多喜先生の「拍子のセミナー」

先週の土曜日、立川まで師匠である多喜靖美先生の

セミナーの受講に行ってきました。

2014年に飯能ステーションを立ち上げる前に

入間市仏子のアミーゴで行った「拍子のセミナー」から5年。

あの時も目からウロコが落ちましたが、

今回も「あ!そうだったのか。勘違いしていた!」みたいなところが

たくさんあり、軌道修正することができました。

シューマンの子どもの情景やブルグミュラーの曲を弾きながら

拍子の勘違い「あるある」の演奏を具体的にしてくださり、

拍子、拍子感、グルーヴ感、そして和声の動き

自然な音楽の流れに何度もうなずきました。

ブルグミュラーの曲の中で「アベマリア」

多喜先生の演奏を始めて聴いた2008年の12月にこの曲がありました。

そしてあの時、この曲の演奏を聴いて、

「もう一度、ピアノを弾こう。この先生の指導を受けてみたい」と

思ったのです。

絶妙なバランスと音楽の流れが今まで聞いたどのアベマリアより

美しかったのです。

セミナーの最中にそんなことを思い出して、
ちょっとウルウルしてしまいました。

今度は埼玉の方で「拍子のセミナー」実現させます。

ウララ・ササキ先生の公開レッスン♪

2019年11月10日(日)

飯能市市民会館小ホールにて

PTNAピアノセミナーとしてササキ・ウララ先生をお招きして

「色彩豊かな音楽性を弾き出すレッスン」の公開レッスンを行いました。

受講生徒は4歳の幼稚園年中さんから高校生まで12名。

コンクールや試験などの準備の生徒さんもいれば、

普段のレッスンで学んでいる曲をレッスンしてもらう生徒さんも。

小ホールという贅沢な場所でのレッスンなので

いかにホールに音を響かせるか、この広さを感じられるかという

貴重な体験もできました。

かわいい年少さんの生徒さんとウララ先生はステージを実際に歩いて

「広いね~」と空間認識を体験。

めったに見られない、導入の生徒さんのレッスンを聴講できたのは

貴重でした。

「速く、遅く、強く、弱くで音楽を考えない」とウララ先生。

どんなパッセージの中からでも音楽を見つけて引き出していくレッスンに

時間が経つのも忘れてしまいました。

休憩、お昼休みを取りながら7時間(@@;

ウララ先生ありがとうございました。

聴講してくださった先生方と記念撮影。

また第2弾を行いたいです。

第2回 ステーション勉強会

昨年秋の第1回ステーション勉強会に続いて第2段。

テーマは「レッスンノートの目的と活用法」について。
担当は飯能ミュジークフォレステーションメインスタッフの
古内奈津子先生。

私も数年前までレッスンノートを活用していましたが
今はお休み中。

でも今日、改めて
生徒さんたちに家でやるべきことを伝えるために
ノートの活用をしてみようかと思い始めました。

レポはステーションブログに→こちらです

子どものためのショパンセミナー

今日は楽しみにしていたセミナーに生徒さん2名を連れていきました。
その他うちのお教室から親子3組も参加しました。

「ピアニスト直伝!子供のためのショパンセミナー&コンサート」
〜これだけはおさえておきたいショパン〜

場所は小金井のさくらホール

宮谷里香先生のお話は
明るい笑顔で子どもにわかりやすく、
素晴らしい音色での演奏を交えて
説明してくださるので
みんな楽しそうに聴いていました。
幼稚園卒業したばかりの生徒ちゃんも
2時間ちゃんと座って聴いていました。

回ってきたショパンの手の石こうのレプリカと私の手♪

生徒さんたちと一緒に写真撮影。


10年後にこの中からピアニストになる子が出るかしら?

今度6年生になる生徒さんは
持ってきたノートに細かく今日のセミナーの内容をまとめて書いていました。

興味を持って演奏に練習に活かしてくれるといいなと思います。

【1から学ぶショパンエチュード】赤松林太郎先生セミナー

11月11日土曜日
江戸川橋のサロンドパッサージュへ
赤松林太郎先生の「1から学ぶショパンエチュード」のセミナーへ行きました。

午前中はショパンのエチュードから数曲取り上げて
それぞれの曲に適した音色、ペダリング、腕の使い方、効果的な練習法などを
聴くことができました。
ロマン派の作品を弾くためのテクニックを簡潔にまとめてのお話はとても役に立ちました。

午後は幼稚園生から小学生高学年までの公開レッスン。
ショパンのワルツやエチュードを弾く生徒さんもいましがし、
ゲールの蝶々やショパン風マズルカを弾く生徒さんもいました。

