発表会への想い4

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

数回にわたって
発表会への想いを
書かせていただいています。

当教室の発表会も
初めのうちは
全員がソロと連弾というものでした。
各年代で必要なことを考え
指導していくうちに
このような形になってきました。

今日は、
小学5年生以上が担当する
バイオリンとのアンサンブルのことです。

バイオリンとの室内楽

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/03/21-03-27-17-25-44-065_photo-1024x768.jpg

普段、1人で弾くことの多いピアノ

人と合わせることの経験になります。

また、ピアノと弦楽器の発音の違い
(音の出る瞬間が違うので)
楽譜の読み方
(ピアノの2段譜しか 
 見たことない生徒さんたちには
 スコアとバイオリン譜 
 両方見せることが 
 大切だと思います)

が、経験できます。

室内楽を経験している
生徒さんたちは

中学、高校で合唱の伴奏を
するときに とても役に立つようです。

普段、あまり生で聴くことができない
弦楽器の音を
聴くことで
ピアノの音色を作る
助けにもなっていきます。

来年は
バイオリン教室の生徒さんが
増えてきたら
子ども同士のアンサンブルも
考えています。
きっと楽しいと思います♪