2020表参道新年会

1月も半ば過ぎましたが、

本日は表参道支部の新年会でした。

支部長の金子勝子先生を始め、

ステーション代表、

ステップアドバイザーや

コンクールの審査員をなさっている先生、

そして演奏家の方々。

皆さんのオーラとパワーにやる気と勇気を満タンにして飯能に帰って来ました。

支部長の金子勝子先生は文化庁から社会教育功労賞を受賞なさるそうで、二重におめでたい2020年の幕開けとなりました。

2020年1月22日 | カテゴリー : お教室便り | 投稿者 : Yuko T

男子生徒くんのこと~その1~

うちの教室には男子生徒くんが占める割合は5分の1
幼稚園生から高校生まで幅広いピアノ男子くんがいます。

その中の男子くん2人のピアノのお話。

その1

昨年の春に高校生になったYくん。
小学2年生の時に入会してきた直後に右ひじを怪我。
彼の導入は左手からということに。

ゆっくりゆっくりの進み方でしたけれど、
中学生になっても部活やテストに関係なくレッスンにやって来て、
高校受験の時も1月まで塾の帰りにレッスンにやってくるので
さすがに私の方が心配になり
「高校受験まで1か月だけれど、休まなくていいの?」と
思わず聞いてしまいました。

さすがに県立受験の2週間前には「休ませてください」と言いましたが、
受験が終わるとすぐにやってきてその一ヶ月後の発表会にも参加していました。

とにかく彼は音楽が好きで、ポピュラーとかよりクラシックの音楽が好きで
お母さまもYくんがピアノを弾くことが楽しみにしています。

そんなYくんが最近、高校生活に忙しくなり本当に練習する時間も無くなってきてました。

先日、買い物に出た時にばったりYくんのお母さまにお会いしました。
「先生、Yがピアノ練習する時間が無いから
夜でも練習できるようにと
自分のお年玉で電子ピアノを買うと言っているんですけれど…」

練習できないから、あきらめるのではなくて、
大切なお年玉を使って電子ピアノを買おうと思っているYくんの話を聞いて
とてもうれしく思いました。

発表会のための一回目のリハーサルそして保護者会

入間市アミーゴのスタジオで
3月の発表会のための1回目のリハーサルを行いました。

まだ、譜読み段階だったり、難しいパッセージがうまく弾けなかったり
ですが、この時期に一度人前で弾くこと、
そしてお友だちの演奏を聴くことで
この後の練習に取り組む姿勢が変わってきます。

今回は前半グループと後半グループの演奏の間に、
「保護者会」を行いました。

教室の今年の目標、
指導の方針、
ステップ、コンクールの案内やお知らせなど
20分ほどお話させてもらいました。

幼稚園生から大人の生徒さんまで
皆さん、「やる気」を持って笑顔で帰っていきました。

帰宅後、保護者の方からLineで感想が届きました。
 「保護者会で先生のお話の
  小さな日々の目標を乗り越えていくことを
  子どもと一緒に取り組んでいこうと思います」

 「今日、弾いたことで先の見通しが立ちました」

 「人前でちゃんと弾いていたので驚いてます」
(入会7カ月目、初めての発表会参加の幼稚園の生徒さんの保護者より)

 「リハーサルの日がお正月明けてすぐだったので冬休みにも練習できました」

リハーサルは一か月後、そして本番一週間前と
あと2回あります。

今回はソロだけでしたが、
次回は連弾、お話とのコラボ、ヴァイオリンとのアンサンブルもあります。

風邪を弾かないようにして、
練習しましょう!

2020レッスンスタート

七草ですね。

お正月飾りも今日までです。

昨日より通常にレッスンをスタートしております。

生徒さんたちは私の出した年賀状に答えを書いて持ってきてくれます。

今年もクイズ付き年賀状を出しました。
それぞれのセオリーレベルに合わせて問題を出しています。

そして・・・

正解した生徒さんには「子年のチョコレートボール」をあげます。

左側のシールは新年一回目のレッスン出席シールです。
(おみくじ付き)

さて、今日も正解者がいっぱい来るかな?

 

今年最後のレッスン

いよいよ年末スケジュールです。

来週12月25日はコンクールがあるので、
今年のレッスンは今週が最後になります。

月謝袋の中には
お便り、個人面談のお知らせ、来年度レッスンアンケートの
3通の配布物を入れました。

レッスンでは冬休みにどこまでどう練習するのか
発表会の曲の練習計画、
その他の曲の練習の仕方、
どこができてどこができていないのかのチェックをしていきます。

コンクール参加の生徒さんたちは
あとひと踏ん張り、がんばってもらいます。

インフルエンザが流行ってきました。

体調管理もしっかりお願いしますね。

お話のどこで演奏する?

11月9日 来年の発表会で行う「お話とピアノ」のチームが集まりました。

朗読の柳戸陽子さんにも来てもらい、

読み聞かせをしてもらいました。

かぜをひいたおつきさま

お話とピアノ担当は3,4年生。

今回の絵本は「かぜをひいたおつきさま

まず、お話を聞いてもらい

どこが心に残ったか

好きな場面はどこ?

演奏したい場面はどこ?

と質問に対してシートに書き込んでもらいました。

私はこの場面かな?と予想していたところが、意外とハズレ、子どもたちの感じるところは「そうなんだ!」と新しい発見も。

答えのない音楽の世界ですから、意見は尊重して、そこに合うピアノ曲を探しました。

自分が選んだ場面。

ここで弾きたい!と思ったことは

きっと練習意欲に繋がるかな?

