拍子の波に乗ること

12月11日は多喜先生の
ソロレッスン&ツェルニーグループレッスン♪

2015年12月に松本裕美子先生、林田玲奈先生と
始めたこのグループレッスンも
4年目38回となりました。

そして今回初めて一人欠席(裕美子先生インフルエンザ)で
2人でのレッスン。寂しかったです。

今回の64番は2拍子でスケールの入った曲。

先日多喜先生の拍子センナ―を聴いてから
拍子を意識して演奏するのですが、うまく行ったりいかなかったり。

「浮き輪につかまって波に乗っているみたいに
   自然にしていればいいのよ」
先生はおっしゃるのですが、
時々沈没してしまいます(笑)

終わり方も2拍子の時の1拍目の終わり方
4拍子の時の3拍目の終わり方
多喜先生はちゃんと弾き分けてくださって、
なるほどと思うのですが、
実際に自分で演奏してみると
拍子に乗ったふりをしてしまうことがあります。

今回は一曲しか進みませんでしたが、
短いツェルニーの曲で拍子、和声、脱力のことまで
深く深く掘り下げてくださいました。

残り35曲です!

多喜先生の「拍子のセミナー」

先週の土曜日、立川まで師匠である多喜靖美先生の

セミナーの受講に行ってきました。

2014年に飯能ステーションを立ち上げる前に

入間市仏子のアミーゴで行った「拍子のセミナー」から5年。

あの時も目からウロコが落ちましたが、

今回も「あ!そうだったのか。勘違いしていた!」みたいなところが

たくさんあり、軌道修正することができました。

シューマンの子どもの情景やブルグミュラーの曲を弾きながら

拍子の勘違い「あるある」の演奏を具体的にしてくださり、

拍子、拍子感、グルーヴ感、そして和声の動き

自然な音楽の流れに何度もうなずきました。

ブルグミュラーの曲の中で「アベマリア」

多喜先生の演奏を始めて聴いた2008年の12月にこの曲がありました。

そしてあの時、この曲の演奏を聴いて、

「もう一度、ピアノを弾こう。この先生の指導を受けてみたい」と

思ったのです。

絶妙なバランスと音楽の流れが今まで聞いたどのアベマリアより

美しかったのです。

セミナーの最中にそんなことを思い出して、
ちょっとウルウルしてしまいました。

今度は埼玉の方で「拍子のセミナー」実現させます。