もう一度、弟子入りさせてもらえますか?

午前中、一人補講レッスンをしてから、電車に飛び乗り、
バッハコンクール立川地区に生徒さんの応援に。

演奏を聴き届けてから、モノレールを使って
多摩センターへ出てバスに乗り継ぎ病院へ。
多喜先生のクリスマスコンサート

今から12年前
ピアノから離れていた私に「多喜先生のレッスンにいってみたら?」と
紹介してくださったのが当時コーチングでお世話になっていた
青木コーチ。
「いまさら、誰かに習うなんて」と思っていた私。

それでも気になったので、「どんな人か見に行こう」と
たまたま12月に病院でコンサートをすることを知り、
午前中の用を済ませ、途中からタクシーで
コンサート会場の病院に乗り付けたのが2007年12月。

やはり今日と同じように息子さんの朗読で
「ヘンゼルとグレーテル」に合わせて
ブルグミュラーの曲を演奏していた多喜先生。

その時、先生の音楽のすばらしさに感動し、
あの場で一人で涙をボロボロと流していました。

病院だったので、そばにいた看護師さんに
「大丈夫ですか?」と何度も聞かれてしまいました。

それから11年。

偶然にも同じようなコンサート。

先生のピアノを聞きながら、
やはり「もっと習いないなぁ」と思いました。

もう一度、弟子入りさせてもらえますか?


多喜先生の「拍子のセミナー」

先週の土曜日、立川まで師匠である多喜靖美先生の

セミナーの受講に行ってきました。

2014年に飯能ステーションを立ち上げる前に

入間市仏子のアミーゴで行った「拍子のセミナー」から5年。

あの時も目からウロコが落ちましたが、

今回も「あ!そうだったのか。勘違いしていた!」みたいなところが

たくさんあり、軌道修正することができました。

シューマンの子どもの情景やブルグミュラーの曲を弾きながら

拍子の勘違い「あるある」の演奏を具体的にしてくださり、

拍子、拍子感、グルーヴ感、そして和声の動き

自然な音楽の流れに何度もうなずきました。

ブルグミュラーの曲の中で「アベマリア」

多喜先生の演奏を始めて聴いた2008年の12月にこの曲がありました。

そしてあの時、この曲の演奏を聴いて、

「もう一度、ピアノを弾こう。この先生の指導を受けてみたい」と

思ったのです。

絶妙なバランスと音楽の流れが今まで聞いたどのアベマリアより

美しかったのです。

セミナーの最中にそんなことを思い出して、
ちょっとウルウルしてしまいました。

今度は埼玉の方で「拍子のセミナー」実現させます。

渋谷で試演会&レッスン

今日は渋谷の美竹清花さろんに
多喜靖美先生をお呼びして、
松本裕美子さんと来年のコンサートのための
試演会&レッスンをしました。

予定している全曲を一人30分ずつ演奏し
多喜先生に聞いていただき、
アドバイスをいただきました。

会場に着くまではドキドキしていましたが、
良い音のピアノと裕美子さん、多喜先生に助けられて
とても楽しい時間になりました。

課題もいっぱい、やることもいっぱい見つかりました。
遠いところ朝早く来てくださった
多喜先生に感謝です。

そして、一緒に目標を持って歩いてくれる仲間に感謝です。