発表会への想い5

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

発表会開催への想いを
数回にわたって書かせていただいてます。

1回きりのお楽しみではなくて

発表会では
毎回どのイベントも行っています。

1回きりのお楽しみでやるのではないのは
小さな生徒さんたちや
その保護者の方は
お兄さんお姉さんが
お話しに合わせてピアノを弾いたり
バイオリンと合わせたりするのを
何年か見て聞くことができます。

そして、数年後
いつか自分もと
思うことでしょう。

大きくなった生徒さんたちは
かつて自分があこがれだった立場に
変わっていきます。

こうして継続することで
みんなが過去と未来を見ることができる
そんな発表会を作り上げています。

来年春の発表会に向けて
選曲その他の準備中です。


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い4

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

数回にわたって
発表会への想いを
書かせていただいています。

当教室の発表会も
初めのうちは
全員がソロと連弾というものでした。
各年代で必要なことを考え
指導していくうちに
このような形になってきました。

今日は、
小学5年生以上が担当する
バイオリンとのアンサンブルのことです。

バイオリンとの室内楽

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/03/21-03-27-17-25-44-065_photo-1024x768.jpg

普段、1人で弾くことの多いピアノ

人と合わせることの経験になります。

また、ピアノと弦楽器の発音の違い
(音の出る瞬間が違うので)
楽譜の読み方
(ピアノの2段譜しか 
 見たことない生徒さんたちには
 スコアとバイオリン譜 
 両方見せることが 
 大切だと思います)

が、経験できます。

室内楽を経験している
生徒さんたちは

中学、高校で合唱の伴奏を
するときに とても役に立つようです。

普段、あまり生で聴くことができない
弦楽器の音を
聴くことで
ピアノの音色を作る
助けにもなっていきます。

来年は
バイオリン教室の生徒さんが
増えてきたら
子ども同士のアンサンブルも
考えています。
きっと楽しいと思います♪


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い3

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

生徒さんにとっても
保護者の皆さまにとっても
そして、指導者である私にとっても
発表会は大切なイベントです。

この1回の発表会で
生徒さんたちがどれだけ成長するのか
見てきた私の
想いを数回にわたって
書かせていただいています。

3,4年生担当のお話とピアノ

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/04/f4205a7fc8c643dc3b86b8c5b1e653d7-1024x819.jpg

発表会で3,4年生は
お話とピアノの担当になります。

小さい頃から始めて
少し弾けるようになってくる時期
そして、 ちょうど、
少しお年頃になりつつある
小学生3,4年。

お話の場面に合わせて曲を
選んだりすることで
曲からのイメージ
お話しのイメージを考える練習です。

また、チームで
一つの作品を
作り上げていくことで

自分の持ち場の
責任感が出てきます。

小さな生徒さんたちは
このお話しとピアノが大好きで
毎回楽しみに聞いてくれます。

習い始めに
お兄さんお姉さんが
やっていたお話しとピアノ
いよいよ、
自分たちの番になります。

意外と多い感想が
「やってみたら
すご~く面白かった!」というもの。
そして、その後の
表現力の付き方が変わってきます。

そんな生徒さんの成長。
これも先生の楽しみの一つです。

次回は室内楽についてです


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い2

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

Allemandeミュージックの
発表会への
私の想いの続きです

連弾は

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/04/25100-edited.jpg

幼稚園生~小学2年生の連弾
まだ音の数の少ない
習い始めの小さな生徒さんたちと
先生が連弾することで

音の広がり、
和声の美しさを
体験してもらいます。

1人で練習しているときにも

頭の中で先生のパートが
鳴るようになると
音楽が作りやすくなりますね。
そして何より
楽しいです!

一緒にレッスンの時に練習しながら
お話しを作ったり
どう弾こうか相談したり

こうしてコミュニケーション能力も
付いていきますし、
レッスンに来て
自分の意見を言える子になっていきます。

つづく


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い1

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

当教室の発表会

    ※2022年3月の写真

Allemandeミュージックでは
発表会でソロ曲+イベント曲の2曲を
生徒さんに演奏してもらいます。

イベント曲は
学年に応じて
3つのカテゴリーに
分かれています。

幼稚園生~小学2年生までは

『先生と連弾』

小学3年生、4年生は

柳戸陽子さんの朗読に合わせて

『お話とピアノ』

小学5年生、6年生、中学生、高校生以上は

『バイオリンと室内楽』

それぞれの年代で必要なこと

初めのうちは、
当教室の発表会も
全員ソロと連弾だけの発表会でした。

生徒さんたちが
音楽を楽しみながら学んでいくのに
何が必要かいろいろ試行錯誤した結果、

今の形になりました。

続きは明日♪

♪::・・::・♪・::・・::・♪・::・・:♪::・・::・♪・::・・::・♪・::・・:


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

第8回お勉強会開催

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

第8回お勉強会を開催しました

入間市の文化創造施設アミーゴホールにて
第8回お勉強会を開催しました。
幼稚園生から小学生、高校生まで
参加て演奏してくれました。
今年は中学生が部活や大会と
重なってしまい参加できなかったのが
残念でした。

Allemandeミュージックでは
毎年、秋に お勉強会を 行っています。

発表会と違い
お勉強会の 2ヶ月くらい前に

レッスンで 弾いている曲
バッハなどの バロック作品と
エチュードの2曲を 仕上げて弾きます。

そして、外部の先生に 演奏を聞いてもらい

アドバイスをいただきます。

今年は 横山智一先生と大原由紀先生に 来ていただきました。

なぜお勉強会?

