第13回春のクラスコンサートを終えて

2021年3月27日にアミーゴホールで開催した発表会からもうすぐ3週間。

コロナ対策をしっかりしての開催でしたが、
やはりちょっと心配でそわそわしていましたが、
今のところみんな元気。
参加票はあと一週間保管したら破棄しますね。

発表会ではソロ1曲、企画もの1曲の合計2曲演奏します。
ソロはどの曲も、その生徒さんとのレッスンの思い出が
いっぱい詰まっています。
幼稚園生で入会半年に満たない生徒ちゃんから
高校生、そして大人の生徒さんまでみんなソロを弾きました。


受験を終えて3日でレッスン復帰。
本当に綺麗なメンデルスゾーンを弾いてくれたYさん。
聞いているだけで幸せでした。

今年も小学2年生以下は「先生と連弾」
レッスンで連弾するたびに
「めっちゃ楽しい!」と言いながら帰る生徒さんもいました。

小学3,4年生は柳戸陽子さんの朗読に合わせて
「お話とピアノ」今年の絵本は「ちいさなくれよん」

お話のオープニングは私が演奏。
Bグループは夕方だったので
スクリーンを上げて外の景色が見えるようにしました。

↑開始の時はうす暗かった外の景色

お話が進んで、クレヨンがお星さまを塗りに行くころ
外も暗くなり
演出的に素敵な世界になりました。


朗読の柳戸陽子さん、いつもありがとうございます。

お話の内容に沿って教室全体で参加する
ちょこっと制作。

お題は「みんなは黄色いくれよん持っていたら
何を塗りますか?」

レモン、お花、車、家、ひよこ、
なかには 鬼滅の刃の「ぜんいつ」も・・・(笑)
確かに黄色いかな。

一度クレヨンで「塗る体験」をしてから
このお話を聞くことでイメージを広げてもらおうと思いました。

5年生以上はバイオリンとのアンサンブル。

続けてきた中学生になると呼吸を聞く余裕も出てきます。


守屋先生のバイオリンの音もホールに響いて素敵なひと時になりました。
小学生はアンサンブルを「初めの一歩」から始めますが、
中学生になると有名曲にチャレンジです。
愛のあいさつ、バッハ=グノーのアベマリア、バルトークのルーマニア舞曲など。小さな子たちには憧れのアンサンブルとなります。
みんな頑張ってここまできてね。楽しいですよ~

そして今回の表彰は男子3名
2名はレッスン継続10年 1名は継続5年

10年表彰楯は少々大きくなります。

いつまでも音楽を楽しみ
ピアノを弾くことを楽しんで
豊かな人生を過ごしてほしいと願います。

皆さんお疲れ様でした。
そして、保護者の皆さまご協力ありがとうございました。

 

発表会「第13回春のクラスコンサート」を終えて一週間経ちました

2021年3月27日(土)に
Allemandeピアノ教室第13回春のクラスコンサートを開催して
一週間経ちました。

コロナ感染症予防対策をしっかりしたうえでの開催でしたが、
やはり落ち着かない一週間でした。

受付で参加票を提出。
参加票には当日の同伴者の名前と熱を測ってもらって記入、
そのほか注意事項を確認してもらいました。

参加者も保護者の方もみんな元気なのでほっとしています。

開演前にバルーン装飾をしてくれたTomoko Itoさん

開演前に記念撮影。まだドレスを着ていないけど・・・

ホールの人数制限が50人なので
2つのグループに分けての開催です。

どちらのグループもなるべく
低学年から高学年までの演奏を聴けるように
グループ分けをしました。
いつもと同じくソロ演奏と
小学2年生以下は「先生と連弾」
小学3,4年生は「お話とピアノ」
5年生以上は「バイオリンとアンサンブル」を演奏してもらいました。

Aグループ

Bグループ

誰一人お休みもなく、全員参加でした。
本当にうれしかったです。

久しぶりのステージ。
弾き終わった生徒さんたちは
みんなはじけるような笑顔でした。

一生懸命練習してきて、
発表会ステージでゴールができてよかったです♪

第13回クラスコンサートが決まりました。

9月1日は毎年、3月の発表会会場を予約に行く日です。

希望日がほかの人と重なると話し合い譲り合い。
それでも決まらない時はくじ引きとなります。

今年は比較的、友好的に収まりました。

来年の発表会

「第13回春のクラスコンサート」は

2021年3月27日(土)に開催いたします。

これから、共演してくださる方々と

色々相談をして、

楽しいそして学びの多いコンサートになりますように

していきたいと考えています。

2020年3月の発表会会場の写真です。

3.11と多喜先生とサラバンド

2011年3月11日に起きた東日本大震災。

あの時も私たちピアノ指導者は、その後の計画停電で、
暗闇の中で暖房もつかなかったりした中で
どうやってレッスンをしようかと試行錯誤しました。

レッスンができない日、停電で、真っ暗で、
テレビもラジオもインターネットも使えない時間、
窓を開け放してピアノを弾いてみたりもしました。

そんな時に師匠である多喜靖美先生が「ギロック作曲のサラバンドにバイオリンのオブリガートのメロディが浮かんだので書き取ったの」とその後のどこかのステップで演奏していたのを聞きました。

