第4回表参道支部総会

今日は表参道支部の総会でした。
前年度の活動報告として
飯能ステップの運営のことをお話してきました。

他のステーションの活動の報告を聞きながら
来年に向けていろいろ参考になることがありました。

支部長の金子勝子先生もお元気そうで良かったです。

テーブルをご一緒した先生方とは
また新たなイベントを始められそうで
楽しみです。

指導者ライセンス筆記試験

5月11日(木)
ピティナ指導者ライセンス筆記試験を
クローズの形で開催いたしました。

飯能ミュジークフォレステーションで開催するのは
初めてなので、一度、スタッフで行ってみようとチャレンジいたしました。
スタッフの一人を試験官にお願いし、
メンバーのうち私を含めて4名が受験しました。


久しぶりに学生の気分で
試験勉強をしました。

今回の課題曲はコンペ課題曲の中から5曲。
それぞれの曲の作曲者、その時代背景や
曲のアナリーゼそして指導の方法まで
色々な角度から自分で課題を探して勉強していくのは
楽しかったです。
結果・・・・どうでしょうか?

表参道支部総会

表参道支部の総会に出席いたしました。

埼玉の南部にありながら
表参道支部の協力ステーションとして所属させていただいておりますのは
(株)河合楽器製作所様とカワイふじみ野ショップ様のお力添えで
ステーションを立ち上げたおかげです。

金子勝子先生を支部長として
活躍なさっている先生方の中で
飯能ミュジークフォレステーションの活動報告をさせていただきました。

今月のステップにアドバイザーとしてお見えになる
黒川ちとし先生ともお会いでき、
お話しできてよかったです。

以前、室内楽クラスでご一緒させていただいた
あつぎwakuwakuステーションの神田裕子先生や
横浜つづきステーションの寺北香苗先生と
同席させていただきました。

総会後の懇親会で。
20160608

表参道支部総会

表参道支部の総会に初めて
飯能ミュジークフォレステーション代表として
出席させていただきました。

昨年6月に飯能にステーションを立ち上げる際、
支援してくださったカワイ埼玉営業部、カワイふじみ野ショップの関係で
表参道支部に所属することになりました。

総会では
支部長 金子勝子先生のご挨拶に始まり、
事務局スタッフの紹介、
活動報告、決算報告
そして、8つの協力ステーションの代表が
ステーション紹介と活動報告を行いました。

名だたる先生方の中で、少々緊張しましたが、
飯能のステーションでの活動
(ステップオプション企画・後援・広告)について
報告させていただきました。

DSC02265_1

お話をさせていただいた後、ほかの地区の先生方に
「参考になった」「もっと聞きたいです」と

お声をかけられて、うれしく思いました。

その後、ミニコンサート
中澤真麻先生のピアノ、小関郁先生のヴァイオリンで
ショパンやクライスラーやピアソラなど。

そして、懇談会。
久しぶりにお会いした先生や初めてお会いする先生と
色々なお話が出来て、大変有意義な時間でした。
DSC02298_1

おくむさしのてんぐ 選曲会

3月8日(日)午前中は詩音の会のリハーサル会

DSC_0706

そして午後は場所を変えて、
飯能ステップ特別企画2の

「お話とピアノ演奏~おくむさしのてんぐ~」の選曲会
行いました。

特別企画に参加申し込みをしてくださった8名の演奏者、
こどもの参加者の指導者と保護者、大人の参加者が集まりました。

地元近隣の子どもの生徒さんたち、
ピティナのホームページで特別企画をしり東京都から応募してくださった大人の方、
FBつながりで参加を決めた川崎から参加の指導者の方。

自己紹介をしながら、
それぞれ希望の挿入部分の曲について音を出して、前後の文章を読みながら選んでいきました。

1425806035698

何曲か候補があるときは、子どもたちに意見を聞いたり、
また、この曲が弾きたいという希望には、文章の何所に挿入したら効果的か、
みんなで考えていきました。

自分の知っている曲もあり、知らない曲もあり、
それぞれの曲がお話の中で輝いていくのを感じ、
とっても楽しい時間となりました

8曲すべてが決まり、あとは各自練習しましょう♪と別れました。

今度会うのは6月20日のリハーサル。

通し稽古となります。今からとっても楽しみです。

第一回 PTNAピアノステップ飯能地区

SCN_0081_1

飯能ステップの受付が開始いたしました。

ステップはピアノをはじめたばかりの方から指導者まで年齢を問わずどなたでも参加いただけるステージです。

飯能特別企画として2つご用意させていただきました。

1室内楽「チェリストと夢の競演」

2お話とピアノ「おくむさしのてんぐ」

詳細はPTNAホームページから→こちら

皆様の参加をお待ちしております。

ステップ説明会終了

1月11日(月・祝)

無事にステップ説明会が終わりました。

連休、祝日にも関わらず、たくさんのピアノ指導者の皆様にお越しいただきました。

講師は多喜靖美先生。

また、ピアノ指導者の方々だけでなく、PTNAステップアドバイザーをしている

福田千恵子先生、日下部満三先生もご参加くださり、

大変うれしくまた心強く思いました。

ステップ説明会実施レポートはPTNAホームページの

飯能ミュジークフォレステーションブログにアップされています。

どうぞ合わせてご覧ください。

 

