第13回春のクラスコンサートを終えて

2021年3月27日にアミーゴホールで開催した発表会からもうすぐ3週間。

コロナ対策をしっかりしての開催でしたが、
やはりちょっと心配でそわそわしていましたが、
今のところみんな元気。
参加票はあと一週間保管したら破棄しますね。

発表会ではソロ1曲、企画もの1曲の合計2曲演奏します。
ソロはどの曲も、その生徒さんとのレッスンの思い出が
いっぱい詰まっています。
幼稚園生で入会半年に満たない生徒ちゃんから
高校生、そして大人の生徒さんまでみんなソロを弾きました。


受験を終えて3日でレッスン復帰。
本当に綺麗なメンデルスゾーンを弾いてくれたYさん。
聞いているだけで幸せでした。

今年も小学2年生以下は「先生と連弾」
レッスンで連弾するたびに
「めっちゃ楽しい!」と言いながら帰る生徒さんもいました。

小学3,4年生は柳戸陽子さんの朗読に合わせて
「お話とピアノ」今年の絵本は「ちいさなくれよん」

お話のオープニングは私が演奏。
Bグループは夕方だったので
スクリーンを上げて外の景色が見えるようにしました。

↑開始の時はうす暗かった外の景色

お話が進んで、クレヨンがお星さまを塗りに行くころ
外も暗くなり
演出的に素敵な世界になりました。


朗読の柳戸陽子さん、いつもありがとうございます。

お話の内容に沿って教室全体で参加する
ちょこっと制作。

お題は「みんなは黄色いくれよん持っていたら
何を塗りますか?」

レモン、お花、車、家、ひよこ、
なかには 鬼滅の刃の「ぜんいつ」も・・・(笑)
確かに黄色いかな。

一度クレヨンで「塗る体験」をしてから
このお話を聞くことでイメージを広げてもらおうと思いました。

5年生以上はバイオリンとのアンサンブル。

続けてきた中学生になると呼吸を聞く余裕も出てきます。


守屋先生のバイオリンの音もホールに響いて素敵なひと時になりました。
小学生はアンサンブルを「初めの一歩」から始めますが、
中学生になると有名曲にチャレンジです。
愛のあいさつ、バッハ=グノーのアベマリア、バルトークのルーマニア舞曲など。小さな子たちには憧れのアンサンブルとなります。
みんな頑張ってここまできてね。楽しいですよ~

そして今回の表彰は男子3名
2名はレッスン継続10年 1名は継続5年

10年表彰楯は少々大きくなります。

いつまでも音楽を楽しみ
ピアノを弾くことを楽しんで
豊かな人生を過ごしてほしいと願います。

皆さんお疲れ様でした。
そして、保護者の皆さまご協力ありがとうございました。

 

選曲会

2020年11月22日に来年の発表会の企画の「お話とピアノ」のために
選曲会を行いました。

発表会で「お話とピアノ」の企画を行うのはこれで13回目。
いつも朗読の柳戸陽子さんにお手伝いしていただいています。

今回の絵本はこちら

ちいさなくれよん

担当はいつも小学3,4年生の生徒さん+この企画に希望する生徒さん。
今年は8名の生徒さんたちがこの絵本のそれぞれの場面で
イメージに合った曲を演奏します。

***********

まずは柳戸陽子さんに朗読していただいた動画を
生徒さんに送り、見てもらって
「印象に残った場面」「演奏してみたい場面」を
確認します。
意外と、「印象に残った」と「演奏したい」場面がちがうのです。

今回は最後のクレヨンが星に向かっていく場面が人気で
数名いましたので、うまく割り振って、
曲を私が2~3曲選びました。

それぞれの生徒さんのレベルで
それぞれの場面のイメージの曲・・・探していると
こういった状態になります。

選曲会はいつもは集まってワイワイと意見を交換して決めるのですが、今年はコロナ禍のこともあり、オンラインで。

みんなの曲が決まりそれぞれが練習に入りました。
仕上がりが楽しみです。

3回目のリハーサル

2020年2月22日(土)に

第3回目のリハーサルを終えました。

1月のリハーサルではまだまだ音楽になっていなかった演奏も

一歩進んで仕上がりに少しずつ手を加える感じです。 

ヴァイオリンとのアンサンブルも

生徒さんたちはコツを掴んできて

よく聴きながら一緒に音楽を作っていました。

お話しとピアノでは朗読の柳戸陽子さん

そしてサプライズで装飾の伊藤ともこさんのご協力で

とてもステキなステージに(サプライズなので内緒です🎵)


 

