決めつけない、思い込まない

我が家の愛犬ウェルシュコーギーのスコットは13歳8か月。

HP_1
若いころはかなりの運動量だったのに
今年の夏あたりから、あまり歩かないようになりました。

私も「歩かないから」と お散歩も10mくらい離れた空き地まで。
以前よく車で公園にも行っていましたが、
「きっと歩かないし、歩きたくないんだわ」と
ずっと家の庭くらいにしか出してあげていませんでした。

先日、10年前から会いたかったイヌ友に会えました。

知多半島からコーギーを2匹連れてきてくれたNさんは
コーギーつながりでネットで知り合いました。
8年ほど前、ピアノ教室で使うお手玉を
Nさんのお母さまに作っていただいたことがあります。

所沢から来たイヌ友のMさんはトールペイントの先生。
自宅でお教室をやろうと決めた時に
ウエルカムボードを書いていただきました。
そんなご縁のイヌ友のお二人に会えるというので、
「きっと歩かない」我が家のスコットを連れて行きました。

ずっと抱っこかしらと思ったら・・・ 歩く歩く・・・
お友だちの後をくっついて うろうろと楽しそうに。
数か月分 歩いたのではないでしょうか。

生き生きと楽しそうなスコットの姿を見て、
決めつけないで、思い込まないで
もっと外に連れてきてあげなくてはと思いました。

生徒さんも同じですね。

この生徒さんはこういう曲が好きだからとか
この生徒さんは塾とかに行っていて忙しいから
練習時間がないだろうとか この生徒さんの仕上がりはこの辺とか
指導者が決めつけたり、思い込んだりすると
生徒さんたちの大切なチャンスを逃してしまいます。

今回はワンちゃんたちが大切なことを教えてくれました。

遠くから会いに来てくれた アニスちゃん、ヒースくん ありがとう。
HP_2

左から アニスちゃん ヒース君 スコット

2015年10月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Yuko T

ステップでつながる生徒と指導者の輪

飯能ステップのレポの途中ですが、
お友だちの先生の発表会に行ってきたので、
そちらの記事を先に。

11038867_850930764990917_3673669251193912865_n

ずっとバスティン研究会で一緒だった先生
バスティン研究会をお互い卒業してから、
なかなか会う機会がなかったのですが、
先月の飯能ステップに
清瀬市から生徒さんを2人参加させてくださったT先生。

発表会を開催するというので、応援に行ってきました。

スマホを忘れて出かけたので会場の写真が撮れませんでしたが
清瀬駅から近く、きれいなホールでした。

前半のソロの部で、
先日、飯能ステップで弾いてくださった生徒さん2人が出演していました。

ステップではお手伝いの合間に舞台袖から聴いていたのですが、
発表会当日の演奏は格段に演奏力がアップしていました。
自信を持って弾いている感じで、
音楽を楽しんでいるのが伝わってきました。

そして、本当にびっくりしたが、
4、5年前、所沢のステップでうちの生徒さんと仲良くなってお手紙交換をしていたHちゃん。

小学生だった彼女の演奏は、印象的で上手だなぁと思ったのを覚えています。
その彼女が中学生になって、
部活をやりながら続けていて、
真っ赤なロングドレスでショパンの幻想即興曲を弾いていました。

初め、背がすらっと伸びた彼女がわからず、
あの時の!
そう思ったら、もう、目がウルウルしてしまって・・・
本当に丁寧に指導なさっているのが良くわかりましたし、
生徒さんもちゃんと先生を信じて歩いてたのでしょう。

うれしくなってしまいました。

ステップで、ほかのお教室の生徒さんの演奏を聞いたり、
指導者同志で、情報交換をしたり、
そして、生徒さん同士が仲良くなったり、
こうして広がっていく輪のなかで
成長していく子どもたちを見ることが出来るのって
やっぱりうれしいです。

 

 

ビブリオバトル

今日は子ども図書館にて
飯能市図書館協議会委員委嘱式と
第一回図書館協議会が行われました。
引き続き、今期も図書館協議委員として
微力ながら務めさせていただきます。

DSC_1050

協議の途中で「ビブリオバトル」の話を伺いました。
1、お気に入りの本を持って集まる!
2、順番に一人5分で紹介する!(+2~3分のディスカッション)
3、「どの本を一番読みたくなったか?」で投票を行い チャンプ本 を決める!

