仲間がいたから

 

昨年はコロナ感染症のため、
6月の「飯能ステップ」も、予定していた9月の「還暦コンサート」も
中止となりました。

そして昨年1月に師匠である多喜先生が他界したため、
毎年10月に行われていた多喜先生門下生発表会「集い」も
無くなり、目標がなくなってしまったため、
ピアノを弾くことにテンション下がってしまっていました。

そんな中で
そんなコロナ禍のなかで
ただ弾き続けていたもの
「バッハのインベンション」


3年前に仲間と始めた「インベンション研究」

ただのアナリーゼではなく、必ず自分の手で弾いて
仲間の前で演奏して、そこから見えてくるものを探し、
アドヴァイスをもらい、学んできました。

コロナで会えなくなっても
オンラインで研究を続け、ついに12月に15曲制覇。

今年から「シンフォニア」に進むことにしました。

1人だったらできなかったこと。
自分一人だと逃げてしまったり、
放り出したりしたかもしれなかったけれど、
そこに、誰かがいたから続けられました。

一緒にいてくれた仲間に感謝です。

バッハを見続けてきて
ショパンやベートーヴェンの楽譜の読み方が
変わったと感じます。

やはり、バッハは音楽の父。
偉大な方です!

2021年1月13日 | カテゴリー : 学び | 投稿者 : Yuko T