中高生は期末テストの、真っ最中ですが

みんな参加してくれてよかったです。

本番まであと少し。

自分を信じて練習をして楽しく本番を迎えましょう。


体調管理もしっかりね。

2回目のリハーサル

2月9日(日)に
発表会のためのリハーサルを行いました。
1月に引き続き、2回目のリハーサルとなります。

今回はソロだけでなく、

連弾(小学2年生以下)

お話とピアノ(小学3,4年生)

室内楽(小学5年生以上)

のリハーサルもありました。

今年デビューの幼稚園の子どもたちもしっかり演奏してくれました。

部活と重なってしまって、午前中の室内楽のリハーサルに間に合わなかった中学生たちも、ソロのリハーサルにちゃんと参加してくれました。

お忙しい中共演のお手伝いをしてくださる
朗読の柳戸陽子さんと

そして、室内楽で子どもたちや大人の生徒さんと
ヴァイオリンを演奏してくれる守屋真琴先生

本番まであと一ヶ月。

がんばりましょう!

もう一度、弟子入りさせてもらえますか?

午前中、一人補講レッスンをしてから、電車に飛び乗り、
バッハコンクール立川地区に生徒さんの応援に。

演奏を聴き届けてから、モノレールを使って
多摩センターへ出てバスに乗り継ぎ病院へ。
多喜先生のクリスマスコンサート

今から12年前
ピアノから離れていた私に「多喜先生のレッスンにいってみたら?」と
紹介してくださったのが当時コーチングでお世話になっていた
青木コーチ。
「いまさら、誰かに習うなんて」と思っていた私。

それでも気になったので、「どんな人か見に行こう」と
たまたま12月に病院でコンサートをすることを知り、
午前中の用を済ませ、途中からタクシーで
コンサート会場の病院に乗り付けたのが2007年12月。

やはり今日と同じように息子さんの朗読で
「ヘンゼルとグレーテル」に合わせて
ブルグミュラーの曲を演奏していた多喜先生。

その時、先生の音楽のすばらしさに感動し、
あの場で一人で涙をボロボロと流していました。

病院だったので、そばにいた看護師さんに
「大丈夫ですか?」と何度も聞かれてしまいました。

それから11年。

偶然にも同じようなコンサート。

先生のピアノを聞きながら、
やはり「もっと習いないなぁ」と思いました。

もう一度、弟子入りさせてもらえますか?


お話のどこで演奏する?

11月9日 来年の発表会で行う「お話とピアノ」のチームが集まりました。

朗読の柳戸陽子さんにも来てもらい、

読み聞かせをしてもらいました。

かぜをひいたおつきさま

お話とピアノ担当は3,4年生。

今回の絵本は「かぜをひいたおつきさま

まず、お話を聞いてもらい

どこが心に残ったか

好きな場面はどこ?

演奏したい場面はどこ?

と質問に対してシートに書き込んでもらいました。

私はこの場面かな?と予想していたところが、意外とハズレ、子どもたちの感じるところは「そうなんだ!」と新しい発見も。

答えのない音楽の世界ですから、意見は尊重して、そこに合うピアノ曲を探しました。

自分が選んだ場面。

ここで弾きたい!と思ったことは

きっと練習意欲に繋がるかな?

 

2019春のクラスコンサート~お話とピアノ

2019発表会レポ その2です

第1回の発表会から続けている『お話とピアノ』は
今年で11回10作品目。
なぜ1作品少ないかというと
「スイミー」を2回やっているからなのです。

初回からいつも朗読をしてくださっている
柳戸陽子さんに今年もお願いしました。

第1回の時、生徒さんが半分が幼稚園生というバランスでしたので
小学生以上に幼稚園の生徒さんのために「スイミー」の朗読の間に
曲を演奏すれば最後まで聞いてくれるかなと始めたのがきっかけです。

私が全部ピアノを弾いて講師演奏代わりにしたこともありますし、
「やりたい!」という生徒さんだけを集めて行った回もありました。
柳戸さんが、朗読プラスパントマイムを披露したこともあります。
大きな布芝居を借りて来た回も2回ありました。

『お話とピアノ』は何が楽しいかというと
選曲会がとても楽しいのです。
どこにどんな曲が合うのか弾いて聴いて相談して選んでいきます。
イメージに合う曲を自分の知識の中から選ぶのは難しいので
私の方で何曲か選んで置きます。

生徒さんみんなにこんな経験をしてほしいと思い
昨年より学年別にしまし、
お教室の小学3,4年生が「お話とピアノ」の担当となります。

今年も朗読の柳戸さんと絵本選びから相談し、
曲の挿入個所を決めてから
選曲会に今年担当の生徒さん8名に集まってもらいました。

それぞれの挿入部分にどの曲にするか
こんな話し合いは3年生以上でないとできないということもあります。
ジャンケンではなく、最後まで話し合って決めました。

そして、それぞれの生徒さんたちが自分の持ち場での演奏。
これがまた、なぜかぴったりと曲が当てはまってきます。
レッスンではストーリーからイメージして曲を仕上げていくので
楽しいレッスンになります。

