2019春のクラスコンサート

昨日、発表会「第11回春のクラスコンサート」を
無事に終えました。

プログラムのご挨拶文を載せておきます。
発表会レポは順次UPします。

ごあいさつ

本日はお忙しい中「Allemandeピアノ教室 第11回春のクラスコンサート」にお越しいただき誠にありがとうございます。
この一年は『続けた先にあるものを見せたい』との想いを持って指導をしてきました。 目まぐるしく変わりゆく世界の中で何か一つのこと長く続ける大切さ、楽しさ、そしてその先にあるものを生徒さんたちに見てほしい、そんな想いをずっと抱き続けていました。

両手で弾けたことがゴールではなく、 その先に曲を仕上げていく喜びを知ってほしい。 暗譜したことがゴールではなく、 弾きこんで自分のものにした曲が宝物になる瞬間を感じてほしい。 続けていなかったら手に入らなかった物を手に入れた時に、新たに見える世界に一緒に感動し喜んであげたいと思いました。

今年もソロ演奏に加えて、小学2年生以下の生徒さんは私と連弾でピアノの音の広がりを感じてもらい、3,4年生の生徒さんはお話の朗読と合わせることでイメージをもって演奏することを知ってもらい、 5年生以上はヴァイオリンを合わせることで、弦楽器とピアノの楽器の発音の違い、 自分以外の奏者と合わせることの楽しさと大切さを知ってもらいたいと昨年と同じようにプログラムを企画をしました。
この教室で学んだ生徒さんたちにはピアノを通して豊かで楽しい人生を歩んでほしいというのが私の願いです。

最後になりましたが、 いつもレッスンにご理解ご協力をいただき子どもたちを暖かく見守り、体調管理を含め、いろいろと支えてくださいましたご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

そしていつも惜しみないご協力をくださる柳戸陽子さん、 今回も快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、 本当にありがとうございます。

皆様、どうぞ最後まで演奏をお楽しみください。

Allemandeピアノ教室 頓所 裕子

家族でコンサートに

三連休は

一日目は補講レッスン

二日目は受験生に付き添いレッスン

そして三日目

私の師事している多喜先生の門下生として先輩で息子のピアノの指導をしてくださっている横山智一先生の出演する

ジョイントリサイタル
「2019 ニューイヤーコンサート」へ

家族で聴きに行きました。


《横山先生といっしょに》

昨年秋に息子が多喜先生の門下生発表会『集い』で演奏した
リストの愛の夢
横山先生は
繊細な音作り、自由な音楽表現で演奏されていて
とてもステキでした。

ピアノ独奏のほか声楽もあり
楽しいひとときでした。

家族でコンサートに出掛けるのは数年ぶり。

家族でお互いに印象や感想を言い合えるのも

楽しいものですね。

♪:…:♪:…:♪:…:♪:…:♪

2019年1月現在の空き枠は3つです。
詳しくは 体験レッスン申し込み欄で
確認してください。

 

名曲コンサート

年の始めにまずコンサートへ

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホールで行われた

横山幸雄の名曲コンサート。

プログラムが名曲ばかりなので、お子さんたちの姿も多く、もしかしたらコンサートデビュー何て言うお子さんも居たのかしら?

バッハから始まり時代ごとにモーツァルト、ベートーヴェン、リストのソロ曲。

そしてヴァイオリンとのデュオで2曲

そのあとはショパンプログラム。

ワルツ、ノクターン、即興曲、ポロネーズと有名なものが並びました。

一時間ほどの小さなコンサートでしたが、楽しめました。

ご一緒した ひろみ先生とランチをしながら

感想を共有できたのが嬉しい時間でした。

♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=♪=

年間43回コースのレッスンは1月7日からです。

 

発表会応援に♪

私の教室の発表会は春ですが

12月に発表会を開催する教室も多いですね。

今月は2週続けてお友だちの玲奈先生、ひろみ先生の発表会の応援に行きました。

発表会のほかピティナピアノステップやコンクールなどでお会いする生徒さんたちもいるので、何年もその生徒さんを見ているため、成長がわかって本当に嬉しく聞かせてもらいました。

