第13回春のクラスコンサートを終えて

2021年3月27日にアミーゴホールで開催した発表会からもうすぐ3週間。

コロナ対策をしっかりしての開催でしたが、
やはりちょっと心配でそわそわしていましたが、
今のところみんな元気。
参加票はあと一週間保管したら破棄しますね。

発表会ではソロ1曲、企画もの1曲の合計2曲演奏します。
ソロはどの曲も、その生徒さんとのレッスンの思い出が
いっぱい詰まっています。
幼稚園生で入会半年に満たない生徒ちゃんから
高校生、そして大人の生徒さんまでみんなソロを弾きました。


受験を終えて3日でレッスン復帰。
本当に綺麗なメンデルスゾーンを弾いてくれたYさん。
聞いているだけで幸せでした。

今年も小学2年生以下は「先生と連弾」
レッスンで連弾するたびに
「めっちゃ楽しい!」と言いながら帰る生徒さんもいました。

小学3,4年生は柳戸陽子さんの朗読に合わせて
「お話とピアノ」今年の絵本は「ちいさなくれよん」

お話のオープニングは私が演奏。
Bグループは夕方だったので
スクリーンを上げて外の景色が見えるようにしました。

↑開始の時はうす暗かった外の景色

お話が進んで、クレヨンがお星さまを塗りに行くころ
外も暗くなり
演出的に素敵な世界になりました。


朗読の柳戸陽子さん、いつもありがとうございます。

お話の内容に沿って教室全体で参加する
ちょこっと制作。

お題は「みんなは黄色いくれよん持っていたら
何を塗りますか?」

レモン、お花、車、家、ひよこ、
なかには 鬼滅の刃の「ぜんいつ」も・・・(笑)
確かに黄色いかな。

一度クレヨンで「塗る体験」をしてから
このお話を聞くことでイメージを広げてもらおうと思いました。

5年生以上はバイオリンとのアンサンブル。

続けてきた中学生になると呼吸を聞く余裕も出てきます。


守屋先生のバイオリンの音もホールに響いて素敵なひと時になりました。
小学生はアンサンブルを「初めの一歩」から始めますが、
中学生になると有名曲にチャレンジです。
愛のあいさつ、バッハ=グノーのアベマリア、バルトークのルーマニア舞曲など。小さな子たちには憧れのアンサンブルとなります。
みんな頑張ってここまできてね。楽しいですよ~

そして今回の表彰は男子3名
2名はレッスン継続10年 1名は継続5年

10年表彰楯は少々大きくなります。

いつまでも音楽を楽しみ
ピアノを弾くことを楽しんで
豊かな人生を過ごしてほしいと願います。

皆さんお疲れ様でした。
そして、保護者の皆さまご協力ありがとうございました。

 

保護中: 生徒さんへ連絡です

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

発表会「第13回春のクラスコンサート」を終えて一週間経ちました

2021年3月27日(土)に
Allemandeピアノ教室第13回春のクラスコンサートを開催して
一週間経ちました。

コロナ感染症予防対策をしっかりしたうえでの開催でしたが、
やはり落ち着かない一週間でした。

受付で参加票を提出。
参加票には当日の同伴者の名前と熱を測ってもらって記入、
そのほか注意事項を確認してもらいました。

参加者も保護者の方もみんな元気なのでほっとしています。

開演前にバルーン装飾をしてくれたTomoko Itoさん

開演前に記念撮影。まだドレスを着ていないけど・・・

ホールの人数制限が50人なので
2つのグループに分けての開催です。

どちらのグループもなるべく
低学年から高学年までの演奏を聴けるように
グループ分けをしました。
いつもと同じくソロ演奏と
小学2年生以下は「先生と連弾」
小学3,4年生は「お話とピアノ」
5年生以上は「バイオリンとアンサンブル」を演奏してもらいました。

