発表会への想い5

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

発表会開催への想いを
数回にわたって書かせていただいてます。

1回きりのお楽しみではなくて

発表会では
毎回どのイベントも行っています。

1回きりのお楽しみでやるのではないのは
小さな生徒さんたちや
その保護者の方は
お兄さんお姉さんが
お話しに合わせてピアノを弾いたり
バイオリンと合わせたりするのを
何年か見て聞くことができます。

そして、数年後
いつか自分もと
思うことでしょう。

大きくなった生徒さんたちは
かつて自分があこがれだった立場に
変わっていきます。

こうして継続することで
みんなが過去と未来を見ることができる
そんな発表会を作り上げています。

来年春の発表会に向けて
選曲その他の準備中です。


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い4

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

数回にわたって
発表会への想いを
書かせていただいています。

当教室の発表会も
初めのうちは
全員がソロと連弾というものでした。
各年代で必要なことを考え
指導していくうちに
このような形になってきました。

今日は、
小学5年生以上が担当する
バイオリンとのアンサンブルのことです。

バイオリンとの室内楽

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/03/21-03-27-17-25-44-065_photo-1024x768.jpg

普段、1人で弾くことの多いピアノ

人と合わせることの経験になります。

また、ピアノと弦楽器の発音の違い
(音の出る瞬間が違うので)
楽譜の読み方
(ピアノの2段譜しか 
 見たことない生徒さんたちには
 スコアとバイオリン譜 
 両方見せることが 
 大切だと思います)

が、経験できます。

室内楽を経験している
生徒さんたちは

中学、高校で合唱の伴奏を
するときに とても役に立つようです。

普段、あまり生で聴くことができない
弦楽器の音を
聴くことで
ピアノの音色を作る
助けにもなっていきます。

来年は
バイオリン教室の生徒さんが
増えてきたら
子ども同士のアンサンブルも
考えています。
きっと楽しいと思います♪


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い3

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

生徒さんにとっても
保護者の皆さまにとっても
そして、指導者である私にとっても
発表会は大切なイベントです。

この1回の発表会で
生徒さんたちがどれだけ成長するのか
見てきた私の
想いを数回にわたって
書かせていただいています。

3,4年生担当のお話とピアノ

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/04/f4205a7fc8c643dc3b86b8c5b1e653d7-1024x819.jpg

発表会で3,4年生は
お話とピアノの担当になります。

小さい頃から始めて
少し弾けるようになってくる時期
そして、 ちょうど、
少しお年頃になりつつある
小学生3,4年。

お話の場面に合わせて曲を
選んだりすることで
曲からのイメージ
お話しのイメージを考える練習です。

また、チームで
一つの作品を
作り上げていくことで

自分の持ち場の
責任感が出てきます。

小さな生徒さんたちは
このお話しとピアノが大好きで
毎回楽しみに聞いてくれます。

習い始めに
お兄さんお姉さんが
やっていたお話しとピアノ
いよいよ、
自分たちの番になります。

意外と多い感想が
「やってみたら
すご~く面白かった!」というもの。
そして、その後の
表現力の付き方が変わってきます。

そんな生徒さんの成長。
これも先生の楽しみの一つです。

次回は室内楽についてです


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い2

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

Allemandeミュージックの
発表会への
私の想いの続きです

連弾は

http://tonsyo-piano.com/wp-content/uploads/2022/04/25100-edited.jpg

幼稚園生~小学2年生の連弾
まだ音の数の少ない
習い始めの小さな生徒さんたちと
先生が連弾することで

音の広がり、
和声の美しさを
体験してもらいます。

1人で練習しているときにも

頭の中で先生のパートが
鳴るようになると
音楽が作りやすくなりますね。
そして何より
楽しいです!

一緒にレッスンの時に練習しながら
お話しを作ったり
どう弾こうか相談したり

こうしてコミュニケーション能力も
付いていきますし、
レッスンに来て
自分の意見を言える子になっていきます。

つづく


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

発表会への想い1

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬
飯能市山手町で

ピアノ・バイオリン教室
Allemande(あるまんど)ミュージック

を 主宰しております

頓所 裕子 です。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♬

当教室の発表会

    ※2022年3月の写真

Allemandeミュージックでは
発表会でソロ曲+イベント曲の2曲を
生徒さんに演奏してもらいます。

イベント曲は
学年に応じて
3つのカテゴリーに
分かれています。

幼稚園生~小学2年生までは

『先生と連弾』

小学3年生、4年生は

柳戸陽子さんの朗読に合わせて

『お話とピアノ』

小学5年生、6年生、中学生、高校生以上は

『バイオリンと室内楽』

それぞれの年代で必要なこと

初めのうちは、
当教室の発表会も
全員ソロと連弾だけの発表会でした。

生徒さんたちが
音楽を楽しみながら学んでいくのに
何が必要かいろいろ試行錯誤した結果、

今の形になりました。

続きは明日♪

♪::・・::・♪・::・・::・♪・::・・:♪::・・::・♪・::・・::・♪・::・・:


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

2022春のクラスコンサート~お話とピアノ~

2022年3月27日に開催した発表会
「春のクラスコンサート」でのお話の部は

ルラルさんのにわ の絵本に合わせて
生徒さんたちが演奏しました。

お話は「ルラルさんのにわ」

11月にZoomで選曲会を行い、
それぞれ自分の持ち場の場面の曲を練習してきました。

オープニングの担当の生徒さんは
「ルラルさんの自慢のにわの楽しそうな雰囲気」
丸太がでてくるところは
「かたくてゴツゴツした感じ」
ワニのところは
「怖そうに」などなど
その場面のイメージに合わせて
考えて練習しました。

