ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

飯能ステップ 無事に終わりました!

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

2022年6月19日(日)
飯能市市民会館にて
第8回ピティナピアノステップ飯能地区を開催いたしました。

3年ぶりの全日開催。
朝9時~20時近くまで
99組の参加者のみなさんの演奏が
繰り広げられました。

こちらは開催報告の動画です。

1人の感染者も出さず、

無事に終わって本当に良かったです。

教室では参加した生徒さんたちが
持ってくる講評を一緒に読んで
良かったことここをこうするともっと良くなるところを
共有していきます。
預かったパスポートには
私からのコメントを書く欄があるので
1人ずつ書いてお返ししています。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

イタリア語「follare」の意味~その2

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

ここ何週間か私を悩ませたこの楽語
 follare 

イタリア語「follare」の意味~その1の記事はこちら

ピアニストのウララ・ササキさんにきいたところ

答えが返ってきました。

 「この動詞の意味は、

  insistere, fare pressioni

  つまりしつこくするです」

ではなぜ、私が

Webでイタリア語に翻訳しても

「insistere, fare pressioni」しつこくする

が出てこないのでしょう?

するとウララさんから

 その答えは
 一般的に使われないからかな。

 イタリア語からイタリア語の辞書
 引いてやっと出て来た

とのこと。

そして、妹さんのマルモさんにも
意見聞いてイタリア人が使う辞書で
一緒に調べてくださったそうです。

まず音楽用語ではないとのこと。

この follare 言葉は
良く布とかテクスチャー系の内容の話で
用いられるfollatura(=布の縮絨)という言葉から来るとのことで

まだ綺麗になってない、
素材の原料のままの布を圧縮(コンパクト)にするという意味

そのあとこれを辞書で見つけたそうです

 follare=

 ant., fig. Insistere, fare pressioni

しつこくする、プレっションかける。

ちなみにマルモさんとはウララさんは
イタリアの美術高出身で、
まさにマルモさんは生地とか布関係、テクスチャークラスだったので
よく使う言葉だったとのことでした。

なるほど楽譜に書かれているこの場所は

この後、右手が同音で同じリズムが続きます。
プレッシャーをかけるように
弾くのですね。

楽譜に知らない事があると
弾いていて不安になるので
すっきりしました~!

楽譜は時空を超えて作曲家からのメッセージ
音を紐解いていきながら
こんな謎解きも楽しいものです。

さて、練習しなくちゃ・・・

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

イタリア語「follare」の意味~その1

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

ロシアの作曲家メトネルの
「4つのおとぎ話」OP26-2 を練習しています。
ロシアの昔話が好きで
この題名に魅せられたからです。

この第2曲の途中に
follare
と書かれている場所があります。

「?」知らない楽語だったので音楽辞書で調べたら出ていません。


イタリア語かな?とGoogle翻訳で調べてみたら
 (布を)縮絨する 
 (醸造のために)ブドウをつぶしてかくはんする
 

と出ていました。

 布を縮絨(しゅくじゅう)する? 
 ブドウを攪拌(かくはん)する?
どう弾くのでしょう…


そこで幼少期から大人になるまでイタリアに暮らしていて
イタリア語堪能な(ほぼ母国語にちかい?)
ピアニストのウララ・ササキさん
尋ねてみました。


ウララ・ササキさんと妹さんでチェリストのマルモ・ササキさん
飯能ステップに特別企画に来てくださり
子どもたちと室内楽をしてくださったことがあります。

 《2018年の飯能ステップの時》


するとウララさんから答えが返ってきました。

~~~続く~~~

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

Zoomリハーサル会~飯能ステップまであと8日~

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

飯能ステップまであと8日
今日はZoomでリハーサル会をしました。
/

「緊張した~」
「とまっちゃった!」

いろいろあっても
それが良いのです。

今日、失敗したところは
修正して
本番に迎えます。

大事なのはなぜ止まったのか
なぜ間違えちゃったのか

緊張すると自分がどうなるのかを
知ることが大切です。
明日もオンラインリハあります。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

「ありがとう」って言いなさいといわれて「ありがとう」と言っても・・・

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

生徒さんと新しい曲のことで

あれこれと話し合いました。


この曲はどんな感じかなぁ


寂しい?明るい?怖い?きれい?


う~ん 

私は曲を演奏するときに

イメージや場面を想像することを大切にしています。


同じフォルテでも

「大きく弾く」「強く弾く」って
それだけじゃないです。

明るい曲のフォルテと
怖い感じの曲のフォルテは違いますね。

生徒さんに遠くのお友達に
「○○ちゃ~ん、あそぼー」という時と

何度も何度も読んでも返事がない時に
怒って
「〇〇ちゃん!あそぼっていってるのに!」と

いう時の声の大きさも口調も違うよねとお話しします。


そして、
楽譜に書いてあることは大事

でも、何も感じないでその通りに弾いたら
たとえばお母さんに

「ありがとうって言いなさい」と言われて
『ありがとう』というのと一緒。
 

心から感謝して言った言葉じゃない

音楽も同じ。

先生に言われたからじゃなくて
自分で心から音楽を感じて
こうしたい!って思って弾かなくちゃ♪

そうするとね。
音楽って楽しいんです。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*