 

第5回お勉強会

2019年10月27日(日)第5回お勉強会を
開催しました。

お勉強会は、普段レッスンしている
バッハかポリフォニーの曲と練習曲の2曲を暗譜で弾き、
お呼びしたアドバイザーの先生に講評してもらいます。
もちろん、始めたばかりでバッハの曲をまだ学んでいない生徒さんは
その時にレッスンしている曲を2曲、弾いてもらいます。
春入会の生徒さんたちのステージデビューです。

他のピアノ指導者をアドバイザーに来ていただき
教室全体を見ていただくことで、
私の指導にブレが無いかどうか、
見落としていることがないかどうか
そして、同じアドバイザーに数年単位で見ていただくことで
生徒さんがどう成長しているのか、
確認する機会でもあります。

2015年に初めて松本裕美子先生の「お勉強会」を見学に行き、
裕美子先生の教室の生徒さんたちの成長を見て、感銘を受けて
うちの生徒さんたちのために開催を決意しました。

年に1度、1年、2年と続けているうちに、
小さな生徒さんたちは普段あまり聞かない
「インヴェンション」を聞く体験をすることによって
3年目になってインヴェンションを始めた生徒さんの口から
「この曲、お勉強会で聞いた!」と言われました。
そのあたりからインヴェンションが指導しやすくなったことも確かです。

前日に、第一回目のプログラムを見ていて、
その時にデビューで習い始めて半年くらいで
「かえるのうた」を弾いていた生徒さんが、
今回「インヴェンションデビュー」しました。
改めて、生徒さんたちの成長をうれしく思いました。

今回、アドバイザーのお二人から伺ったお話は
「拍子の波に乗ること」
「フレーズのまとまり(音がどこに向かっているか)」を
もう少し意識できるようになるといいということ。

自分の演奏でもいえることだなぁと思います。

お勉強会のもうひとつの目的は
高学年にお手伝いをしてもらうこと。
小学5年生以上の生徒さんたちには、
出席取り、司会、小さな生徒さんたちのイスや足台のセット
メッセージ用紙の回収などをお願いしました。

そして、小学一年生以上の生徒さんたちは
演奏を聴いて「ほめコメント」を書いてもらいました。

夜、生徒さんたちが書いたコメント用紙を
カットして(A4用紙1枚に4人分書けるようになっているので)
生徒さんごとにまとめました。


参加した生徒さんほぼ全員に書き
そして自分ももらうもの。
数年続けると、みんな「いいとこ探し」が上手になります。

小学1年生でまだ字を書くのが大変な生徒さんは
こうして聞いたイメージを絵でかいてくれました。
上のメッセージは「ゆうかんな騎士」です。
剣と楯が見えますね。
小さな生徒さんのためにシールを用意して貼ってくれた中学生もいました。

松本裕美子先生、横山智一先生、
ありがとうございました。

過去の「お勉強会」についての記事は
下の「お勉強会」のタグからどうぞ♪

ハロウィン2019

 
今年もやってきました
ピアノ教室恒例ハロウィンウィーク

ピアノ教室ですから、
仮装して「トリックオアトリート!」と言っても
お菓子はあげませんよ♪
お勉強会のリハーサルを兼ねて、2曲弾いた生徒さんには
こちらのガイコツさんからお菓子を取ってもらいます。

昨年は怖くて泣いてしまう生徒さんもいましたので
レッスンの間は帽子をかぶせて見えないようにしておきました。

今年はかわいい鬼太郎くんやアリスなどもやってきて
レッスン前後の生徒さんで写真を撮りました。

お年頃で「仮装なんて」という生徒さんは
加工アプリで写真を撮りました。

さて、明日はお勉強会です。
みんな上手に弾いてくれるかな?

2019年10月26日 | カテゴリー : お教室便り | 投稿者 : Yuko T

大阪国際音楽コンクールファイナル

10月6日の大阪国際音楽コンクールファイナルに進んだ生徒さんの応援に
10月5日から大阪へ向かいました。

新幹線で行くつもりだったのですが、
調べたら航空券+ホテルの方が新幹線往復券より安いので、
久々に飛行機一人旅。
同じく生徒さんがファイナルに進んだひろみ先生は私より6時間後の飛行機
玲奈先生は翌日の朝、新幹線で大阪入りということになりましたので。
ところが、私のスマホが大阪に着いて数時間で起動しなくなり、
Line連絡がまったくできなくなってしまいました。
先生方との待ち合わせもできないし、
生徒さんとの連絡も・・・
最近はLineでのやり取りばかりで、メールを出しても皆さん気が付いてくださらないみたいで返事が無い(TOT)


生徒さんは夜中に埼玉を車で出発、
午前中に大阪入り。
会場で無事に会うことができました。
受付の後、用意された練習場所で
一度通して弾くことができました。

そして本番。初めての遠征でのコンクール参加でしたが
いつも通りの演奏をしてくれました。
楽しかった!と笑顔で終えることができました。

結果は4位入賞。

がんばったね。

春から入会された生徒さんたち

この春
3名の幼稚園の年長さんが入会されました。
お互いにお友だち、知り合いではなく、ホームページを、たどって私のところに来てくださった生徒さんたちです。
本当に嬉しいことです🎵

いつもレッスンの時にグランドピアノのに物が落ちないようカバーをはめていているのですが、
この春からカバーを取ってレッスンをしています。
そうすると、ハンマーが弦をたたく動きが良く見えます。

生徒さんたちは興味津々。
じっと動きを見つめてピアノを弾いています。
電子ピアノでは見えない発音の場所と動きを見せてレッスンをすることで
ピアノという楽器の音の出し方に興味を持ってほしかったのです。

ピアノの蓋も全開にしています。
音が出ていく方向、倍音の響きを感じてほしくて。

昨日、入会2か月で「きらきら星」を連弾しました。
音をよく聞いて弾くことで手の形も自然になっていますね。
これからたくさんの曲を弾いていく大事な手の形。

楽しみです♪