市内学校図書ボランティア「ことのはの森」定例会

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月17日水曜日
この日はピアノの先生ではなく
学校図書ボランティア「ことのはの森」の代表として
令和元年度第一回の定例会を
飯能市立図書館の協力を得て開催しました。

市内小学校で朝読書の読み聞かせなどをしている
ボランティアの方々が集まり各学校における
活動状況や読み聞かせ全般についての情報交換会です。

この日は市内小学校5校から15名の図書ボランティアさんたち
そして小学校の図書整理委員の方も参加してくださいました。

一学期で新しいボランティアの方々も入られたこの時期なので、
図書館員の方に「読み聞かせや絵本の選び方」についてお話してもらいました。
本の選び方、持ち方、読み方などなど
そしてお勧めの絵本の紹介などをしてくださいました。
男性の図書館員の方でしたので、女性の目から見るのと違う視点で選ばれた絵本が大変興味深かったです。

そのあとは各学校の新しいボランティアの募集の方法、様子、
今、お勧めの本、この後、秋に読むのに良い本などを各自紹介しました。

あとでメンバーの方から
「これから読み聞かせを続けていく上での良い刺激を受けました」

「ことのははいつも大変勉強になります」
と感想をいただき、うれしく思いました。

本を読むことが好きなこどもたちを増やしたい。
文字からいろいろは場面を想像する力は
楽譜から読み取って場面を想像するのと近いものがあります。

本の世界は自分が実体験できないことを
体験させてくれたり教えてくれたり世界が広がります。

 

この活動も15年を超えました。

さて、ピアノの先生に戻ろう(笑)

 

PS:今期のTVドラマで撮影現場に使われている図書館です♪