シゲルカワイの調律

納入後の調整に来ていただきました。

12月28日に搬入してから約20日。
少し家の環境に慣れてきた頃でしょうか。

倍音が聞こえすぎるので

レッスン室の広さでちょうどよく聞こえるように
調整していただきました。

こういう時でないとみられない鍵盤からハンマーまでの動き。

シゲルカワイのピアノは素材や部品も厳選されていて
音の響きを決定づける響板には、
フルコンサートピアノ同様の厳格な材料を使用し、
音響性能向上のため数年にも及ぶ長い歳月を費やして、
天然乾燥を行っているとのこと。(天然乾燥ってすごい!)
その一方では、
アクションに最先端新素材であるカーボンファイバー入りABS樹脂を採用。
PVで見たけれど
本当に黒いカーボンを使ってます。
このおかげで軽快なタッチ、
連打や弱音コントロールできるのですね。

小犬のワルツを弾いている生徒さんが

「このピアノ、めっちゃ弾きやすい!もっと弾いていたい」と言っていました。

シゲルカワイのピアノをだれかが「音楽の食欲が出るピアノ」と言っていましたが

本当に「もっともっと弾いていたい!」と思わせるピアノです。

また、息子と取り合いになります。

現在の空枠は水曜日

ご質問、お問い合わせはこちらです。

お母様との無料相談体験レッスン(有料)予約はこちらです。

2022年レッスン開始

昨年12月に91歳の母が他界しましたので
新年のご挨拶を控えさせていただきました。

さて、1月のレッスンは
新しいピアノで始まりです。

先週金曜日からレッスンを始めました。

うちに10年来てくれている高校生男子くんが

「いい音ですね~いつまでも聞いていたい音だ~」と

喜んで弾いていました。

そして、帰り間際に

「先生、今月もう一回追加で来てもいいですか?」と

いろいろな曲を試してみたくなったようで
練習してくると言っていました。

生徒さんが喜んでくれて
こちらもうれしいです。

この相棒と一緒に
ピアノを楽しんでいきましょう。

現在の空枠は1つです
水曜日 17:00~

ご質問、お問い合わせはこちらです。

お母様との無料相談体験レッスン(有料)予約はこちらです。

末広がりの「8」が付く日とシゲルカワイ

新しくピアノを入れました。
ショパコンで話題になっていた「シゲルカワイ」のSK2

今年の夏くらいから検討していたのですが、
肋骨や指の不全骨折などで契約が遅れ
担当者の方がうちに来たのが10月8日。

その後、家のリフォームや
身内の不幸などがあり
カワイ表参道に選定に行くのが
12月18日になってしまいました。



息子も真剣に弾き比べ。
最後まで迷って迷って、
一番弾きやすく、音の通津立ちの良い
そして反応が良いこの子に決めました。

決めてから製造番号をみたら「***88*」と途中に8が2つ並んでました。

担当者のS氏と記念撮影

搬入は12月28日

さようならするアップライトを出し、
本棚、テレビボードを移動、
今まで使っていたC2も移動。
そして大急ぎで床掃除。
かーぺットを敷き、シゲルカワイを運び込みました。

搬入に5人の方が来てくれました。
ありがとうございます。
ビニールシート剥がしは息子がやりました。


契約の日、
選定の日、
搬入の日、
製造番号すべてに偶然「8」に縁がありました。

来年はよい年になりそうです。

1月5日までレッスンはお休みです。

年末年始、寒いですので
皆様、暖かくしてお過ごしください。