ツェルニーグループレッスン25回目で50番♪

2015年12月から月1回
松本裕美子先生、林田玲奈先生と3人で受けている
「多喜先生ツェルニー100番グループレッスン」

 

本日25回目で50番に到達しました!

指導者で多喜先生の門下生は
個人レッスンでもツェルニー100番を学ぶことが多く、
私も初めのうち、見てもらっていたのですが、
どうしても、先に進まない(一人だと後回しにしてしまう)

そこで多喜先生にお願いして、
ソロレッスンと別にツェルニーだけ見てほしい
1人だと続かないのでペアでとお願いしたところ
「3人でもいいですよ」とおおらかな多喜先生。

3人+先生の予定が合うときにレッスンを予約。
月1回のペースでやっと25回目。

3人で事前の勉強会は無し。
ラインで「今度何番からよね?」という宿題の確認のみ。

レッスンの時にお互いに弾いたのを聴いて
多喜先生から
「この練習曲のポイントは?」
「それをどう子どもに伝える?」
「どういう練習させる?」
と質問にお互いにディスカッションしたり
時々模擬レッスンをしたり、
先生が動画を撮って、みんなで見比べたり。
   

教える立場のレクチャーも
または自分のテクニック向上のレクチャーもあり
盛りだくさんの1時間。

「100番なんて楽勝だわ。 3年で終わるよね~」なんて
言っていたけれど、始めて見たら奥が深い深い。

今日の50番は3人に違う雰囲気で伴奏をつけてくれた多喜先生。
2台ピアノで弾くツェルニーは豪華でまったく違う3つの
コンチェルトのようになりました。

楽しかった♪

50番到達記念写真。

あと50曲、何年かかるかしら(笑)

ツェルニーグループレッスン18回目

今日は多喜先生のレッスン
ソロレッスンとグループレッスンの2時間
先生のお宅にお邪魔していました。

2015年12月から月1回
松本裕美子先生、林田玲奈先生と3人で
「多喜先生ツェルニー100番グループレッスン」を受けています。

今日は18回目で、41番~43番のレッスンでした。


*動画から静止画を切り取ったので画像が荒いです。
このレッスンだけは先生の許可をもらい録画させていただいています。

事前になんの打ち合わせも、練習会もなく
多喜先生のレッスン室で初めてお互いの演奏を聴きます。

41番を3人順番に弾き終わってからの先生の質問は

「何に気をつけて弾いたの?」

それぞれに自分の気をつけたことを述べ、
それに先生がポイントを修正していきました。

42番は

「生徒に教えるとしたら何に気をつけてどう教える?」

というお題に3人ともそれぞれにここに気をつけて練習させるとか
自分はこう弾いてみようと思ったとかの意見交換。

43番は一度弾いたところで時間切れ。

「じゃあこの曲は自分で弾いてほかの二人のを聴いて、
 私に何を言われそうかな?と予測してもう一度弾いてきて」とのことで

宿題・・・

このツェルニーをずっと続けてきたことで気が付いたのは、
多喜先生から教われるそれぞれの曲のポイントが
他の曲を練習するときの部分練習の方法のヒントになっていること。

3度の弾き方、トリルの弾き方、拍子の取り方、和声の感じ方などなど
それらを凝縮して教えていただいていることは
本当に勉強になります。

ソロレッスンのレポはまたあとで。

ツェルニーレッスン16回目

2015年12月に
多喜先生にお願いをして始まった
ツェルニー100番練習曲グループレッスン。

今回、7月24日で16回目でした。

初めに、音階の練習の仕方を教わり、
その後、前回の続きで38番。
右手3度の重音練習曲です。

まず、一人ずつ弾いて、そのあと・・・

多喜先生が
「スマホで動画を撮って違いをみましょう」と許可をくださったので、
林田先生に撮ってもらったり

みんなで多喜先生のを撮らせてもらったり・・・

私の手

動画だと3度の重音を弾く指によって
手首のポジションの移動、が良く分かり、
3人それぞれ癖があり、見ていろいろ勉強になりました。

先生の手・・・一番ラクな形で
一番きれいな音♪

貴重な動画を撮らせていただきました。
ほんの4小節ですが、勉強になります。

残り62曲。
いつゴールにたどり着くのだろうと思いますが、
短い曲の中にテクニックのお宝が隠れている100番。

指導のためもありますが、
何より自分のためになっています。

ツェルニーのグループレッスン15回目

指導者で多喜門下生は
個人レッスンでもツェルニー100番を学ぶことが多く、
私も初めのうち、見てもらっていたのですが、
どうしても、先に進まない(一人だと後回しにしてしまう)

そこで多喜先生にお願いして、
ソロレッスンと別にツェルニーだけ見てほしい
1人だと続かないのでペアでとお願いしたところ
「3人でもいいですよ」とおおらかな多喜先生。

