お勉強会で学ぶこと

昨日、4回目のお勉強会を終えました。

入間市文化創造アトリエアミーゴはハロウィンの飾りつけになっていました。

このお勉強会はお楽しみ会でも、発表会でもないのです。

そしてバッハやエチュード(練習曲)を暗譜で弾くことだけが勉強ではないのです。

生徒さんは自分が弾くだけでなく、お友達一人一人の演奏を聞いてコメントを書きます。

初めのうちは聞き所が分からない生徒たち。

「じょうずでした」「よかったよ」

というコメントが多かったのですが、最近は

どこが良かったか。どうよかったのかが書けるようになりました。

演奏だけでなくお手伝いもします。

4年生5名は最後にコメントバインダーを集めて用紙を分けてもらう、
ご褒美グッズを渡してもらう係。

5年生~中学生は司会を担当してもらいました。
希望は聞かずに担当を、こちらで割り振りました。

普段は絶対にやると言わない生徒さんも司会を
やってみたら意外と上手でした。

やってみないと分からないことありますね。

過去3回いつも椅子足台係をしてくれているYくん。
今年は受験生で平日は塾に。
その合間にピアノレッスンに来てくれています。

今回は演奏はしないけれど「僕、足台係やりますから」と
勉強の合間に手伝いに来てくれました。

ステップやコンクールで自分で足台を、持って出て
演奏する予定のある生徒さんは自分で設置して
椅子を直して演奏する経験もしてもらいました。

同じようにお母様が設置する方はお母様に経験してもらいました。

そして先輩お友達の弾くバッハやツェルニーの曲。

普段CDとかではあまり聞かない曲も、

お勉強で聞けば「知らない曲」から「知っている曲」に変わります。

このお陰で、最近はインヴェンションに入る生徒たちの抵抗が減りました。
「あのとき ○○ちゃんが弾いていた1番だ!」と飛びつく子もいます。

そしてインベンションで培った「歌う左手」は
どの曲を弾くときにでも役に立つのです。

お勉強会が小さな一段だった生徒さんも

大きな一段落で登るのに苦労した生徒さんも、

とにかく一段上がったのです。

なにもしなかったら同じ場所にいたはず。

それは私も同じです。

指導しながら私も一段ずつ上がっていかないと、生徒さんたちを導くことができませんから。

さあ、また来年に向けて登ります。

第四回お勉強会開催しました

10月14日

アドバイザーに松本裕美子先生、横山智一先生をお招きして
4回目のお勉強会を開催しました。

生徒たちにとっては先輩が弾くバッハやツェルニーを聞くチャンス。

指導者にとっては自分の生徒たちを丸ごと見ていただけるというチャンスではありますが、
まな板の上に乗ったコイ >゜))彡 の気分でもあります。

指導のブレが無いか
見落としていることが無いか
第3、第4の目と耳で確認していただけることは
私自身の指導の勉強になります。

松本裕美子先生は第一回からずっと私の生徒たちの成長を
見守ってくださっています。

横山智一先生は今回初めてアドバイスをお願いしました。
新鮮な目と耳で聞いていただくことで
今の私の指導の現状を把握していただくことができました。

  

今回お二人からは
「呼吸」と「音楽を素直に感じる」ことのアドバイスをいただきました。

そして、松本裕美子先生からは
1回目から毎年少しずつレベルアップしていたけれど
今年は特に生徒たちが飛躍的に伸びたという言葉をいただいて
とてもうれしかったです。

先生方、ありがとうございました。

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆

今までの記事はこちらです。

第1回お勉強会

第2回お勉強会

第3回お勉強会

日曜日はお勉強会

 日曜日は第4回お勉強会です。

松本裕美子先生が10年以上続けていらっしゃる「お勉強会」の趣旨に賛同しうちのお教室に取り入れて4回目。

発表会とは違い、2ヶ月くらい前にレッスンで練習している曲でバッハとエチュードを暗譜で弾き、外部の指導者にアドレスをいただくと言うもの。

今年も余裕の子も、今週ラストスパート全開の子もいますが(^_^;) みんな頑張っています。

見学希望の方はメールでお知らせください。

 

たんぽぽピアノ教室のお勉強会

9月2日

松本裕美子先生の
たんぽぽピアノ教室の
お勉強会に伺いました。

たんぽぽピアノ教室の
発表会やリハーサル、
お勉強会には見学には何度か伺いましたが
お勉強会のアドバイザーとして行くのは初めて。

少し緊張しましたが、
子どもたちの演奏を聴いて夢中でコメントを書き続けました。

 

