ちょうちょうの話~ドイツ語~

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

6月になりました。
気温も上がり ちょうちょが飛んでいる姿を目にします。
いまのところ、シジミ蝶とモンシロチョウかな?
そろそろアゲハ類がでてくるころでしょうか。

春型のさなぎは無事に孵ることが出来るかしら?
(アゲハ蝶は冬に低温にあたらないと羽化しないのです)

さて、ちょうちょの歌といえば、1億2千万の日本国民がご存知の
ソミミ~ファレレ~ドレミファソソソという曲。

この曲、原曲はスペイン?ドイツ?フランス?
はっきりしたことは解かっていないそうですが、
ドイツ語の歌詞はこんな感じです。

     《Haenschen Klein》
     Haenschen klein ging allein
     in die weite Welt hinein. 

     Stock und Hut steht ihm gut,
     ist ganz wohlgemut,

     Aber Mutter weinet sehr,
     hat ja nun kein Haenschen mehr.

     ”Wuensch dir Glueck,” sagt ihr Blick,
     ”Kehr nur bald zurueck!”

     《小さなハンス坊や》
     小さいハンス坊やは
     一人きりで世界に出てゆく

     杖と帽子がよく似合う
     大喜びのハンス坊や

     でもハンス坊やがいなくなると
     ママは泣き出した
     「良い旅を」とママの瞳が語っている
     「すぐに帰って来て!」

ドイツ語は専門ではないので、
訳詩が変だったらごめんなさい
ドイツ語の歌詞はこのあとも続きます。

     7年間ハンス坊やは異国にいた
     ある日彼は考えた「急いで家に帰ろう」

     でも彼はもう大人
     立派な若者になっていた

     日焼けした手と顔
     ママはハンスと分かるかな

     一人、二人、三人と通り過ぎてゆく
     故郷の人も誰も彼を分からない
     兄だと分からず妹まで言う「この人誰なの? 」

     するとママが来て目を合わせた瞬間に叫ぶ
     「ハンス!我が息子!よく帰ってきたね!」

はじめてこのドイツ語の歌詞を知った時
「え~旅に行く息子を送る母の歌だったの?」と
びっくりしました。
それも母は涙を浮かべてます。悲しすぎる。

日本では「ちょう ちょう」というタイトルで、
野村秋足氏、稲垣千頴氏(1番は野村、2番は稲垣が担当)が
歌詞をつけたそうですが、
きっと、メロディラインから、歌詞を考えたのでしょう。
ドイツ語の歌詞とはあまりに内容が離れていますから。

続きは次回に。


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

ちょうちょうの話~ドイツ語~」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ちょうちょうの話~その3 |

コメントは受け付けていません。