今日はコンクールの応援にすでに電車内です。

楽しんで弾いてくれると良いな。

多喜先生門下生発表会「集い」2018

2018年10月20日に
多喜先生門下生発表会「集い」が終わって
あっという間に一か月がたってしまいました。

ピアノ指導者26名、一般の社会人9名、
小学生3名、中学生2名、高校生2名、
一般大学生4名、音大生2名

総勢48名がソロのみ7時間かけての演奏。

演奏順は毎年同じ「門下に入った新しい人から」という順番。
なので、いつも前後付近は同じメンバーです。

同じくらいに門下になった同期生なので、
「あの方も頑張っているんだ」と私には心の支えです。

今年はバルトークを弾きました。
学生時代に試験で仕方なく弾いていたバルトークに
この歳になって改めて向き合ったのですが・・・

これが、結構、おもしろい、楽しい(^^)

いつも、大きなお心で
支えてくださる多喜先生。
感謝しています。

一緒に弾きあい会をしたり、
励ましあったひろみ先生と玲奈先生。
仲間がいるから、がんばれるところもあります。
みんな無事に弾き終えてホッと笑顔

そして後日、多喜先生のレッスンに伺ったときにいただいた
参加者全員からの「ほめコメント」
皆さんのコメントを何度も何度も読んで
目がウルウルしてしまいました。

また、今年は5年ぶりに親子参加となりました。
息子も大学生になってまたピアノの前に戻って来てくれて
嬉しく思います。

来年の「集い」は10回目。

何を弾こうかしら♪

 

 

会場予約!

入間市文化創造アトリエ・アミーゴへ
会場予約に行ってきました。

3月はいろいろなイベントが多く、
毎年、激戦なのですが、
今日は、平和に話し合いで
それぞれの希望日を決定することができました。
2019年3月に
第11回Allemandeピアノ教室の発表会を行います。

