第6回 お勉強会

2020年10月25日(日)
第6回 お勉強会を開催しました。

コロナ禍の中、開催を悩みましたが、
少しでも生徒さんたちにステージ経験をしてほしい、
目標をもって練習してほしいと思い、
感染症対策をしっかりして、行いました。

場所は入間市文化創造アトリエ アミーゴホール。
ホールの周りはハロウィンの飾りで
雰囲気が素敵でした。

そして青空!

生徒さんたちは
バッハもしくはそれに準ずるバロック作品と
練習曲を暗譜でひいてもらい
アドバイザーとしてお呼びした
横山智一先生、大原由紀先生にメッセージを書いていただきます。

演奏後にはお二人の先生から講評をいただきました。


横山先生からは
「大変きれいな音でピアノを弾いている生徒さんが多いです」とほめていただきました。そして「拍を感じられるので、今度は拍子の波に乗ること」「音の行先を意識しよう」とアドバイスをいただきました。
大原先生からは
「音の幅、音程が離れた時の感じ」について具体的なわかりやすいお話をいただきました。

聴いている生徒さんたちもお互いに演奏を聴いて
「良いところ」を探して「褒めコメント」を書いてもらいました。
帰宅して広げて放置中。

そして、最後に、表彰です。
Allemandeピアノ教室では
レッスンを5年、7年、10年継続してくださった生徒さんに表彰楯を差し上げています。
今日も3人の生徒さんが表彰されました。

このお勉強会も今年で6回目。
第1回の時にはバッハのインベンションを聴いていた生徒さんが、今度は演奏する側になりました。
そして、今年春に入会した生徒さんもデビューでした。
続けていくごとに
教室の指導の方向が見えてきて、
また、アドバイザーの先生方に客観的に見ていただくことで、私の指導の軸がぶれないようになってきました。

横山先生、大原先生、
暖かい愛情あふれるメッセージをありがとうございました。

過去の「お勉強会」についての記事は
下の「お勉強会」のタグからどうぞ♪

第6回お勉強会のお知らせ

ピアノ教室の2020年の夏休みも終わり、
8月18日火曜日から通常通りレッスンを開始しました。

レッスンに来る生徒さんたちには
月謝袋にお教室便り「あるまんど通信No 147」
「第6回お勉強会」のお手紙を入れてお渡ししています。

「お勉強会」は Allemadeピアノ教室の大切なイベントのひとつです。

入会のご案内の時に説明させていただいていますが、
指導の一環として「春の発表会」「秋のお勉強会」は
レッスンの1回に含まれています。

このお勉強会は第1回にアドバイザーにも来てくださった松本裕美子先生が長年開催しています。
その成果は素晴らしいもので、
決心してAllemandeピアノ教室でも始めました。

5回目の昨年は本当に5年間の軌跡が見えて、
開催してよかったと思いました。
過去の開催記事はこちら

第1回お勉強会→♪

第2回お勉強会→♪

第3回お勉強会→♪

第4回お勉強会→♪

第5回お勉強会→♪

今年はコロナ感染症のことがありますので、
実際に今までと同じように行えるかどうかはわかりませんが、
生徒さんたちは練習を始めていますので、その先に形が変わってもゴールを設定できたらなぁと思っています。

『お勉強会』を5回継続して開催したお話をさせていただきました

今日は、松本裕美子先生のプライベートセミナー『クロワール』に

ゲストとして呼んでいただき、

「お勉強会」を開催した経緯、実際に生徒と自分がどう変わってきたかの

お話をさせていただきました。

2015年に松本裕美子先生のお教室のお勉強会を見学させていただき、

教室のレベルアップと生徒たちの演奏力アップのために、

決心して開催に踏み切ったこと。

プログラムを並べて見ると第1回に入会したばかりで

「かえるのうた」や「げんこつやまのたぬきさん」を弾いていた生徒たちが、

第5回でインベンションデビューをしたその軌跡を見ることができます。

今回、お話させていただくにあたって、

過去の振り返りができて、私自身にも大きな収穫となりました。

春の発表会とは違う、お教室のイベントの秋のお勉強会

今後も続けていきたいと思っています。

貴重な機会をいただきありがとうございました。

 