朗読は柳戸陽子さん。

いつもありがとうございます。

そして、教室の生徒さん全員に
「ルラルさんのにわで寝る動物」を書いてきてもらい
透明のビニールに貼って
最後の場面で使いました。

お話チームへのコメントより

☆お話にすてきな彩が加えられていました(保護者)
☆皆さんの曲がお話に合っていて最高でした(高3)
☆音楽と絵本がこういった組み合わせで成り立つことに感動しました(保護者)
☆まるたがワニになってびっくりした!(小2)
☆話+曲でわくわく感がすごい増して聴いているだけでとても楽しかったです(中3)
☆いろいろな感情が伝わってきました!(中3)


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加



2022春のクラスコンサート~褒めコメント~

ここ数日、発表会で生徒さんたちがお互いの演奏を聴いて書いた
「褒めコメント」を部屋に広げて整理しています。

幼稚園の生徒さんは字を書くのが難しいので
絵を書いてくれます。
意外とその絵がその曲のイメージにぴったりだったりして
面白いなぁと思います。

大きな生徒さんたちは小さな子たちに書くコメントに
フリガナを付けてくれていたり、
大きな字で書いてあったり、みんな優しいなぁと思います。

整理しながら、ついつい読んでしまって
なかなかはかどりません。

コメントを始めたきっかけについては
アメブロに書きましたので
よろしかったらお読みください。

アメブロはこちら


レッスンの申し込みまたは【公式Line】から
お申込みください

公式Lineはこちらから
↓ ↓ ↓

友だち追加

第14回春のクラスコンサート

2022年3月27日(日)第14回春のクラスコンサート

発表会「春のクラスコンサート」を開催いたしました。

蔓延防止対策が解除されたものの、
まだまだ感染者する方もいますし、
幼稚園小学校で学級閉鎖もありますので、
対策をきちんとしての開催となりました。

人数制限もあり、お友達やおじいちゃんおばあちゃんに見に来てもらうこともできませんでしたが
教室の生徒さんたちが一同に集まっての開催は3年ぶりでした。

プログラムのご挨拶文を載せておきます。

🎹ごあいさつ

本日はお忙しい中「Allemandeピアノ教室第14回春のクラスコンサート」にお越しいただき誠にありがとうございます。
 コロナとの生活も3年目となりました。 
いままで、普通にできていたことができなくなり、
あたりまえのことがあたりまでなくなりました。 
「いつか」とか「そのうち」とか思っていたことは
はるか先に延ばされていきました。

 それでも、小さなことでも、チャレンジして、
少しでも前に進んできた生徒さんたちとの時間は
本当にかけがえのないものとなりました。 

今年は、全員の演奏を聴ける発表会が開催できます。 
本当にうれしく思います。

いつもレッスンにご理解ご協力をいただき
子どもたちを暖かく見守り、体調管理を含め、
いろいろと支えてくださいましたご家族の皆様のおかげです。
心より感謝申し上げます。

発表会開催に、

いつも惜しみないご協力をくださる 柳戸陽子さん、

今回も快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、  

そして、バルーン装飾を協力してくださった伊藤ともこさん、 
本当にありがとうございます。 

皆様、どうぞ最後まで演奏をお楽しみください。

Allemandeピアノ教室 頓所 裕子

発表会プログラムのコメント

3月になりました。
27日の発表会に向けてプログラムを組むのですが、
コロナの蔓延防止対策期間が終わってから出稿する予定です。

2020年の発表会は緊急事態宣言が出る直前。
小さなグループ3つに分けて行いました。
2021年も会場の入場者数を制限して、
2つのグループに分けて行いました。

お教室の生徒さん全員が一度に集まったのは2019年の発表会が最後かしら。

小さな生徒さんたちはお兄さん、お姉さんの演奏を聴くとができず、

室内楽もお話しとピアノも全員が聴くことができない、寂しいものでした。

それでも、「コロナ対策して発表会してくれてありがとう!」と生徒さんに言ってもらって
うれしかったです。

今年はできることを祈って、

プログラムに載せるコメントを集めています。

*今年がんばったこと

*演奏する曲について

*楽しい時うれしい時はどんな時?

*ご家族からの応援メッセージ

今までは、紙に書いてもらっていたのですが
今年はオンラインでアンケートフォームを作りました。

来年度のレッスン時間の希望もオンラインアンケートでお願いしています。

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

春からの空き時間発表は3月20日ごろとなります。

空き時間待ちご希望の方はお問い合わせください。

ご質問、お問い合わせはこちらです。

お母様との無料相談体験レッスン(有料)予約はこちらです。

第2回リハーサル


2月20日(日)に第2回リハーサルを行いました。
場所はアミーゴホール

今回はお話チームが初めて柳戸陽子さんとの朗読との合わせ。

昨年みんなで選曲した曲をそれぞれの場面で弾くように練習してきました。

しばふの感じ

丸太の固い感じ

ワニの怖い感じ

芝生に寝転んでちくちくする感じ

みんなゆったり寝ている感じ

それぞれの場面を想像して練習しています。

イメージをもって音を出すことは大切。

始めのうちは難しくても絵本があるとやりやすかったりします。

そして、本番のころには

この曲はこの場面のためにあったんだと思うくらい

ぴったりするのが不思議です。

今年も本番が楽しみです。