バッハコンクール in TOKYO

今日は
本郷までバッハコンクールを
聴きに行ってきました。
幼稚園生から中学生まで
それぞれのカテゴリーを聴きました。
まだ、ピアノを初めて
1~2年くらいの幼稚園児さんたちの
一生懸命な姿が微笑ましく、
そしてその10年後の中学生たちの
インヴェンションやシンフォニアを聞くと
続けているからこその
今日の演奏があるのだなと思いました。
バッハ男子が意外といたのも嬉しく思いました。
うちの生徒さんたちは
12月の地区大会を目指しています。
精一杯サポートしたいと思います。

2016夏休みの宿題提出

生徒さんたちに出した夏休みの宿題
8月末に回収しました。

バッハ制作は写メで送ってもらうか、教室に持ってくるということで、
送ってもらったもの、教室に飾ったものはこちら。

photogrid_1474586834351 photogrid_1472335492526

 

バッハさんたち並ぶと結構な威圧感(笑)

生徒さんたちは毎回来るたびに眺めて
「私のこれ」「バイオリン持たせてるのが多いなぁ」と
言ってみています。

そして、小学生たちが調べて探してきたバッハもしくはバロック時代のトリビア

dsc_0121

意外と、重ならないで面白かったです。
少し私が注釈を加えて1ページにまとめました。

バッハインベンションに入っている生徒さんたちには
テキストに貼ってもらい、
その他の生徒さん達にはインベンションに入るまで保管してくださいねと渡しました。

みんな少しはバッハやバロック時代を身近に感じてくれたかしら?

来月のお勉強会ではバロック時代の作品を弾くという課題です。
今週からお預かりしたバッハさんたちお返ししますので、
ピアノの上に置いて練習しましょうね。