 

第5回お勉強会

2019年10月27日(日)第5回お勉強会を
開催しました。

お勉強会は、普段レッスンしている
バッハかポリフォニーの曲と練習曲の2曲を暗譜で弾き、
お呼びしたアドバイザーの先生に講評してもらいます。
もちろん、始めたばかりでバッハの曲をまだ学んでいない生徒さんは
その時にレッスンしている曲を2曲、弾いてもらいます。
春入会の生徒さんたちのステージデビューです。

他のピアノ指導者をアドバイザーに来ていただき
教室全体を見ていただくことで、
私の指導にブレが無いかどうか、
見落としていることがないかどうか
そして、同じアドバイザーに数年単位で見ていただくことで
生徒さんがどう成長しているのか、
確認する機会でもあります。

2015年に初めて松本裕美子先生の「お勉強会」を見学に行き、
裕美子先生の教室の生徒さんたちの成長を見て、感銘を受けて
うちの生徒さんたちのために開催を決意しました。

年に1度、1年、2年と続けているうちに、
小さな生徒さんたちは普段あまり聞かない
「インヴェンション」を聞く体験をすることによって
3年目になってインヴェンションを始めた生徒さんの口から
「この曲、お勉強会で聞いた!」と言われました。
そのあたりからインヴェンションが指導しやすくなったことも確かです。

前日に、第一回目のプログラムを見ていて、
その時にデビューで習い始めて半年くらいで
「かえるのうた」を弾いていた生徒さんが、
今回「インヴェンションデビュー」しました。
改めて、生徒さんたちの成長をうれしく思いました。

今回、アドバイザーのお二人から伺ったお話は
「拍子の波に乗ること」
「フレーズのまとまり(音がどこに向かっているか)」を
もう少し意識できるようになるといいということ。

自分の演奏でもいえることだなぁと思います。

お勉強会のもうひとつの目的は
高学年にお手伝いをしてもらうこと。
小学5年生以上の生徒さんたちには、
出席取り、司会、小さな生徒さんたちのイスや足台のセット
メッセージ用紙の回収などをお願いしました。

そして、小学一年生以上の生徒さんたちは
演奏を聴いて「ほめコメント」を書いてもらいました。

夜、生徒さんたちが書いたコメント用紙を
カットして(A4用紙1枚に4人分書けるようになっているので)
生徒さんごとにまとめました。


参加した生徒さんほぼ全員に書き
そして自分ももらうもの。
数年続けると、みんな「いいとこ探し」が上手になります。

小学1年生でまだ字を書くのが大変な生徒さんは
こうして聞いたイメージを絵でかいてくれました。
上のメッセージは「ゆうかんな騎士」です。
剣と楯が見えますね。
小さな生徒さんのためにシールを用意して貼ってくれた中学生もいました。

