拍子の波に乗ること

12月11日は多喜先生の
ソロレッスン&ツェルニーグループレッスン♪

2015年12月に松本裕美子先生、林田玲奈先生と
始めたこのグループレッスンも
4年目38回となりました。

そして今回初めて一人欠席(裕美子先生インフルエンザ)で
2人でのレッスン。寂しかったです。

今回の64番は2拍子でスケールの入った曲。

先日多喜先生の拍子センナ―を聴いてから
拍子を意識して演奏するのですが、うまく行ったりいかなかったり。

「浮き輪につかまって波に乗っているみたいに
   自然にしていればいいのよ」
先生はおっしゃるのですが、
時々沈没してしまいます(笑)

終わり方も2拍子の時の1拍目の終わり方
4拍子の時の3拍目の終わり方
多喜先生はちゃんと弾き分けてくださって、
なるほどと思うのですが、
実際に自分で演奏してみると
拍子に乗ったふりをしてしまうことがあります。

今回は一曲しか進みませんでしたが、
短いツェルニーの曲で拍子、和声、脱力のことまで
深く深く掘り下げてくださいました。

残り35曲です!

ツェルニーレッスン34回目

2015年12月に
多喜先生にお願いして始めた
ツェルニー100番のグループレッスン。
指導者としてのスキルアップ、
演奏力の基礎力アップのための学びです。

今日のテーマは
「練習方法」

つくづく無駄な練習は良くないなぁと思いました。
では、よい練習は?

キーワードは
頭を使うことでした‼️

なにも考えない
回数練習
繰り返し練習よりも
効率よく練習する方法
指導してもらいました。

「練習するほど下手になる練習」という恐ろしい😱話も聞きました。

納得の一時間でした。

自分の練習にも
生徒さんの練習にも役に立つお話を多喜先生からうかがえました。

活かせるようがんばろう🎵

最後に記念撮影📸

 

ステキで愉快な(?)仲間に感謝。
そして私たちをちゃんとレールに乗せて
焦らずに押したり引いたりしてくださる
多喜先生に感謝です♪

ツェルニーグループレッスン25回目で50番♪

2015年12月から月1回
松本裕美子先生、林田玲奈先生と3人で受けている
「多喜先生ツェルニー100番グループレッスン」

 

本日25回目で50番に到達しました!

指導者で多喜先生の門下生は
個人レッスンでもツェルニー100番を学ぶことが多く、
私も初めのうち、見てもらっていたのですが、
どうしても、先に進まない(一人だと後回しにしてしまう)

そこで多喜先生にお願いして、
ソロレッスンと別にツェルニーだけ見てほしい
1人だと続かないのでペアでとお願いしたところ
「3人でもいいですよ」とおおらかな多喜先生。

3人+先生の予定が合うときにレッスンを予約。
月1回のペースでやっと25回目。

3人で事前の勉強会は無し。
ラインで「今度何番からよね?」という宿題の確認のみ。

レッスンの時にお互いに弾いたのを聴いて
多喜先生から
「この練習曲のポイントは?」
「それをどう子どもに伝える?」
「どういう練習させる?」
と質問にお互いにディスカッションしたり
時々模擬レッスンをしたり、
先生が動画を撮って、みんなで見比べたり。
   

教える立場のレクチャーも
または自分のテクニック向上のレクチャーもあり
盛りだくさんの1時間。

「100番なんて楽勝だわ。 3年で終わるよね~」なんて
言っていたけれど、始めて見たら奥が深い深い。

今日の50番は3人に違う雰囲気で伴奏をつけてくれた多喜先生。
2台ピアノで弾くツェルニーは豪華でまったく違う3つの
コンチェルトのようになりました。

楽しかった♪

50番到達記念写真。

あと50曲、何年かかるかしら(笑)