裕美子先生の指導が行き届いていて
よく弾ける生徒さんが多く、
どの演奏も聞いていて心地よく楽しかったです。
過去に演奏を聴いたことのある生徒さんは特に
この数年での成長に驚きました。

裕美子先生のお勉強会を初めて見学してから4年。

私の教室でもお勉強会を開催するようになって
今年で4回目になります。

バロック作品と練習曲を暗譜で演奏するということが課題。

3年間開催してみて
この課題をこなすことが
今後の成長につながることを実感しています。

先輩教室のお勉強会のアドバイザーをさせていただいて
改めてこの意義の大きさを感じました。

裕美子先生のブログはこちら
勉強会終わりました-1-

勉強会終わりました-2-

Allemandeピアノ教室でのお勉強会はこちら
第一回お勉強会

第二回お勉強会

第三回お勉強会

 

トークコンサート&ミニ講座開催♪

今日は
Allemandeピアノ教室主催で
横山智一先生をお招きして
トークコンサート&ミニ講座
~~~音楽と友だちになろう~~~
を開催しました。

秋に当教室で行っている「お勉強会」
アドバイザーとして来ていただくことになった時、
保護者の方から
「男の先生がピアノを弾くところを見たことがない」という
お話があったので、それでは見ていただこうと
計画しました。

横山智一先生は多喜先生門下生としては大先輩。
今回、お話をしたところ
気持ちよく引き受けてくださいました。


トークを交えながらプロコフィエフの前奏曲や
エリーゼのためにを演奏してくださったり、
ミニ講座として、
ピアノの構造を子どもたちに説明したり

ショパンのノクターン、マズルカ、ワルツ
そして、
ミニ講座2ではブルグミュラーの「アラベスク」を
かっこよく弾くにはというお話。

最後に、リストのハンガリー狂詩曲を演奏してくださいました。


いつもと違い、
鍵盤が良く見えるように、
ピアノを囲むように半円に設置されたイスに座った参加者。
どの位置からも目でも耳でも音楽を楽しんだようです。

熱心に楽譜に何か書き込んでいる子どもたちもいました。

あっという間の90分でした。

子どもたちはもちろん、
保護者の方々が帰りに「楽しかった」と言ってくださいました。

第三回 お勉強会

昨日10月22日に台風の近づく雨の中、
第三回お勉強会を開催しました。

2016年の第二回お勉強会の記事はこちら

2015年の第一回お勉強会の記事はこちら

今回は生徒さんたちにぜひこのピアノで弾いてもらいたいと思い
会場をベヒシュタイン武蔵ホールにて行いました。

 

お勉強会は発表会と違います。

2ヶ月前に(夏休み入る前あたり)にレッスンしている曲の中から
バッハ(またはポリフォニーの曲)とエチュードを暗譜で弾き
他の先生2名からアドバイスをもらうというもの。

今回も横浜から長崎正子先生、草加から松本裕美子先生をお呼びして
生徒たちの演奏を聴いていただきました。

そして、ただのお楽しみ会とも違います。

みんな真剣に2曲に取り組み、人前で弾くということで、
自分たちのどこができて、どこができなかったかを確認する会です。
先生方にアドバイスをもらい、
お友だちにコメントを書き、演奏の良いところを探します。
お姉さん、お兄さんたちの演奏を聴いて、
いつか進んだらこんな曲が弾けるんだという経験にもなります。

終演後 長崎先生と松本先生から
お教室の全体のこと、
指導の方向性、生徒たちのことなどアドバイスをいただきました。

生徒さんたちが書いたコメント・・・・
1人6枚23人分(全部で何枚かしら。恐ろしくて数えられない)

コメントを切り離し、一人ずつにまとめて
今日のレッスンから配り始めました。

さあ、またみんな一歩前に進んだね。

また、ピアノをたくさん弾いていきましょうね。

私は、2名の先生のアドバイスを元に
これから1年間の指導の方針、方向性が明確になりましたので、
生徒さんたちを育てるために
アドバイスを活かしてレッスンをしていきたいと思います。

第1回クロワールエード開催

松本裕美子先生のプライベートセミナー
『クロワール』詳しくはこちらをクリック

そのクロワールを受講した指導者の生徒さんを
松本裕美子先生にレッスンしてもらい、
指導者としてのカウンセリングを受ける今回の企画
『クロワールエード』
エード<aide>とは 助け、援助という意味に近いそうです。

一緒に受講した日高市の浅賀ひろみ先生と一緒に
『クロワールエード』を年3回の予定で計画しました。

場所は所沢ミューズ第一練習室