松本裕美子先生、横山智一先生、
ありがとうございました。

過去の「お勉強会」についての記事は
下の「お勉強会」のタグからどうぞ♪

お勉強会で学ぶこと

昨日、4回目のお勉強会を終えました。

入間市文化創造アトリエアミーゴはハロウィンの飾りつけになっていました。

このお勉強会はお楽しみ会でも、発表会でもないのです。

そしてバッハやエチュード(練習曲)を暗譜で弾くことだけが勉強ではないのです。

生徒さんは自分が弾くだけでなく、お友達一人一人の演奏を聞いてコメントを書きます。

初めのうちは聞き所が分からない生徒たち。

「じょうずでした」「よかったよ」

というコメントが多かったのですが、最近は

どこが良かったか。どうよかったのかが書けるようになりました。

演奏だけでなくお手伝いもします。

4年生5名は最後にコメントバインダーを集めて用紙を分けてもらう、
ご褒美グッズを渡してもらう係。

5年生~中学生は司会を担当してもらいました。
希望は聞かずに担当を、こちらで割り振りました。

普段は絶対にやると言わない生徒さんも司会を
やってみたら意外と上手でした。

やってみないと分からないことありますね。

過去3回いつも椅子足台係をしてくれているYくん。
今年は受験生で平日は塾に。
その合間にピアノレッスンに来てくれています。

今回は演奏はしないけれど「僕、足台係やりますから」と
勉強の合間に手伝いに来てくれました。

ステップやコンクールで自分で足台を、持って出て
演奏する予定のある生徒さんは自分で設置して
椅子を直して演奏する経験もしてもらいました。

同じようにお母様が設置する方はお母様に経験してもらいました。

そして先輩お友達の弾くバッハやツェルニーの曲。

普段CDとかではあまり聞かない曲も、

お勉強で聞けば「知らない曲」から「知っている曲」に変わります。

このお陰で、最近はインヴェンションに入る生徒たちの抵抗が減りました。
「あのとき ○○ちゃんが弾いていた1番だ!」と飛びつく子もいます。

そしてインベンションで培った「歌う左手」は
どの曲を弾くときにでも役に立つのです。

お勉強会が小さな一段だった生徒さんも

大きな一段落で登るのに苦労した生徒さんも、

とにかく一段上がったのです。

なにもしなかったら同じ場所にいたはず。

それは私も同じです。

指導しながら私も一段ずつ上がっていかないと、生徒さんたちを導くことができませんから。

さあ、また来年に向けて登ります。

第4回お勉強会開催しました

10月14日

アドバイザーに松本裕美子先生、横山智一先生をお招きして
4回目のお勉強会を開催しました。

生徒たちにとっては先輩が弾くバッハやツェルニーを聞くチャンス。

指導者にとっては自分の生徒たちを丸ごと見ていただけるというチャンスではありますが、
まな板の上に乗ったコイ >゜))彡 の気分でもあります。

指導のブレが無いか
見落としていることが無いか
第3、第4の目と耳で確認していただけることは
私自身の指導の勉強になります。

松本裕美子先生は第一回からずっと私の生徒たちの成長を
見守ってくださっています。

横山智一先生は今回初めてアドバイスをお願いしました。
新鮮な目と耳で聞いていただくことで
今の私の指導の現状を把握していただくことができました。

  

今回お二人からは
「呼吸」と「音楽を素直に感じる」ことのアドバイスをいただきました。

そして、松本裕美子先生からは
1回目から毎年少しずつレベルアップしていたけれど
今年は特に生徒たちが飛躍的に伸びたという言葉をいただいて
とてもうれしかったです。

先生方、ありがとうございました。

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆

今までの記事はこちらです。

第1回お勉強会

第2回お勉強会

第3回お勉強会

日曜日はお勉強会

 日曜日は第4回お勉強会です。

松本裕美子先生が10年以上続けていらっしゃる「お勉強会」の趣旨に賛同しうちのお教室に取り入れて4回目。

発表会とは違い、2ヶ月くらい前にレッスンで練習している曲でバッハとエチュードを暗譜で弾き、外部の指導者にアドレスをいただくと言うもの。

今年も余裕の子も、今週ラストスパート全開の子もいますが(^_^;) みんな頑張っています。

見学希望の方はメールでお知らせください。

 

たんぽぽピアノ教室のお勉強会

9月2日

松本裕美子先生の
たんぽぽピアノ教室の
お勉強会に伺いました。

たんぽぽピアノ教室の
発表会やリハーサル、
お勉強会には見学には何度か伺いましたが
お勉強会のアドバイザーとして行くのは初めて。

少し緊張しましたが、
子どもたちの演奏を聴いて夢中でコメントを書き続けました。

 