《2017年の発表会の同会場の写真》

目標の日にちが決まったら
スケジュール管理です。
私のスマホの待ち受けには
カウントダウン表示を点灯させます♪

曲決め、ソロ以外のイベント
そして必ず行っている「お話とピアノ」の
打ち合わせを朗読の柳戸陽子さんと行うなど
スケジュールを組み立てていきます。

さて、楽しみです♪

トークコンサート&ミニ講座開催♪

今日は
Allemandeピアノ教室主催で
横山智一先生をお招きして
トークコンサート&ミニ講座
~~~音楽と友だちになろう~~~
を開催しました。

秋に当教室で行っている「お勉強会」
アドバイザーとして来ていただくことになった時、
保護者の方から
「男の先生がピアノを弾くところを見たことがない」という
お話があったので、それでは見ていただこうと
計画しました。

横山智一先生は多喜先生門下生としては大先輩。
今回、お話をしたところ
気持ちよく引き受けてくださいました。


トークを交えながらプロコフィエフの前奏曲や
エリーゼのためにを演奏してくださったり、
ミニ講座として、
ピアノの構造を子どもたちに説明したり

ショパンのノクターン、マズルカ、ワルツ
そして、
ミニ講座2ではブルグミュラーの「アラベスク」を
かっこよく弾くにはというお話。

最後に、リストのハンガリー狂詩曲を演奏してくださいました。


いつもと違い、
鍵盤が良く見えるように、
ピアノを囲むように半円に設置されたイスに座った参加者。
どの位置からも目でも耳でも音楽を楽しんだようです。

熱心に楽譜に何か書き込んでいる子どもたちもいました。

あっという間の90分でした。

子どもたちはもちろん、
保護者の方々が帰りに「楽しかった」と言ってくださいました。

大人の春休み

発表会が終わって、コンクールも一段落した今年の春休みには
2つのコンサートに出かけました。
ひとつはプレハッチのリサイタル。
2005年の第15回ショパン国際ピアノコンクール優勝者でポーランド出身。
ベートヴェンもショパンもすばらしい音での音楽。
すてきでした。

オペラシティでのリサイタルだったので、コンサート前にちょっと
新宿御苑にお花見。
桜が満開できれいでした。

ふたつめは
日フィルとダンタイソンのコンサート。
それもゲネプロ見学特典付き。

午前中に集合。
入口で聴きどころの説明を受けて会場に。


ゲネプロを見学した後、一度ホールを出てランチに。
そして本番を聴くために再びホールへ。

ピアニストの手も、指揮者の顔も見られる席で
自分も一緒に演奏しているかのように感じました。

ゲネプロを聞いているので、
「ああ、あそこ、良くなってる」「ここも素敵!」などと心で思いつつ、
本番で一体化していくオケの音に心をゆだねて楽しみました。

ほんとに素敵な時間を過ごしました。

クラスコンサート~ヴァイオリン室内楽~

今回の第10回クラスコンサートでは
小学5年以上はヴァイオリンとの室内楽を必須にしました。

ステップの特別企画でも行っていますが、
Allemandeピアノ教室在席中に一度は体験してもらいたいと
思ったからです。

高学年以外でも出たい人はどうぞと声かけましたら、
小2の男の子も参加してくれました。

舞台袖から撮った写真。
上が小2男子。
下の二枚は高学年。

発表会までに2回のリハーサル
ヴァイオリンとレッスンをして
当日も合わせをしました。

生徒さんたちに感想をきいたところ
みんな「楽しかった~」と言ってくれました。

ピアノの弾き方、音の聴き方も変わって
とても勉強になったようです。

バイオリンチームの記念撮影

クラスコンサート〜お話とピアノ〜

毎回、クラスコンサートで「お話とピアノ」を企画しています。
初めて開催した小さなコンサートがきっかけでした。

第1回夏の小さなクラスコンサート
初めて生徒さんたちに「スイミー」に曲を弾いてもらいました。

第2回クリスマスコンサートでは
「あたたかいおくりもの」を私の演奏でお届けしました。

第3回秋のクラスコンサートでは
「ヘンゼルとグレーテル」

第4回春のクラスコンサート
「にじいろのさかな」

第5回春のクラスコンサート
「おくむさしのてんぐ」

第6回春のクラスコンサート
「パパお月さまとって」

第7回春のクラスコンサート
「てん」

第8回春のクラスコンサート
「スイミー」
この時、第1回の時に聴く側にいた生徒さんたちに
演奏を担当してもらいました。

第9回春のクラスコンサート
「ふくろうの染めものや」

今年は第10回の記念コンサートにふさわしい作品と思い、
工藤直子さんの詩集から「ピアノは夢をみる」にしました。

昨年10月に「お話とピアノ」に参加するメンバー8名が
うちに集まりそれぞれの場面で演奏する曲を
皆で聴いて選んでいく選曲会を行いました。

それから各自練習をして、リハーサルで朗読と合わせて通し練習。

選ぶ曲はオリジナルではなく、普通のピアノ曲。
それなのに、選んでそのシーンを思い浮かべると
なぜかこの曲はこの話の為にあるのではないか?・・・と。
毎回不思議に思います。

今回も、
「このところはこの文章のところだね」という
ぴったりハマったところが何カ所もありました。

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚

毎年、みんなで参加する気持ちを持つために、
少しずつ何かを作ってもらっていました。
「ヘンゼルとグレーテル」の時は
お菓子の家にくっつけるお菓子。
「お月様とって!」のときは
星を作ってもらって貼りました
「スイミー」ではたくさんの赤い魚を作りましたね🐟🐟🐟
お魚を貼った様子はこちら→クリック
昨年の「ふくろうの染めものや」では
葉っぱに夢を書いてもらいました。

今回は生徒さんに「もしお家のピアノが夢を見たら?」
というテーマでピアノの形の色紙にそれぞれ好きに書いてもらい
受付に出してもらいました。
 

ピアノがお花畑にいる夢とお花の絵を描いた生徒さん
ピアノが泳いでる夢とお魚の絵を描いた生徒さん

中には
「○○が(←本人)ちがうピアノでれんしゅうしてる~」
「広いホールでおとを響かせる夢をみてる」
「ぼくがれんしゅうしてよろこんでる夢をみてる」
「広い森をかけまわってる夢を見てる」
読んでいて思わず心が温まる言葉がいっぱい。
しばらく、教室に貼ることにしました。


柳戸陽子さんの朗読

とてもすてきな作品になりました。