第6回 お勉強会

2020年10月25日(日)
第6回 お勉強会を開催しました。

コロナ禍の中、開催を悩みましたが、
少しでも生徒さんたちにステージ経験をしてほしい、
目標をもって練習してほしいと思い、
感染症対策をしっかりして、行いました。

場所は入間市文化創造アトリエ アミーゴホール。
ホールの周りはハロウィンの飾りで
雰囲気が素敵でした。

そして青空!

生徒さんたちは
バッハもしくはそれに準ずるバロック作品と
練習曲を暗譜でひいてもらい
アドバイザーとしてお呼びした
横山智一先生、大原由紀先生にメッセージを書いていただきます。

演奏後にはお二人の先生から講評をいただきました。


横山先生からは
「大変きれいな音でピアノを弾いている生徒さんが多いです」とほめていただきました。そして「拍を感じられるので、今度は拍子の波に乗ること」「音の行先を意識しよう」とアドバイスをいただきました。
大原先生からは
「音の幅、音程が離れた時の感じ」について具体的なわかりやすいお話をいただきました。

聴いている生徒さんたちもお互いに演奏を聴いて
「良いところ」を探して「褒めコメント」を書いてもらいました。
帰宅して広げて放置中。

そして、最後に、表彰です。
Allemandeピアノ教室では
レッスンを5年、7年、10年継続してくださった生徒さんに表彰楯を差し上げています。
今日も3人の生徒さんが表彰されました。

このお勉強会も今年で6回目。
第1回の時にはバッハのインベンションを聴いていた生徒さんが、今度は演奏する側になりました。
そして、今年春に入会した生徒さんもデビューでした。
続けていくごとに
教室の指導の方向が見えてきて、
また、アドバイザーの先生方に客観的に見ていただくことで、私の指導の軸がぶれないようになってきました。

横山先生、大原先生、
暖かい愛情あふれるメッセージをありがとうございました。

過去の「お勉強会」についての記事は
下の「お勉強会」のタグからどうぞ♪

10年ぶりの栗の渋皮煮

この10年の間、
10月はいつもピアノに向き合いドキドキしていました。

10年前の2010年10月11日に
20年ぶりにピアノ演奏を再開。
初めて多喜靖美先生の門下生発表会
「集い」に参加させてもらいました。

それから
3年くらいは「何とかして発表会から逃れよう」と
色々言い訳をしていましたが、
いつも多喜先生ににこやかに説得され…
3年過ぎたくらいから、
少しずつ、毎年この10月に色々な思いをもって
ステージに上がる門下生の皆さんの演奏が楽しみで、
そこで会えることがうれしくて
結局10年10回皆勤しました。

「集い」があるから
指のけがを避けるため
この10年、栗は自分で剥かないと決めていました。

大好きな栗の渋皮煮。

今年は、多喜先生や今までの曲のことを思いながら
ゆっくり、剥いて、
大切に煮ました。

食べる時は
ひと思いに( ´艸`)。

 

なんとなく、落ち着かなかった10月ですが、
久しぶりにバッハの曲に向き合って
次の10年のために、
前に進もうと思います。