そこで2015年12月に始まった
指導者3名での
「多喜先生ツェルニー100番グループレッスン」
2017年5月19日は15回目のレッスンでした。

松本裕美子先生、林田玲奈先生、そして私で
同じ曲を弾き
それぞれが先生役になったり、
生徒役になったり。
テクニック的なことはもちろん
どう指導するか、頭と耳を総動員してのグループレッスンです。


多喜先生は目を閉じて聴いていらして、
そして演奏を見ると「やはりね」と思われるとのことで
その耳の使い方に学ぶところがたくさんあります。

また、3人で事前に
打ち合わせも、勉強会もしないので
三人三様の弾き方が
指導する立場からすると引き出しが増えていきます。

初めのうちは2~3曲ずつ進んでいましたが、
このところ難しくなってきたので1曲ずつ。
それぞれの曲のテーマを
導き出してくださる多喜先生と
このグループレッスン、本当に勉強になります。

仲間がいるから続けられるというのも大きいです。

今回で36番まで終りました。
のこり64曲・・・・あと数年かかりそうです(笑)

ツェルニーのグループレッスン9回目

2015年12月25日に始めた
ツェルニーのグループレッスン。
月1回のペースで今日は9回目。

dsc_0055

先に、10月に弾く曲の個人レッスンを2時間受け、
後から来た2人の先生方と合流してのツェルニー100番レッスン。

今日は22番~25番。

1人ずつ演奏して、
お互いの弾き方の違いなどを認識したり、
自分の演奏を客観的に聞いたり。

そして多喜先生からは
たくさんの質問・・・
考えること考えること考えること(笑)

楽語の意味の大切さ。
テンポ設定と拍子、そして拍間のスピード。
和声や音程からの音楽をくみ取ることなど、
一曲16小節くらいの曲でも
そこから学ぶことはたくさんあり、
それをどう指導するかが課題です。

本日は初めて宿題が出ました。
さて、忘れないうちに復習しておきましょう
(生徒さんにいつも言っている言葉を自分にかけました)(笑)

ツェルニーのグループレッスン6回目

昨年12月より多喜先生の門下生3名(全員ピアノ指導者)で
多喜先生のところへツェルニー100番を学ぶために月に1回通っています。

今回は5回目。
DSC_1857
今日は16番、18番の右手の6度の練習曲。

この2曲の右手の6度を違うテクニックで生徒に習得させるために
まず自分たちができなくてはと
打鍵、そのあとの手の形、腕の使い方、そして
テーブルの上で指先のコントロールの仕方を
多喜先生直々に教わることができました。
DSC_2427

といっても、すぐにはできない・・・
3人でお互いを見たり触ったりしながら
人のやっていることは簡単そうに見えても
自分でできないこのもどかしさ(--;
IMG_20160603_224350
先生がこう!と支えてくださるのですが、
う~む、自分の指が支えられない。

そして、自分の手の癖の悪いところ、
ここを上手に使えばこの先の10年もっとらくにピアノが弾けるのではと
思いました。

一生勉強。
でも、それが楽しいのがピアノ。
また、仲間がいることに感謝です。

頑張ろう~っと(^^♪

レッスン三昧

4月29日(祝)多喜先生のレッスンに伺いました。

 

月に1回のツェルニーのグループレッスンを始めて
今回で5回目。

多喜先生の門下生のほとんどが
レッスンを受けている「ツェルニー100番」

多喜先生の門下に入って7年。

何度か「ツェルニー100番」にチャレンジ(?)したけれど、
どうしても、その時に切羽詰まっている曲が優先してしまい、
後回しになっていました。続かない・・・(--;

昨年の多喜先生門下生発表会「集い」の時に
門下のS先生がツェルニー100番を終えられて
「達成感あったわよ」というお話を聞いて、
やはりやりたくなりました。

1人ではまた途中で投げ出しそうだったので、
裕美子先生に「一緒に勉強してください!」と
お願いをし、多喜先生の了解を得たところ
「3人でもいいのよ~」ということで
玲奈先生を引き込み(笑)昨年12月24日にスタート。

自分が小学生のころ使っていた楽譜は250円のもの。
今回、書き込みがしたいので、新しく買いました。
心も新たにお勉強です。
DSC_1857
5回目でやっと13~15番まで来ました。
毎回違うアプローチ。
時には恐怖の(?)模擬レッスンもあったり、
お互いの演奏を聴いて実際に生徒にどう指導するか考えたり、
単純な曲の中でのテクニックのとらえ方を指導していただいたり。
多喜先生の豊富な引き出しからいろいろなものが出てくるので
毎回、驚きと納得の連続です。

1時間のグループレッスンはあっという間。

そのあとは私と裕美子先生の個人レッスン。
今回は意を決して、お互いのレッスンを見学することに。

先生のお宅に3時間引きこもったおかげで、
やる気アップしました。

1人じゃないって、やはり心強いし、頑張れます。

ツェルニー100曲制覇したら、何かが見えるかしら。

IMG_3586_1

レッスンが終わってから写真を撮りましょうということになり、
タイマーでパチリ。