今年はこの絵本の朗読でした。

『オオカミくんはピアニスト』

この絵本は図書館で見つけたのですが、
すでに廃刊になっていて、
ブックオフでもアマゾンでも見つからず、
(いえ、アマゾンで中古であったけれど高かった!)
しかたなく、何度も図書館から借りて
テキストを起こし、台本にして生徒さんたちと読みました。
そして恒例の
みんなで作るちょこっと作品♪

今年は『オオカミくんはピアニスト』にちなんで
「もし、だれかにピアノを弾きに来てくださいって
お願いするならだれにする?
その人にお手紙を書いてみよう」と
カラーの紙を渡して当日持ってきてもらいました。

少しですが、ご紹介します。

きつねさんへ ぜひピアノをひきにきてください。
おれいは ビーズのききゅうです

うさぎさんへ ピアノをきかせてください
おれいはにんじんです

おかあさん、ひきにきてください

○○ちゃんへ(教室内のお友だち)
すきなきょくをきかせてください
おれいは おかしだよ

クマさん、ピアノをひきにきてください♪
お礼ははちみつでどうですか?

ショパンさん、ピアノをきかせてください
おかしをあげます。

乃木坂46の生田絵梨香さん、プーさん、多喜靖美先生
ピアノを弾きに来てください。
お礼は絶対に将来有名になってご恩返しをします。


柳戸さん絵 「リス」

2019春のクラスコンサート

昨日、発表会「第11回春のクラスコンサート」を
無事に終えました。

プログラムのご挨拶文を載せておきます。
発表会レポは順次UPします。

ごあいさつ

本日はお忙しい中「Allemandeピアノ教室 第11回春のクラスコンサート」にお越しいただき誠にありがとうございます。
この一年は『続けた先にあるものを見せたい』との想いを持って指導をしてきました。 目まぐるしく変わりゆく世界の中で何か一つのこと長く続ける大切さ、楽しさ、そしてその先にあるものを生徒さんたちに見てほしい、そんな想いをずっと抱き続けていました。

両手で弾けたことがゴールではなく、 その先に曲を仕上げていく喜びを知ってほしい。 暗譜したことがゴールではなく、 弾きこんで自分のものにした曲が宝物になる瞬間を感じてほしい。 続けていなかったら手に入らなかった物を手に入れた時に、新たに見える世界に一緒に感動し喜んであげたいと思いました。

今年もソロ演奏に加えて、小学2年生以下の生徒さんは私と連弾でピアノの音の広がりを感じてもらい、3,4年生の生徒さんはお話の朗読と合わせることでイメージをもって演奏することを知ってもらい、 5年生以上はヴァイオリンを合わせることで、弦楽器とピアノの楽器の発音の違い、 自分以外の奏者と合わせることの楽しさと大切さを知ってもらいたいと昨年と同じようにプログラムを企画をしました。
この教室で学んだ生徒さんたちにはピアノを通して豊かで楽しい人生を歩んでほしいというのが私の願いです。

最後になりましたが、 いつもレッスンにご理解ご協力をいただき子どもたちを暖かく見守り、体調管理を含め、いろいろと支えてくださいましたご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

そしていつも惜しみないご協力をくださる柳戸陽子さん、 今回も快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、 本当にありがとうございます。

皆様、どうぞ最後まで演奏をお楽しみください。

Allemandeピアノ教室 頓所 裕子

発表会リハーサル

今日は発表会のリハーサルでした。

低学年はソロと連弾

中学年はソロと「お話とピアノ」

高学年と中学生はソロと室内楽

教室とは違う空間でピアノを鳴らすときの耳の使い方等を中心に

ワンポイントアドバイスをしながらノンストップで夜まで。

中学生はちょうど明日から期末試験だったり

今週、高校受験だったり。

それでもピアノを弾いてくれた生徒さんたち。

音色が素敵で涙が出そうでした。

さあ、これから一ヶ月でさらに仕上げていきましょう。

おまえうまそうだな

今年6月に飯能市市民会館で開催される

飯能ステップでの特別企画

布芝居とピアノ

今年は『おまえうまそうだな』です。

朗読の柳戸陽子さんとの共演も5回目になります。

ティラノサウルスの父の愛と

アンキロサウルスの赤ちゃんの

心温まるお話にピアノ演奏で

参加しませんか?

企画詳細はこちらに

お申し込みはこちらから

締め切り過ぎていますが若干名追加で募集中です。