今回うちのお教室からは4人の生徒さんが
裕美子先生のレッスンを受けました。

初めての先生(でも、お勉強会でいつも見かけている裕美子先生ですが)
それから、聴講の先生も2名いらして、緊張気味だった生徒さんたち。
でもすぐに、裕美子先生のやさしい口調ににっこり。
音楽を作ること、音楽にノルこと、指をどう作るか、
1人25分という短い時間ですてきなお土産をもらったようです。

その日にお母様方から、
「大変良い経験をさせていただきました」と
メッセージをいただきました。
私はその後この1週間のレッスンで子どもたちの様子を確認したところ・・・

みんな、何かしら考えて練習をしてきたようで、
その痕跡がはっきりとわかりました。刺激になったのね♪

「いつも言ってること」「同じこと」でも
違う先生に言われると「ハッ!」と思ったり、
目先が変わるとやる気につながったりするようです。

裕美子先生のカウンセリングで
私はやっているつもりでも生徒さんに浸透していないことを再確認。

裕美子先生と一緒に開催したひろみ先生

次回は11月を予定しています。
裕美子先生、またいらしてくださいね。

♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

裕美子先生のブログもどうぞ
プライベートセミナークロワール

第二回 お勉強会

dsc_0175
第二回 お勉強会を開催しました。

昨年の第一回お勉強会より一か月早い開催でした。

今年は全員参加。
そして、誰一人休むこともなく演奏することができました。

課題はバロック時代の曲とエチュード。

生徒さんたちのなかなかできない暗譜に
「楽譜いて弾く?」という言葉が喉から出かかりましたが。
最後まであきらめることなく練習をしてもらいました。

アドバイスに昨年同様、
横浜から長崎正子先生、草加から松本裕美子先生をお呼びして
全員の演奏にコメントをいただきました。
そして生徒さんたちにはお互いにコメントを書いてもらいました。

先生たちの講評では
拍子を意識すること
抽象的な感情をどう具体化して演奏するか
暗譜の極意など お話しくださり、
後日、保護者の方々からなるほどと思ったり、
考えさせられたりしたと感想をいただきました。

そして何より、

先生方が

一年前の演奏を覚えていてくれたことがとてもうれしかったそうです。

私にとっては、まな板の上のコイ状態。
発表会と違って、バロック作品とエチュードが並ぶと
指導の長所短所があらわになります。

でもこれも、自分のため
そして生徒さんたちのため。
指導がぶれていないか確認できるのが勉強になります。

dsc_0239

今年は小学4年生以上11名に係をお願いしました。
みんなそれぞれ、司会係、イス足台係、グッズを取るのを手伝う係などよくやってくれました。

192774 192772

終って午後は同じ会場で
一週間後の門下生発表会集いのためのリハーサル会。
近隣の門下生5名

dsc_0245-1

朝からのイベントでしたが、がんばりました。
生徒さんたちも頑張ったので、
私も負けられないわ・・・♪
192768

お互いに、気になるところを言ったり、
こうしたらいいんじゃないかと話し合ったり、
励ましあったり・・・

そして、仲間がいるってやはり心強い。
*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*:.:*

お勉強会にアドバイザーとして来てくださった
松本裕美子先生のブログに
Allemandeピアノ教室のお勉強会の記事がUpされています。こちらクリック

ハロウィンミッション2016

今週末のお勉強会に向けて
今週のレッスンではプチリハーサル。

前後の生徒さんと弾きあい会をします。

そしてお家でもリハーサルをしてほしい。
dsc_0175

そこで・・・

ハロウィンミッション!

ミッション1)
お家でお勉強会の曲を誰かに聞いてもらう。
保護者の方にミッションクリアの連絡をメールかノートに書いてもらう。

ミッション2)
10/17(月)~10/22(土)までのレッスンに
ハロウィンの仮装またはオレンジ色のものを身に着けてきて、
お勉強会の曲を弾く。

ミッションをクリアしたらハロウィン消しゴム付き鉛筆をプレゼント。
dsc_0176

初日の今日、かわいいパイレーツや
不思議の国のアリス、魔女の宅急便のキキがやってきました。

ぼくも仮装して待ってます byにゃんこ先生
dsc_0187