Aグループ

Bグループ

誰一人お休みもなく、全員参加でした。
本当にうれしかったです。

久しぶりのステージ。
弾き終わった生徒さんたちは
みんなはじけるような笑顔でした。

一生懸命練習してきて、
発表会ステージでゴールができてよかったです♪

第13回春のクラスコンサート

緊急事態宣言が解除されて5日目の
2021年3月27日(土)に
コロナ感染症対策をして、
第13回春のクラスコンサートを開催いたしました。

プログラムの挨拶文を転載いたします。
♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜

ごあいさつ
本日はお忙しい中
「Allemande ピアノ教室 第 13回春のクラスコンサート」に
お越しいただき誠にありがとうございます。
昨年の「休校宣言発令」の中の発表会から一年が経ちました。
この一年、コロナ感染症のため、思いもよらない「自粛生活」を
強いられました。
自粛生活の中で「ピアノの学びの歩み」まで止めてはいけないと、
近隣のピアノ指導者と色々試行錯誤しつつ
「オンラインレッスン」「動画添削」などでレッスンを続けてきました。

できないことばかりに目を向けず、
できることをできるだけやっていこうと、
生徒さんと一緒に一年間過ごしてきました。
そして、このような状況でも生徒さんたちがずっとピアノを
弾き続けてきてくれたことを誇りに思います。

不安な時期を過ごしてきた生徒さんとこうして発表会を迎え
られるのは本当にうれしく思います。
これも、いつもレッスンにご理解ご協力をいただき
子どもたちを暖かく見守り、体調管理を含め、いろいろと
支えてくださいましたご家族の皆様のおかげです。
心より感謝申し上げます。

発表会開催に、
いつも惜しみないご協力をくださる 柳戸陽子さん、
今回も快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、
そして、バルーン装飾を協力してくださった伊藤ともこさん、
本当にありがとうございます。
皆様、どうぞ最後まで演奏をお楽しみください。

Allemande ピアノ教室 頓所 裕子

オンラインリハーサルそして、バイオリン合わせ

3月6日(土曜日)
3月になれば会場でリハーサルや
練習ができると思っていたのですが、
またまた、自粛宣言期間中で貸し出し不可とのことで
ソロの演奏はオンラインで行いました。

さすがに、バイオリンとのアンサンブルは
オンラインではどうにもならず、

午後はバイオリンの守屋真琴先生に
教室に来ていただき、

生徒さん一人ずつ、1時間ごとに空気入れ替えをしつつ
8名の演奏にレッスンをしていただきました。

一年ぶりに聴く「生のバイオリンの音」
それはもう、耳がうれしくて、
心が何度も震えました。
何度も涙がこぼれそうになりました。

ああ、生の音って素敵です!

約5時間にわたってのレッスン。

守屋先生ありがとうございました。

オンラインリハーサル

昨日、2021年1月24日は本当は、入間市アミーゴで

発表会のためのリハーサルをするつもりでしたが、

緊急事態宣言の中、施設利用自粛ということで、

オンラインにてリハーサルを行いました。

6つのグループに分けて

休憩を挟みながら

午前10時20分~19時まで。

 

ソロの他

柳戸陽子さんに参加してもらい、

お話とピアノチームはイメージの確認と通し練習

 

バイオリンとの合わせはオンラインで無理なので、

守屋真琴先生にバイオリンについてのお話、

ピアノとの違い、

後は1人ずつの曲に対して、

注意することなどをバイオリン演奏を、混じえてお話してもらいました。

この後の2か月で
どうやって曲を仕上げていくのか
私も生徒さんの様子をみて
練習計画を考えていました。

 

久しぶりに生徒さんの

マスク無しのお顔を見られてうれしかったです。

2021年1月24日 | カテゴリー : お教室便り | 投稿者 : Yuko T

謹賀新年2021

前例のない2020年という年を終え
2021年を迎えました。
「当たり前」が「当たり前」でなくなった今、
一日一日を大切に、
できることをできるだけやりながら、
でも、
未来に目を向けて生きていきたいと思います。

