35年前の生徒さん

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

先日、インスタグラムで
フォローしたピアノの先生が

35年前に

ヤマハ幼児科で教えていた

生徒さんだったことが判明しました❣️

本当にびっくりしました。

女性は結婚して苗字が変わりますし、
知っている名前だとしても
幼稚園の時のお顔から
35年後のお顔に代わりましたら
気が付きませんよね・・・

でも、生徒さんの方が覚えててくれて

「先生、ヤマハでお世話になってました」と
言ってくれました。

とても嬉しかったです。

何より

ピアノを続けてくれてたことが

嬉しかったです♪

これからは同じ指導者として
お付き合いが始まります。


2022年選曲会

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

今日は来春の発表会のために
小学校3年生、4年生の生徒さんが
集まって
お話しとピアノのための
選曲会
幼稚園の頃に入会した生徒さんは
何回か発表会で
お兄さんお姉さんがやっているのを
見ています。

今回は自分たちの番。

私がピアノで曲を演奏
聞いてもらって
あらかじめ設定した
挿入場所7ヵ所のどの場面に合うか
投票してもらいました。

その中から
投票の多いものを
もう一度話し合い。

これはこの場面の気持ちと合わない
とか

もっと明るい感じの方が良いとか

この時、オニは
悪いことだと思っていないから
暗くない方がいいとか

みんなで話し合って
結局90分で決まらず。

後日もう一度考えることになりました。

朗読の柳戸陽子さん
お疲れ様でした。
♪•*¨*•.¸¸♬︎♪•*¨*•.¸¸♬︎♪•*¨*•.¸¸♬︎


2022年12月17日 | カテゴリー : お教室便り | 投稿者 : YukoTonsyo

私の密かな目標

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

私の密かな目標

新しい生徒さんが入ってくると
私は密かに目標を立てます。
幼稚園年長さんでも
小学1年生でも
小学5,6年生でも
初心者の生徒さんに対してですが。

それは

この生徒さんが

名曲にたどり着くのは何年後か
そのために何をすべきか

です。

ショパンの子犬のワルツ

バッハのメヌエット(現在ではペッツォフォルト)

エリーゼのためになど・・・

名曲にたどりつくとどうなるのか

ピアノの技術取得には
導入期に時間がかかります。

なので、

昔の生徒さんで
名曲にたどり着く前に

あきらめて辞めてしまうことがありました。

ここで辞めたら
ショパンや 
ベートーヴェン、 モーツァルトや、
ドビュッシーの 名曲に触れることも
経験することもできないのに・・・

と とても残念に思っていました。

そこで、 私が目標をたて導いたところ
小学生のうちに 名曲に触れた生徒さんは
中学になっても高校になっても
細々とでも続けることができることが
わかりました。

長い年月を人の間でつながて来た曲は
それなりの力があるのではと思います。

なので、
新しい生徒さんを見ると
この子はいつ名曲にたどり着くか
性格や環境を考えて 計画を立てます。

幼稚園年長で入ってきたときはここかな?

小学1年生ならこのあたりまでいけるかな?
そんな計画作りも楽しいものです。


公開レッスンビデオ

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

先日、Allemandeミュージック第2教室で
行いました
飯能ミュジークフォレステーションの勉強会の
公開レッスンの動画から
ハイライトを作りました。

幼稚園年長から
大人まで6名の生徒さんが
レッスンを受けました。

音符読みもスモールステップ

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

ピアノのレッスンでは
演奏ももちろんですが、

「楽譜を読めるようになる」ことが

大切だと思っています。
文字が読めないと
本が読めなくて
読書の楽しみを味わえません。

同じように
楽譜が読めないと
自分で練習したり、
新しい曲に挑戦したりするのが
面倒になってきてしまいます。

特に入会したての頃、
楽譜に親しんでもらうため
フラッシュカードを使っています。

幼稚園の年中や年長
または小学校1年生くらいで
レッスンを始めた時は特に
簡単にできることから始めていきます。

フラッシュカードを使って
いきなり音読みをおしえるのではなく
まず

「せん」「かん」
を見分けて分けます。

線の上にある音符と
線と線の間にある音符の見分けがつかないと
何の音か判断ができませんから。

その次は
ト音記号に書かれている音符か
ヘ音記号に書かれている音符か
判断してもらいます。

それから
線の音符の音読み
間の音符の音読みに
入っていきます。

読譜もスモールステップで
いつも小さな「できた!」を
積み重ねていきます。

❀*:・゚*.+ ❀ *:・゚*.+ *:・゚*.+
  ピアノ、バイオリン
    入会受付中

 ピアノ 火曜日、木曜日
バイオリン 金曜日
❀ *:・゚*.+ *:・゚*.+ ❀ *:・゚*.+


公開レッスン無事に開催!

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

2022年12月10日に
飯能ミュジークフォレステーションの勉強会として
横山智一先生のZoom公開レッスンが
Allemandeミュージック第2教室で
行われました。


今年
PTNAのコンペティション
グランミューズG2カテゴリーで
優勝なさった
横山先生のレッスン。

幼稚園年長さんから
大人の方まで
6名が受けられました。


うちの教室からも
生徒さん参加させてもらいました。

たった20分のレッスンでしたが
変わっていく生徒さんの様子が
よくわかり、
1人では引き出せなかったことを
お手伝いしてもらえたと思いました。

「やさしい先生だった!」

「たくさんほめてもらった」と
参加者からのアンケートも届いています。

アーカイブ視聴も可能です。
興味のある方はお知らせください。

バイオリンレッスン
ピアノレッスン
入会受付中です。


はじめての外国版楽譜

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

外国版の楽譜

10月のお勉強会で
インヴェンションデビューをした
小学生の生徒さんたち。

デビュー曲はコピー譜を 渡して
テーマにシールを貼ったり
色を付けたり、
バッハをかみ砕いて
丁寧に楽譜の読み方、
練習の仕方を
伝えていきます。

そして、いよいよ 本を購入。

はじめての外国版

たいてい、
バッハは ヘンレ版を選びますが
生徒さんによっては
ウィーンの原典版の時もあります。

この子にはこっちの方が良いと
私が判断しています。

バッハのインベンション・シンフォニアは
この先
何十年も弾いてもらいたい楽譜です。

私もいまだに練習しています。
ハノンよりテクニックの練習になるので。

ですから、
生徒さんたち保護者の方々に
説明をして、大切にしてもらいます。

この小学3年生の生徒さんは
次の週 カバーをつけてもらって
うきうきと持ってきました。

はじめての 外版楽譜に
テンション上がっている 生徒さんたち。

バッハが好き~っという
生徒さんたちを 育てています。