絵本を淡々と読む?~朝読書一年生に行きました~

小学校の朝読書の読み聞かせに行ってきました。

今日は一年生。1人で担当なので2つ用意。

「くすのきだんちは10かいだて」
私のお気に入りの「くすのきだんちシリーズ」の一冊目の本です。
2007年発行で昨年までに7冊シリーズが出ています。

第一小学校は古い学校なので北校舎側に大きな木があり
オナガが木にとまっていたり
時々キツツキの音が聞こえますので、
子どもたちに読んでほしいなぁと思います。

そして語りはいつもの
「コカのカメ」

「もっとお話とあそぼう」という語りの本から。

みんなをカメの味方に付けて
楽しく語りました。
*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*――*⇔*

終わった後に記録をつけていて
図書ボラのメンバーから
「絵本は感情を入れずに淡々と読むように言われたけれど、
紙芝居は芝居なので、役者になり切って読んでいいのかしら?」と
聞かれました。

よく、絵本の読み聞かせは
「感情をこめず演技せずにに読む」と言われます。
それはお話本来の「力」を
演技で読み手に目を向けさせないためとのこと。

でも・・・と私は思います。
「音」は「感情」を伝えます。

以前どこかのブログで読んだのですが、
「気持ちがいいね」という言葉を口に出して言うとき
 「気持ちがいい身体」になっています。
 そして、「気持ちがいい身体」の人から出た
 「気持ちいいね」という言葉を聞くと、
 その言葉を聞いた人のからだも緩むのです。

 「声や音」には「身体」と「身体」を共鳴させる働きがあるのでしょう

 逆に、「怒っている身体」「緊張している身体」の人が
 「気持ちいいね」と言っても、
 その言葉を聞いた人の身体は緩みません。むしろ、緊張してしまいます。

 だからこそ、「語りかける声」で「文字」以上のリアルなメッセージが伝わるのです。

これは生の声だから伝わるのではないでしょうか。
ピアノの音も一緒。

弾き手が「気持ちよく」ないと「気持ちよい」音楽に聞こえない。
無理に演技しなくても(たまに振り付けして弾いている方もいますが)
素直に音楽に心を開いて演奏したいものだと思います。

で、絵本はどう読むかって?

私は素直に読めばいいと思います。
ボランティアの目的は
「子どもたちに本を読んでほしい。そのきっかけを作る」ことです。

例えば美味しいお料理を感情をこめずに「どうぞ」というのと
本当にこれ美味しいから食べて!と思って「どうぞ」と勧めるのでは違うように

この本、面白いからまた手に取ってくれたらいいなと
そういう思いで読み聞かせを続けています。

今日も何人の子どもたちがこの本を手にしてくれるでしょうか?

 

「読むこと」と「聞くこと」

朝活(笑)

小学校の朝読書の時間に読み聞かせに行ってきました。

今日は2年生。

絵本は「ターちゃんとペリカン」

ゆっくり読んで6分ほどの絵本
1975年の本。古いけれど、ずっと語り継ぎたい絵本の一つです。
淡々と進む物語に子どもたちはよくついてきて聞いてくれます。
こういうチャンスに出会わなければ
決して自分からは手にしない絵本だと思います。
(最近良い本でも古くなると図書館の書庫に入ってしまうのは残念です)

もう一つは語りで
世界の民話から「ひなどりとネコ」
ひなどりの「おかあさんくしゃみがしたい」というセリフで
子どもたちの何人かが思わず口に手をあてていたのが
可愛かったです。
お話の世界に入ってくれることのできる子どもたちです。

字が読めるから 自分でも本は読める子どもたちに
読み聞かせをなぜするの?と聞かれることがあります。

それは、「読んだ印象」「聞いた印象」は違うから。
「読み取る力」より「聴く力」が上回っている子どもたちに
本の世界の楽しみを知ってもらうのに「聞いてもらう」のは
とても有効です。

そこで面白い!と思えば、
本を手にして自分で読み始めますし、
読むことでイメージも感じることができます。

それは音楽も一緒。
自分ではまだ弾けないレベルの曲でも
聴いて楽しむことを知っている子どもは
ピアノを弾くことを辞めません。

そんなことを思いながら帰りに通る
小学校北校舎のところにある大木の下は
通るたびに神聖な場所でパワーをもらう気分です。
樹齢100年以上のケヤキたち。
また来るね~と木にも挨拶してきました。

ひさびさの図書ボランティア

息子が小学校に入学した時から参加している
朝読書の読み聞かせ図書ボランティアに
久しぶりに行ってきました。

今日の担当は1年生。

この時期に持っていくお話は決まっていてこの2冊

dsc_0347
パン屋さんの絵本はカラスのパン屋さんが有名ですが
意外と私はこの ゴリラのパンやさん (こどものくに傑作絵本) が好きです
手遊び「パン屋さんでお買い物」をしてから絵本を読みました。
「頭に柿の木」は岩手県に伝わる日本の昔話。
これは絵本にするとちょっと絵柄的に受け入れられないと思うお話。
語りで子どもたちに伝えたいと14年間この季節になると低学年に聞かせています。

今日の子どもたちもよく聞いてくれて
何人かお話の途中で頭を触るしぐさをする子が・・・

何か頭に生えてきたかと心配になったのかしら(笑)

絵本の読み聞かせ打とわからない子どもたちの表情が
語りだとみられるので楽しいです。

時間が余ったので、なっとうの手遊びもして帰ってきました。

帰り間際に一人の女の子が
「また来てね!」と言ってくれたのがうれしかったです。

dsc_0345

この小学校は130年以上の歴史を持つので、
裏庭に大きな木が立っています。
この下を抜けると
この木々たちのパワーがもらえる気がして
大好きです。