今年も、かわいい生徒さんたちと
一緒に過ごせる時間を楽しみにしています。

そして、生徒さんたちにとって、
また、
保護者の皆様にとって
音楽やピアノが
人生の楽しみになり、支えになってくれたらと
願います。

明日、1月7日から通常レッスン開始です。

生徒の皆さんは、年賀状に答えを書いてもってきてね。

Allemandeピアノ教室
頓所 裕子

選曲会

2020年11月22日に来年の発表会の企画の「お話とピアノ」のために
選曲会を行いました。

発表会で「お話とピアノ」の企画を行うのはこれで13回目。
いつも朗読の柳戸陽子さんにお手伝いしていただいています。

今回の絵本はこちら

ちいさなくれよん

担当はいつも小学3,4年生の生徒さん+この企画に希望する生徒さん。
今年は8名の生徒さんたちがこの絵本のそれぞれの場面で
イメージに合った曲を演奏します。

***********

まずは柳戸陽子さんに朗読していただいた動画を
生徒さんに送り、見てもらって
「印象に残った場面」「演奏してみたい場面」を
確認します。
意外と、「印象に残った」と「演奏したい」場面がちがうのです。

今回は最後のクレヨンが星に向かっていく場面が人気で
数名いましたので、うまく割り振って、
曲を私が2~3曲選びました。

それぞれの生徒さんのレベルで
それぞれの場面のイメージの曲・・・探していると
こういった状態になります。

選曲会はいつもは集まってワイワイと意見を交換して決めるのですが、今年はコロナ禍のこともあり、オンラインで。

みんなの曲が決まりそれぞれが練習に入りました。
仕上がりが楽しみです。

クリスマスチャレンジ2020

クリスマスチャレンジを

開催中。

それぞれのレベルで色々なポジションで

「ジングルベル」を弾けたら

シールを貼っていきます。

12月の最終レッスンまでに

お飾りいっぱいになるかしら?

 

2020年11月13日 | カテゴリー : お教室便り | 投稿者 : Yuko T

第6回 お勉強会

2020年10月25日(日)
第6回 お勉強会を開催しました。

コロナ禍の中、開催を悩みましたが、
少しでも生徒さんたちにステージ経験をしてほしい、
目標をもって練習してほしいと思い、
感染症対策をしっかりして、行いました。

場所は入間市文化創造アトリエ アミーゴホール。
ホールの周りはハロウィンの飾りで
雰囲気が素敵でした。

そして青空!

生徒さんたちは
バッハもしくはそれに準ずるバロック作品と
練習曲を暗譜でひいてもらい
アドバイザーとしてお呼びした
横山智一先生、大原由紀先生にメッセージを書いていただきます。

演奏後にはお二人の先生から講評をいただきました。


横山先生からは
「大変きれいな音でピアノを弾いている生徒さんが多いです」とほめていただきました。そして「拍を感じられるので、今度は拍子の波に乗ること」「音の行先を意識しよう」とアドバイスをいただきました。
大原先生からは
「音の幅、音程が離れた時の感じ」について具体的なわかりやすいお話をいただきました。

聴いている生徒さんたちもお互いに演奏を聴いて
「良いところ」を探して「褒めコメント」を書いてもらいました。
帰宅して広げて,
万が一、付いてきた菌が
無効化する72時間まで放置中。

そして、最後に、表彰です。
Allemandeピアノ教室では
レッスンを5年、7年、10年継続してくださった生徒さんに表彰楯を差し上げています。
今日も3人の生徒さんが表彰されました。

このお勉強会も今年で6回目。
第1回の時にはバッハのインベンションを聴いていた生徒さんが、今度は演奏する側になりました。
そして、今年春に入会した生徒さんもデビューでした。
続けていくごとに
教室の指導の方向が見えてきて、
また、アドバイザーの先生方に客観的に見ていただくことで、私の指導の軸がぶれないようになってきました。

横山先生、大原先生、
暖かい愛情あふれるメッセージをありがとうございました。

過去の「お勉強会」についての記事は
下の「お勉強会」のタグからどうぞ♪