期限と仲間と

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

何かをやる時に
大切なこと


期限を区切る
仲間を作る


ここまでにやるという
期限があるというのは
ゴールがわかること。


人間,期限を決められると
なんとかその中でやろうと
するものです。

そして仲間
一人だと「ま、良いか」となるところ
仲間の頑張っている姿を見ると
自分も、
もう少しやろうと
思います。

今、私は
仲間がいて
幸せです。
期限があることは
うわぁと思うこともあるけれど、
無かったら絶対やらないから
やはり幸せです。

オンラインサロン、
バッハの勉強会
集いの発表会が無かったら

目標をもってピアノを弾かないでしょう。

7Daysや8期の皆さん

ステーションのスタッフのみなさんがいなかったら
こんなに毎日頑張れないと思います。


生徒さんたちにも、
いつまでに
ここまでやるという
練習メニューを
渡しています。
それは一人一人違うもの。
そして教室内で
チームを作り
お互いを応援しています。