ひとつは
あまり人前で弾かれない
バッハやエチュードを 演奏する機会を
持つのはとっても大切。
また、聴くことも経験になりますね。

お勉強会で
聴いていると
はじめてインヴェンション1番を
渡したときに
「あ、○○ちゃんが弾いていた曲」と
言ってくれます。

もう一つは 指導者として

第三の指導者から見てもらい
教室全体の方向や
私の指導の抜けがないか
確認することです。

これってものすごく 怖いのですが、
生徒さんたちの未来のため と
考えて この機会を大切にしています。

そして、褒めコメント

お勉強会で、
生徒さんたちは
お互いの演奏を聴いて
良いところを探し

「褒めコメント」を
書きます。

このコメントを読むと
この生徒さんが
どこを聴いているのか
普段、何を注意しているのか
よくわかります。

そして良いとこ探しも
だんだん上手になってきます。

幼稚園生や小学校低学年の生徒さんは

文字でなくてもOK 絵を書いてくれたり、

💮を書いてくれる生徒さんもいます。

8回目

このお勉強会 今年で8回目になります。

第1回の時 小学生で
バッハの インヴェンションを
弾く生徒さんは 1人だけでした。

今年は
参加者の3分の1が
インヴェンションで
そのうち 3名は初挑戦でした。

バッハの関門を突破すると

生徒さんの譜読みが早くなります。
楽譜の読み方も変わってくると

実感しています。

2声で左手もメロディを弾くので
テクニックの向上にもいい感じです。

バッハはやはりすごいです。

来年はバイオリンも一緒に

お勉強会が合同でしたいと 考えています。

会場はハロウィンの飾りつけがいっぱいでした。
お勉強会のあと、
みんな遊んで帰ったのかしら。


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

JJジュン・リ・ブイのリサイタル

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

昨年のショパンコンクール最年少にして第6位入賞の
JJジュン・リ・ブイのピアノリサイタル。

シゲルカワイEXの生の音をホールで聞いてみたかったのと
JJの演奏を生で聞きたかったので
とても楽しみに出かけました。

場所は大宮のRaiBoC Hall レイボックホール (市民会館おおみや)
1400席の大ホールです。

JJの演奏、一言で良かったです!

本当にすてきな低音
つやのある中音部
きれいです~っと伸びる高音

そして絶妙のバランスと
若い劇的な音楽作り。

18歳の若々しさと
あふれる音楽性。

ポロネーズでは何度も涙が出そうになり
バラードでは鳥肌がたちました。

大好きなストラヴィンスキーの火の鳥
自分の知っていロシアの昔話をもとに
心の中で
カシチェイ(コシチェイ)を描いて
楽しめました。

アンコールの前奏曲の最後の音
もう

あの低音を聞かせたくてひいた?という音で
締めくくられました。

休憩時間に
いつもオンラインで一緒の直美先生と数分会えて
ちょっとお話しできて良かったです。


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加
2022年6月3日 | カテゴリー : コンサート | 投稿者 : YukoTonsyo

2022春のクラスコンサート~褒めコメント~

ここ数日、発表会で生徒さんたちがお互いの演奏を聴いて書いた
「褒めコメント」を部屋に広げて整理しています。

幼稚園の生徒さんは字を書くのが難しいので
絵を書いてくれます。
意外とその絵がその曲のイメージにぴったりだったりして
面白いなぁと思います。

大きな生徒さんたちは小さな子たちに書くコメントに
フリガナを付けてくれていたり、
大きな字で書いてあったり、みんな優しいなぁと思います。

整理しながら、ついつい読んでしまって
なかなかはかどりません。

コメントを始めたきっかけについては
アメブロに書きましたので
よろしかったらお読みください。

アメブロはこちら


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会カウントダウン

先週プログラムが届き、今週は生徒さんにお渡ししています。
発表会褒めコメント用紙

お互いの演奏を聴いて
いいところを書きます。

クッキーも届きました。

生徒さんたち、
曲も仕上がってきて
最後のレッスンでは当日までの過ごし方、
3日前までの練習の仕方、
前日の練習の仕方を細かく伝えました。

笑顔で帰っていく生徒さんたちが
頼もしく見えます。

あと3日です。


「集い」を終えて

2021年8月9日(日)
故・多喜靖美門下生有志によるピアノ発表会「集い」第一回が
開催されました。

多喜先生が天国に逝かれてから
いつも秋に開催されていた「集い」を残したいと

門下生有志一同何度も話し合い、意見を出し合い
コロナの緊急事態宣言で延期にもなり

やっと開催にこぎつけました。

私は事務局もさせていただきましたので
参加の皆さんにはコロナ対策で不自由な思いをさせてしまいましたが

みなさん、ソーシャルディスタンスを守って
静かに参加してくださいました。

ずっと会えなかった仲間に会えただけでも本当にうれしかった。

恒例の「褒めコメント」もみんなで書きあい、
最後に分けて持ち帰りました。

演奏後にさっとマスクを外し無言で笑顔で写真撮影。

一緒に参加した息子と

そして門下生であった約10年の間一緒に集いに出ていた仲間と

近くにいた皆さんと一緒に

色々な立場で多種多様な門下生の集まり

それぞれがいろいろな思いを胸にピアノに向かいました。

今回ほど

この場所でこの空間でこの仲間の中で

ピアノを弾いて良かった、幸せだと思ったことはありません。

本当に素敵な時間でした。