午前中のお話から実践にうつって
さらにわかりやすくなり、10時半~15時半まで本当にあっという間でした。

ショパンの楽譜の読み解き方をすっかり忘れていましたが
また改めて見つめなおそうと思います。

♪♪ー♪♪ー♪♪ー♪♪ー♪♪
秋の生徒募集は2枠のみ
幼稚園生1名
小学生1名です。
お問い合わせは
メールまたはお電話で
♪♪ー♪♪ー♪♪ー♪♪ー♪♪

カワイ横浜

今日は
黒河ちとし先生の「ワクワクスキルアップ勉強会」に参加するため
カワイ横浜 プラージュ へ行きました。

飯能から西武戦が東京メトロ副都心線に乗り入れているため
馬車道駅まで乗り換えなしで行くことができます。

使用テキストはバーナム、新刊オルガンピアノ3とバイエル後半。
バイエルのテキストだけ新しいのが見当たらず
50年前に使った自分のを本棚から持っていきました。
(ちょっと恥ずかしかったけど)

普段、自分もレッスンで使っているテキストでも、
指導者が違うとアプローチが違って、
新たな発見があったりして、楽しいです。

教材を1冊クリアするまでの目標
何を習得させるのか
習得ラインは?など
黒川先生の落ち着いたお話、実際に弾いての指導のアプローチ。
あっという間の2時間でした。

最後に記念撮影。

第1回クロワールエード開催

松本裕美子先生のプライベートセミナー
『クロワール』詳しくはこちらをクリック

そのクロワールを受講した指導者の生徒さんを
松本裕美子先生にレッスンしてもらい、
指導者としてのカウンセリングを受ける今回の企画
『クロワールエード』
エード<aide>とは 助け、援助という意味に近いそうです。

一緒に受講した日高市の浅賀ひろみ先生と一緒に
『クロワールエード』を年3回の予定で計画しました。

場所は所沢ミューズ第一練習室

今回うちのお教室からは4人の生徒さんが
裕美子先生のレッスンを受けました。

初めての先生(でも、お勉強会でいつも見かけている裕美子先生ですが)
それから、聴講の先生も2名いらして、緊張気味だった生徒さんたち。
でもすぐに、裕美子先生のやさしい口調ににっこり。
音楽を作ること、音楽にノルこと、指をどう作るか、
1人25分という短い時間ですてきなお土産をもらったようです。

その日にお母様方から、
「大変良い経験をさせていただきました」と
メッセージをいただきました。
私はその後この1週間のレッスンで子どもたちの様子を確認したところ・・・

みんな、何かしら考えて練習をしてきたようで、
その痕跡がはっきりとわかりました。刺激になったのね♪

「いつも言ってること」「同じこと」でも
違う先生に言われると「ハッ!」と思ったり、
目先が変わるとやる気につながったりするようです。

裕美子先生のカウンセリングで
私はやっているつもりでも生徒さんに浸透していないことを再確認。

裕美子先生と一緒に開催したひろみ先生

次回は11月を予定しています。
裕美子先生、またいらしてくださいね。

♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪

裕美子先生のブログもどうぞ
プライベートセミナークロワール

ピティナコンペ課題曲公開レッスン

5月14日
小金井の宮路楽器さくらホールへ
平間百合子先生の今回レッスンを聴講しに行ってきました。


受付すると「先生からです」とシールを頂きました。

A1からD級まで。

講師は平間百合子先生。

生徒さんに対する接し方がやさしく
それでいて、音楽は基本的にしっかりしていらして
それを子どもたちにわかりやすい言葉と例えで
伝授していき、それによってピアノ演奏が変わっていく様子を
見ていて、こちらも一緒に楽しくなってしまいました。

ほめ方、指導の仕方、言葉かけ
身体の使い方、音楽の作り方
どれをとっても
勉強になりました。

あっという間の一日でした。

指導者ライセンス

ピティナ・ピアノ指導者ライセンス筆記試験を
飯能ステーションで実施することになりました。

私も受けようと勉強中です。

今日は試験対策講座で
西尾洋先生の講座に参加しました。

課題になっているコンぺの曲を
改めて勉強することでいままで見えなかったものが見えてきます。

さて、それをうまく生徒さんたちに伝えていかなくては。

 

 

 

表参道支部レッスン見学

カワイ表参道で始まりました
「表参道レッスン見学シリーズ」
第一回目は 表参道支部支部長の金子勝子先生のレッスンでした。

小学1年~3年生の3名の生徒さんのレッスンを
40分ずつ2時間
間近で見学させていただきました。
みなさん、PTNAコンペの課題曲です、

3名の生徒さんに対しての
金子先生のブレない指導と
音楽の作り方、感じ方、
とても勉強になりました。


レッスン見学の後は
同じ表参道支部でそれぞれステーション代表の先生方とランチ。

情報交換をして、
先ほどのレッスンを振り返ったり…
前向きな先生方とのお話は刺激的でした。

勉強できるって
幸せだなと思う日でした。