これって、ピアノ曲でもできないのかしら?と思いました。
小学生の生徒たちで同レベルくらいの子たちに
自分のお気に入りの曲を演奏付きで紹介しあう。
どこがステキで、どこが好きかとか紹介する。
そして、一番「弾いてみたくなった」曲をチャンプ曲として、
みんなそれを弾いてくる宿題に・・・

ふふ、ちょっと楽しそう。

夏休みに計画してみようかしら

 

2015年5月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Yuko T

朝読書の読み聞かせ開始♪

 先日、図書ボランティアで朝読書の読み聞かせに
小学一年生のクラスに行きました。

一か月ちょっと前まで幼稚園生だった子どもたち。

すっかり小学生の顔になっていました。

初めに読んだ絵本「くまくん」
くまくん

表紙の熊を見た瞬間子どもたちの中から「へ~熊、黒いんだ」

「?」

熊って黒いと思いますが・・・
こどもたちは、アニメとかにでてくる「白熊」を「熊」と思っているのかしら?

次に語りで「もっとお話とあそぼう」から「コカのカメ」
もっとお話とあそぼう―聞き手参加とタンデムのストーリーテリング

私が「次はアフリカの昔話ね」というと

一人の子が「知ってる~アフリカ!アザラシのいるところ!!!」

「???」

アザラシ・・・アフリカにいたかしら?
アフリカというとキリンとかゾウとか・・・じゃないの?

その時は半信半疑。クラスの中で否定するのもと思い、
「いるのかな?」と言って、

「コカのカメ」のお話を始めましたが、
気になって、帰ってきてから調べたら、
いるんですね~
アフリカ南西部に位置するナミビアの大西洋と砂漠の間の海岸に
アザラシのコロニーが見られるそうです。

小学一年生から学びました。

今年も一年、読み聞かせに行きます。よろしくね。

2015年5月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Yuko T

忘れ物

昨日のレッスンの後、忘れ物に気が付きました。

レッスンでお手玉を使った後、
「うさぎさん、ここで寝て良いよ~」っと

お手玉にウサギを乗せてた生徒ちゃん。
そのまま置いていっちゃった。

夜、生徒ちゃんのお母さまにメールで伝えました。

「うさぎさんが、お手玉を預かっていますよ」


DSC_1005

姉弟での母の日プレゼント♪

「ひみつのピアノ大作戦」姉弟バージョン

ピアノを習って5年目のお姉ちゃんと習い始めて1ヶ月の弟さんで遂行。
お姉ちゃんのSちゃんに、「弟さんと一緒に弾いたら素敵だね」と
丸子あかね先生の「ちいさなおんがくかい」より一曲えらびました。
習い始めの弟さんには一音だけ担当してもらうことにして、
家でお姉ちゃんが教えるという形で。

けんばんの学習 いっしょにひこう!はじめてのピアノ ちいさなおんがくかい(1)音の名前とリズム

お母さまから翌日メールをいただきました。
許可をいただきましたのでご紹介します。

昨日、姉と弟からピアノ演奏のプレゼントをもらいました

ゆうこ先生から、母の日にお母さんに弾いて聴かせてあげてね、
と言われていたからとのことで、
思いがけない母の日のプレゼントに驚くやら嬉しいやらで、
心温まる母の日となりました。

何かコソコソしていたり、
秘密の指令?とはこのことだったのですね!

 おかげさまで思い出に残る母の日となりました。
あたたかなご配慮をいただきましてどうもありがとうございます。

ひみつの作戦の秘話♪

Y君。
いつも自転車で15分かけてレッスンにやってきます。
のんびり屋さんで、ゆっくりとテキストを進めています。

そんな彼が今年の発表会にどうしても連弾で 

kaizokuパイレースオブカリビアンの
「彼こそが海賊」を弾きたいと言いました。

彼なりに、一生懸命練習していたのに・・・発表会前日の発熱
残念ながら欠席となりました。

そこで、5月の母の日の作戦をちょっと変更。
一曲弾くのと一緒に、

レッスンの時に連弾を録画してお母さまに送りました。

 

