コンサートを中止にして…

同じ門下生で、友人の松本裕美子先生と

ずっと準備をしてきた

「サンクスコンサート」

本当は今日2020年9月6日に行う予定でしたが、

この、コロナ禍の中で中止となりました。

同じ年、同じ月生まれの私たちが

この年齢になってピアノを弾けることを感謝して

行う予定でした。

中止を決めた8月に、松本裕美子先生と2人で

「オンライン♪おうちでコンサート」を

行いました。

ドレスを着て、プログラムの曲を演奏しました。

ちょうどお盆の時だったので
一年前、コンサートを行うはずの
美竹清花さろんの会場で聞いてくださった多喜先生も
聞きに来てくださったかな。→1年前の記事

ずっと、一緒に学び続け、
歩んでくれる友がいるのは
本当に幸せなことだと思います。

さて、次の10年に向かって
歩き始めなくっちゃ。

 

 

第13回クラスコンサートが決まりました。

9月1日は毎年、3月の発表会会場を予約に行く日です。

希望日がほかの人と重なると話し合い譲り合い。
それでも決まらない時はくじ引きとなります。

今年は比較的、友好的に収まりました。

来年の発表会

「第13回春のクラスコンサート」は

2021年3月27日(土)に開催いたします。

これから、共演してくださる方々と

色々相談をして、

楽しいそして学びの多いコンサートになりますように

していきたいと考えています。

2020年3月の発表会会場の写真です。

大阪国際音楽コンクールファイナル

10月6日の大阪国際音楽コンクールファイナルに進んだ生徒さんの応援に
10月5日から大阪へ向かいました。

新幹線で行くつもりだったのですが、
調べたら航空券+ホテルの方が新幹線往復券より安いので、
久々に飛行機一人旅。
同じく生徒さんがファイナルに進んだひろみ先生は私より6時間後の飛行機
玲奈先生は翌日の朝、新幹線で大阪入りということになりましたので。
ところが、私のスマホが大阪に着いて数時間で起動しなくなり、
Line連絡がまったくできなくなってしまいました。
先生方との待ち合わせもできないし、
生徒さんとの連絡も・・・
最近はLineでのやり取りばかりで、メールを出しても皆さん気が付いてくださらないみたいで返事が無い(TOT)


生徒さんは夜中に埼玉を車で出発、
午前中に大阪入り。
会場で無事に会うことができました。
受付の後、用意された練習場所で
一度通して弾くことができました。

そして本番。初めての遠征でのコンクール参加でしたが
いつも通りの演奏をしてくれました。
楽しかった!と笑顔で終えることができました。

結果は4位入賞。

がんばったね。

暑い(熱い)夏でした

9月になりました。
暑かった夏も過ぎて秋らしい空気が感じられます。
夏休み明けにぼ~っとしていた生徒さんも
学校が始まりいつも通りの生活に戻って
お顔がまた引き締まった感じがします。
お勉強会10月ですからね(^^;

この夏は初めて大阪国際音楽コンクールに生徒さんがチャレンジしました。

そして、金賞をいただき、10月の大阪でのファイナルに進出することが決まりました。

初めてのホールでしたが
きれいに弾いてくれました。

一緒に大阪に行きましょうね!

ピティナ課題曲説明会2019

3月1日はピティナ課題曲説明会へ行きました。


11時から18時過ぎまで
バロック期、近現代、ロマン期、クラシック期
それぞれA2~D級までの課題曲
約60曲

それぞれの時代にふさわしい音楽の読み取り方、
演奏法、テクニック、解釈などを
講師の先生4名が演奏しながらお話してくださいました。

その演奏があまりにもステキで
時折メモを取ることも忘れて聴いてしまいました。

音楽ってやっぱりいいなぁ・・・

全国から集まった先生方。
普段お会いできない先生と化粧室で遭遇したり(笑)
ホール内でご挨拶したり。

みんな志は同じ。
生徒さんたちを育てること。

ホールを出て少し歩いたところに1本満開の
河津桜が咲いていました。

うちの生徒さんたちも
満開に花開きますように♪

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+*

明日は
今日、説明会に行くためお休みさせてもらった生徒さんたちの
振替レッスンです。

バッハコンクール全国大会2019

2月の三連休は

バッハコンクールの全国大会が都内のあちこちの会場でカテゴリーごとに開催されました。

うちの生徒さん1,2年生は浜離宮朝日ホール

3,4年生は光が丘のIMAホールでした。

結果は二人とも入賞はできませんでしたが、

この年齢からポリフォニーの曲を弾くことで

いろいろな面でレベルアップできたなぁと感じました。

高学年のカテゴリーも聴きに行きましたが、

バッハのインベンション、シンフォニアは

一日中聞いていても飽きないですね。

バッハはステキ💕

そして、意外とバッハ男子が多かったのはビックリです。

ショパン男子もバッハ男子もカッコいいですね🎵

お教室の生徒さんにまた、来年度も挑戦してもらいたいです。

ホール練習会

 土曜日の夕方から

コンクールを控えているうちのお教室の生徒さん他

近隣の先生方の生徒さんたちと

飯能市市民会館の小ホールを借りて

ホール練習会を行いました。

ホールでフルコンのピアノで弾くと響きやバランスの確認ができますし、広い空間での音楽作りができます。

それぞれの生徒さんたちが音や響きかたを耳にしまっておうちに持って帰れたら、練習の時に耳の使い方が変わると思います。

みんなステキなピアニストさんたちでした。

 

2018年仕事納め

今年も後わずかとなりました。

年間43回レッスンの生徒さんたちのレッスンは12月21日まで。

その後のクリスマス三連休はひろみ先生の発表会応援、バッハコンクール応援そして、別のコンクールのスタッフでお手伝い。

そこから、今日までコンクールの生徒さんの追加レッスンやら、高校生のワンレッスン、そして受験生の追加レッスンと続き

今日の受験生のレッスンのお付き添いで今年のピアノ関係のお仕事はおしまいです。

今年の最後に結果を出してくれた2人。

がんばって良かったね。

諦めなかったからね。

#♪#♪#♪#♪#♪#♪#♪

お教室の始まりは2019年1月7日です。

冬休み期間はお問い合わせのお返事が遅くなることがありますがご了承ください。

 

バッハコンクール in TOKYO

今日は
本郷までバッハコンクールを
聴きに行ってきました。
幼稚園生から中学生まで
それぞれのカテゴリーを聴きました。
まだ、ピアノを初めて
1~2年くらいの幼稚園児さんたちの
一生懸命な姿が微笑ましく、
そしてその10年後の中学生たちの
インヴェンションやシンフォニアを聞くと
続けているからこその
今日の演奏があるのだなと思いました。
バッハ男子が意外といたのも嬉しく思いました。
うちの生徒さんたちは
12月の地区大会を目指しています。
精一杯サポートしたいと思います。

コンクール終わりました

発表会の次の週から本年度のコンクールの本選や関東地区大会が続けてありました。

3月25日の耕心館ジュニアピアノコンテストには奈津子先生の生徒さんとチャレンジ。

二人共とても良い演奏を聞かせてくれました。

違う教室でもリハーサル会などで会う二人は良いお友達です。

3月26日、30日、31日は

浜離宮朝日ホールでグレンツェンピアノコンクール関東地区大会。

昨年夏から

予選、本選と抜けてきた4名

みんなそれぞれ課題は残りましたが

とりあえず終わりました。

久々に明日は、お休みです。