裕美子先生の指導が行き届いていて
よく弾ける生徒さんが多く、
どの演奏も聞いていて心地よく楽しかったです。
過去に演奏を聴いたことのある生徒さんは特に
この数年での成長に驚きました。

裕美子先生のお勉強会を初めて見学してから4年。

私の教室でもお勉強会を開催するようになって
今年で4回目になります。

バロック作品と練習曲を暗譜で演奏するということが課題。

3年間開催してみて
この課題をこなすことが
今後の成長につながることを実感しています。

先輩教室のお勉強会のアドバイザーをさせていただいて
改めてこの意義の大きさを感じました。

裕美子先生のブログはこちら
勉強会終わりました-1-

勉強会終わりました-2-

Allemandeピアノ教室でのお勉強会はこちら
第一回お勉強会

第二回お勉強会

第三回お勉強会

 

トークコンサート&ミニ講座開催♪

今日は
Allemandeピアノ教室主催で
横山智一先生をお招きして
トークコンサート&ミニ講座
~~~音楽と友だちになろう~~~
を開催しました。

秋に当教室で行っている「お勉強会」
アドバイザーとして来ていただくことになった時、
保護者の方から
「男の先生がピアノを弾くところを見たことがない」という
お話があったので、それでは見ていただこうと
計画しました。

横山智一先生は多喜先生門下生としては大先輩。
今回、お話をしたところ
気持ちよく引き受けてくださいました。


トークを交えながらプロコフィエフの前奏曲や
エリーゼのためにを演奏してくださったり、
ミニ講座として、
ピアノの構造を子どもたちに説明したり

ショパンのノクターン、マズルカ、ワルツ
そして、
ミニ講座2ではブルグミュラーの「アラベスク」を
かっこよく弾くにはというお話。

最後に、リストのハンガリー狂詩曲を演奏してくださいました。


いつもと違い、
鍵盤が良く見えるように、
ピアノを囲むように半円に設置されたイスに座った参加者。
どの位置からも目でも耳でも音楽を楽しんだようです。

熱心に楽譜に何か書き込んでいる子どもたちもいました。

あっという間の90分でした。

子どもたちはもちろん、
保護者の方々が帰りに「楽しかった」と言ってくださいました。

第3回 お勉強会

昨日10月22日に台風の近づく雨の中、
第三回お勉強会を開催しました。

2016年の第二回お勉強会の記事はこちら

2015年の第一回お勉強会の記事はこちら

今回は生徒さんたちにぜひこのピアノで弾いてもらいたいと思い
会場をベヒシュタイン武蔵ホールにて行いました。

 

お勉強会は発表会と違います。

2ヶ月前に(夏休み入る前あたり)にレッスンしている曲の中から
バッハ(またはポリフォニーの曲)とエチュードを暗譜で弾き
他の先生2名からアドバイスをもらうというもの。

今回も横浜から長崎正子先生、草加から松本裕美子先生をお呼びして
生徒たちの演奏を聴いていただきました。

そして、ただのお楽しみ会とも違います。

みんな真剣に2曲に取り組み、人前で弾くということで、
自分たちのどこができて、どこができなかったかを確認する会です。
先生方にアドバイスをもらい、
お友だちにコメントを書き、演奏の良いところを探します。
お姉さん、お兄さんたちの演奏を聴いて、
いつか進んだらこんな曲が弾けるんだという経験にもなります。

終演後 長崎先生と松本先生から
お教室の全体のこと、
指導の方向性、生徒たちのことなどアドバイスをいただきました。

生徒さんたちが書いたコメント・・・・
1人6枚23人分(全部で何枚かしら。恐ろしくて数えられない)

コメントを切り離し、一人ずつにまとめて
今日のレッスンから配り始めました。

さあ、またみんな一歩前に進んだね。

また、ピアノをたくさん弾いていきましょうね。

私は、2名の先生のアドバイスを元に
これから1年間の指導の方針、方向性が明確になりましたので、
生徒さんたちを育てるために
アドバイスを活かしてレッスンをしていきたいと思います。