そのお母さまからのコメントです。

Yの好きな、自分で弾いたいと言っていた、
『彼こそが海賊』を
先生と連弾で弾く事になり親子共に
すごく楽しみにしていたクラスコンサート、

前日から高熱を出し出る事が出来なくなって
聴くことが出来なかった私はすごく残念で・・・

連弾を録画して先生が送ってくれました。

母の日のプレゼントだよ。
と言われ嬉しくて何度も何度も見ました。
その後ピアノを弾いて、手紙をもらい。
嬉しい母の日になりました。

先生の協力のもと、ありがとうございました。

私もお母さまに聴いてほしかったです。
またいつか、連弾しましょうね。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン食べ物編

 

コンサートももちろん楽しみですが、

何が楽しみって、LFJに来たら ネオ屋台村スーパークラシック

今年は「爆弾玉」がなかったのですが・・・(泣き)

朝のバッハと聞き終わって
幸せいっぱいのところでワインを飲むことに。
ロティスリーチキンのお店で
チキンとチーズパンとポテトと赤ワイン

DSC_0922
 IMG_20150505_070134

 

デザートは米粉入りクレープのチョコバナナキャラメルとコーヒー
IMG_20150505_070210 DSC_0927

エリアコンサートの後、
丸ビルの椿屋でシフォンケーキとコーヒー

DSC_0932

多喜先生から☎で、新丸ビルで合流。チョコレートを・・・(めちゃくちゃおいしかった)

DSC_0933

そこから走って東京国際フォーラムへ戻り
バッハの3台ピアノコンチェルトを聞いて

帰りに東京駅で裕美子先生と乾杯!
スパークリングワイン、キッシュ、カルパッチョなどなど・・・

裕美子先生からステップのお話もいっぱい聞けて、良かったです。

DSC_0937

楽しい、お腹も心も、耳も幸せな一日でした。

2015年5月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Yuko T

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015

発表会後のお楽しみ【その3】

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン

今年も考えていなかったのですが、ひょんなことから、
松本裕美子先生とご一緒させていただくことになりました。
DSC_0940


朝一番のコンサートはホールBで

J.S.Bachのヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、そして
2つのヴァイオリンのための協奏曲の3曲。

BWV1041~1043と作品番号を続けて3曲聴くことなんてめったにない。
ついでに、ヴァイオリン協奏曲はCDでは聴きますが、
なかなかコンサートに出向かないので、生で聴くのは初めて。

2つのヴァイオリンのための協奏曲は
2名の独奏者が掛け合いが生み出すポリフォニーが素晴らしく
幸せそうに演奏している音が気持ちよかった。
ピアノってあれを両手でやっているのに
なんでつまらなくなってしまうのでしょう???

DSC_0920

朝の素敵なバッハの後はちょっと休憩してそれから
エリアコンサートへ。

PTNAの「ステーション代表の先生がプロデュースするコンサート」として、
多喜靖美先生(ジャスミンKOMAEステーション)の
「スメタナの深い心の奥のパシオン」

いつもの室内楽の弦楽器の先生方、そして門下の方々のピアノ。
PTNAの福田専務理事様もいらしてました。

DSC_0003

その後、「室内楽で創造するパシオン」として
「祈りの放課後~恋する丸の内」のコンサート。

同じ門下の菅谷詩織さんの鍵盤ハーモニカとリコーダーのセッション。
外の会場で少し風が強かったので、楽譜を押さえるスタッフの方・・・

木々のざわめき、風の音、そんな中での鍵ハモとリコーダーのやさしい音が心地よかった。

IMG_20150505_070301

門下生のコンサートに応援に行けば必ず会う門下生同士(笑)
しばし、丸の内ビル内でお茶をして、
それぞれ違ったコンサートへ。
私と裕美子先生はホールAのJ.S.バッハの3台のピアノのための協奏曲のコンサートへ

DSC_0934

これは聞いて本当に良かったです。
大きなホールで反響も良く、まるで大聖堂の中のような響き。
2階席1列目でかぶりつきで聞いていました。

朝、バッハに始まり、夜バッハに終わった
幸せな一日でした。