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

【お知らせ】

♪2015年6月28日(日)飯能市市民会館小ホールで飯能ステップ開催です。

参加者募集中です。申し込みはこちら

♪新規の生徒募集は空き時間が確定しましたら『生徒募集のカテゴリー』でお知らせいたします。

セミナーの後は個人レッスン

午前中のセミナーが終わって、多喜先生とスタッフでランチをした後、

再び、アミーゴに戻り、午後は多喜先生の個人レッスンをお願いしました。

参加者はステーションスタッフの指導者2名、そして子どもたち8名。

 

DSC_0525

 

私は会場係でずっとその場に居合わせていたのですが、

午前中のセミナーで拍子のお話を聞いたので、

先生のおっしゃる意味がよく理解できました。

かといって、多喜先生は難しいことをおっしゃるわけでも、

無理難題をおっしゃるわけでもなく、

拍子、和声感、曲の組み立てかた、そして、どの音を聴くのか。

そんな指示がすとんと入った瞬間見違えるような演奏に変わっていくのを目の当たりにしました。

スタッフのH先生のレッスンはとくに素晴らしかった。あの瞬間に居られて、思わずウルウルしてしまいました。

子どもたちの演奏も生き生きとしていくのはなぜでしょう。

魔法にかかったような気分でした。

小学2年の生徒さんのお母さまも聞いていて「すごい!変わった、忘れないように帰ってすぐに弾かなくては!」と

あわてて帰っていき、寒空の中、コートを忘れて行ってしまいました。

そんな素敵な多喜先生のアドバイスを来年6月の飯能ステップでもらうことが出来ます。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

セミナー終了♪

12月11日(木)曇り空時々雨?

ステーションとして開催するセミナー第二弾

 「目からウロコのピアノレッスン
   教えて多喜先生!そもそも拍子ってなんですか?」

005-a

ピアノ演奏をしたり、指導をしたりしていて、知っている「拍子」

でも説明できない「拍子」

ずっとずっと聞きたかったこの拍子をテーマに

多喜先生をお招きしてのセミナーでした。

多喜先生は拍子のとらえ方が違うと

どう演奏が違うのかを弾き分けてくださり、とてもわかりやすく勉強になるセミナーでした。

003-a

みなさんの目からたくさんのウロコが落ちたようです。

ステーションからお願いしたアンケートを集計しました。

◆今日の目からウロコは何ですか?(*は回答数)

・拍子が波 ********
・強 弱 中強 弱 の話 *****
・4分の4と2分の2  4分の3と8分の6の違い ****
・すべての曲がアウフタクト ****
・シューマンの子どもの情景の話 ***
・風船の話、大縄の話 **
・拍子に支配された和声 **
・作曲家が示した拍子には意味がある *
・ブルグミュラーの拍子の話 *
・1拍目は強ではない。 *

◆その他

♪もっと演奏を拝聴していたかった
♪漠然としていた拍子が理解できた。あっという間の2時間だった。
♪生徒に分かり易く説明できそう。
♪続いて多喜先生のセミナー希望
♪先生のお話が分かり易く、実演も入っていて良かった。
♪レッスンに活用させていただきます。
♪会場の作りのせいか先生が身近に感じられ、お話されることが伝わってきました。
♪子育て中であまり自由時間がないため、地元で参加していきたい。
♪また参加したい
♪実践的で楽しい内容でした。また参加したいです。
♪拍子は普段意識しつつも、確実なものではなく、自信のない分野でもあったので、
自分も学びつつ生徒さんのリズム(演奏)の向上に役に立つなぁと実感。
♪貴重なお話ありがとうございました。
♪シューマン、家に帰って弾いて感じてみたいです
♪シューマンのお話にうろこがポロポロ。

006-

師走のお忙しい中、入間市仏子にたくさんの先生方が集まっていただき
ありがとうございました。
遠く岡山、長野からも駆けつけてくださった先生もいらして、本当にうれしかったです。

007-a

また皆さんと一緒に学べる機会を作りたいと思っています。

飯能ミュジークフォレステーションのスタッフ一同、お目にかかれる日を楽しみにしています。

ステーション通信1210

【飯能ミュジークフォレステーションの近況です】

明日の多喜先生のセミナーの準備もですが、

並行して、ピアノ・ステップの説明会の準備、飯能ピアノ・ステップの開催の準備も進めています。

今日は朝一番で入間市市役所まで行ってきました。

来年開催するピアノ・ステップの後援名義使用申請をするためです。

飯能近隣のピアノ指導者の方々、ピアノを習っている方々が一人でも多く参加してもらえるように、

スタッフで、手分けして近隣の市からの後援の申請を出しました。

今日の入間市が申請許可されると、

後援取得数12団体になります!

埼玉県、埼玉県教育委員会、飯能市、飯能市教育委員会、日高市、日高市教育委員会、

入間市(申請中)、入間市教育委員会(申請中)

飯能市商工会議、(株)河合楽器製作所、(株)文化新聞社、

飯能ケーブルテレビ(申請中)

こうして、たくさんの申請が出せたのは、人のつながりのおかげでした。

ミュジークフォレの森にはいろいろな人が居てくださって、

みんなが、協力してくれるおかげです。

こうして、輪が広がっていけるそんなステーションであることがうれしいです。