「ありがとう」って言いなさいといわれて「ありがとう」と言っても・・・

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

Allemandeピアノ教室を
主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

生徒さんと新しい曲のことで

あれこれと話し合いました。


この曲はどんな感じかなぁ


寂しい?明るい?怖い?きれい?


う~ん 

私は曲を演奏するときに

イメージや場面を想像することを大切にしています。


同じフォルテでも

「大きく弾く」「強く弾く」って
それだけじゃないです。

明るい曲のフォルテと
怖い感じの曲のフォルテは違いますね。

生徒さんに遠くのお友達に
「○○ちゃ~ん、あそぼー」という時と

何度も何度も読んでも返事がない時に
怒って
「〇〇ちゃん!あそぼっていってるのに!」と

いう時の声の大きさも口調も違うよねとお話しします。


そして、
楽譜に書いてあることは大事

でも、何も感じないでその通りに弾いたら
たとえばお母さんに

「ありがとうって言いなさい」と言われて
『ありがとう』というのと一緒。
 

心から感謝して言った言葉じゃない

音楽も同じ。

先生に言われたからじゃなくて
自分で心から音楽を感じて
こうしたい!って思って弾かなくちゃ♪

そうするとね。
音楽って楽しいんです。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
レッスン申し込み,ご相談は
こちらから

Line登録していただくと
優先的に
教室のレッスン空き時間を
ご案内いたします
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*