心に染み入る美しい曲です。
今ではあのバイオリンのメロディがないと物足りなくなってしまうほど。

その曲はのちにトリオに編曲され全音出版から楽譜になりました。



今年、1月に他界された多喜靖美先生。

発表会でどうしてもこの曲を演奏したかったので
ヴァイオリンの守屋真琴先生に相談しました。

守屋先生も秩父国際音楽祭やそのほかで多喜先生と活動していたこともあったのでこの曲を見ていただいたとのこと。

まさかその後コロナ感染症が流行したり、
「自粛」や「休校要請」が出たりするとは思ってもいませんでした。

多喜先生の笑顔を思い出しながら、
先生の音にはなかなか近づけないけれど、
被災した方々への祈り、
現在のコロナ騒ぎが早く収束して
みんなが安心して過ごせるようになるように
心を込めて演奏させてもらいました。

コロナ感染拡大防止対策をして第12回春のクラスコンサート開催しました。


2020年3月7日土曜日プログラムの挨拶文を転載いたします。

ごあいさつ
「Allemandeピアノ教室 第12回春のクラスコンサート」を開催いたします。
今年はコロナウィルス感染症対策のため、
グループに分けて少人数入れ替えで発表会を行うことにいたしました。

「ソロ演奏&連弾」の小学2年生以下の生徒さんのグループ、  
「ソロ演奏&お話の朗読と演奏」の
3,4年生の生徒さんを中心としたグループ、
そして5年生以上の
「ソロ演奏&ヴァイオリンとのアンサンブル」のグループに
分けることにいたしました。 

それぞれの年齢で必要な音楽要素を学べるようにと考えて、
昨年と同じようにプログラム構成をしました。 
本来ならいろいろな年齢の生徒さんの演奏を
お互いに聞いてもらいたいと思っておりましたが、
少しでも皆様の安全を考慮したいと思い、
このような形にいたしました。

いつもレッスンにご理解、ご協力をいただき、
子どもたちを暖かく見守り、体調管理を含め、
色々と支えてくださいましたご家族の皆様に心より感謝申し上げます。

いつも惜しみないご協力をくださる柳戸陽子さん、 
今回も快く共演を引き受けてくださった守屋真琴先生、
そして、バルーンでステージを盛り上げてくださった伊藤ともこさん、 
本当にありがとうございます。 
本日は生徒の皆さんが、
今まで練習してきた成果を出せますようにと願います。

Allemandeピアノ教室 頓所 裕子

第1グループの小さい子たちのグループ。
今回デビューの生徒さんが2名いました。

第2グループは中学年中心のグループに
大人の生徒さんも加わってくださいました。

第3グループは高学年のチームでした。

大人の生徒さんで今回デビューの方も、ヴァイオリンアンサンブルにチャレンジしてくれました。

詳しいレポートは少しずつアップします。
参加した皆さんの笑顔の演奏を聴くことができてよかったです。

3回目のリハーサル

2020年2月22日(土)に

第3回目のリハーサルを終えました。

1月のリハーサルではまだまだ音楽になっていなかった演奏も

一歩進んで仕上がりに少しずつ手を加える感じです。 

ヴァイオリンとのアンサンブルも

生徒さんたちはコツを掴んできて

よく聴きながら一緒に音楽を作っていました。

お話しとピアノでは朗読の柳戸陽子さん

そしてサプライズで装飾の伊藤ともこさんのご協力で

とてもステキなステージに(サプライズなので内緒です🎵)


 

中高生は期末テストの、真っ最中ですが

みんな参加してくれてよかったです。

本番まであと少し。

自分を信じて練習をして楽しく本番を迎えましょう。


体調管理もしっかりね。

プログラム作成中

プログラムの表紙イラスト決めました。
中身は作成中。
明日までに生徒さんたちの写真を撮り終えなくちゃ。

今週末は3回目のリハーサル。
みんなリハーサルのたびに加速しています♪

あとは体調管理ですね。