お話とピアノ〜

毎回、クラスコンサートで「お話とピアノ」を企画しています。
初めて開催した小さなコンサートがきっかけでした。

第1回夏の小さなクラスコンサート
初めて生徒さんたちに「スイミー」に曲を弾いてもらいました。

第2回クリスマスコンサートでは
「あたたかいおくりもの」を私の演奏でお届けしました。

第3回秋のクラスコンサートでは
「ヘンゼルとグレーテル」

第4回春のクラスコンサート
「にじいろのさかな」

第5回春のクラスコンサート
「おくむさしのてんぐ」

第6回春のクラスコンサート
「パパお月さまとって」

第7回春のクラスコンサート
「てん」

第8回春のクラスコンサート
「スイミー」
この時、第1回の時に聴く側にいた生徒さんたちに
演奏を担当してもらいました。

第9回春のクラスコンサート
「ふくろうの染めものや」

今年は第10回の記念コンサートにふさわしい作品と思い、
工藤直子さんの詩集から「ピアノは夢をみる」にしました。

昨年10月に「お話とピアノ」に参加するメンバー8名が
うちに集まりそれぞれの場面で演奏する曲を
皆で聴いて選んでいく選曲会を行いました。

それから各自練習をして、リハーサルで朗読と合わせて通し練習。

選ぶ曲はオリジナルではなく、普通のピアノ曲。
それなのに、選んでそのシーンを思い浮かべると
なぜかこの曲はこの話の為にあるのではないか?・・・と。
毎回不思議に思います。

今回も、
「このところはこの文章のところだね」という
ぴったりハマったところが何カ所もありました。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚

毎年、みんなで参加する気持ちを持つために、
少しずつ何かを作ってもらっていました。
「ヘンゼルとグレーテル」の時は
お菓子の家にくっつけるお菓子。
「お月様とって!」のときは
星を作ってもらって貼りました
「スイミー」ではたくさんの赤い魚を作りましたね🐟🐟🐟
お魚を貼った様子はこちら→クリック
昨年の「ふくろうの染めものや」では
葉っぱに夢を書いてもらいました。

今回は生徒さんに「もしお家のピアノが夢を見たら?」
というテーマでピアノの形の色紙にそれぞれ好きに書いてもらい
受付に出してもらいました。
 

ピアノがお花畑にいる夢とお花の絵を描いた生徒さん
ピアノが泳いでる夢とお魚の絵を描いた生徒さん

中には
「○○が(←本人)ちがうピアノでれんしゅうしてる~」
「広いホールでおとを響かせる夢をみてる」
「ぼくがれんしゅうしてよろこんでる夢をみてる」
「広い森をかけまわってる夢を見てる」
読んでいて思わず心が温まる言葉がいっぱい。
しばらく、教室に貼ることにしました。


柳戸陽子さんの朗読

とてもすてきな作品になりました。